記事 1602番  最新の記事 <前の記事 後の記事> 2020/2/21
自由の作文、型の作文(facebook記事より)
山田 2012/09/07 15:30 


「何でも自由に書いていいよ。」

作文が苦手な子供に作文を書かせるときについ言ってしまう言葉ですが、自由ほどむずかしいものはありません(笑)。子供は、何をどう書いていけばよいのか途方に暮れてしまいます。でも、最初に、全体の構成を示し、それぞれの部分にどんなことを書いて、どんな表現を入れればよいかを説明すると、見よう見まねで書けるようになるものです。作文の世界も「初めに型ありき」なのです。骨組みのしっかりした作文を書けるようになれば、最初の大きな山は越えたと言えるでしょう。

 最初に型を示すことの利点は、もう一つあります。それは、できあがった作文について、プラスの評価がしやすいということです。説明したとおりに書けているところをほめてあげればよいからです。特に、作文に苦手意識がある子供は、ほめてもらえると安心して、作文を書くことに対する抵抗がぐっと小さくなります。

 以下、2007年の言葉の森のホームページの記事からの引用です。

==========

 子供の作文が型にはまっていると注意を受けた人は多いと思います。

 言葉の森の作文指導は、型を重視したものだからです。しかし、この型を決める指導によって、どの子も、楽に自由に書けるようになっていったのです。

 人間は、もともと与えられた型で満足する存在ではありません。型が決まってくれば、自然にその型から離れて自由に書きます。しかし、逆に、型がないところでは、自由に書くということ自体ができなくなります。

 言葉の森に来る高校生の中で、成績が優秀なのに作文だけは苦手という人がときどきいます。共通しているのは、どう書いたらいいのかわからないということです。そこで、次のように指導します。「字数は短くていいから、最初の段落でこういう意見を書いて、次の段落でこういう実例を書いて、その次の段落でこういう実例に広げて、最後の段落でこういう形にまとめるといいよ。字数は全体で100字ぐらい書ければ十分だからね。」

 どうして「字数は短くていいから」ということを何度も言うかというと、大事なのは型であって、内容や分量ではないことをはっきりさせるためです。

 それで、実際に100字しか書けない生徒でも、書き終えたあとは、文章を完成させたという満足感が残ります。すると、次の週からは、もうどんどん書けるようになるのです。これまで、いかに型を教えられていなかったかということです。

 これに関連して、もっと自由な題名で自由に書かせたいというご意見をときどき受けます。

 自由に書かせるというのは、一見子供にとっても先生にとってもやりやすい勉強のように見えます。しかし、それが続くのはせいぜい数ヶ月です。

 自由に書かせていると、先生のアドバイスは自然に注意することに向けられます。最初のうちは、意味のある注意ができても、次第に注意することがなくなってきます。すると、「もっと心をこめて書きなさい」とか、「もっと子供らしく書きなさい」とか、「もっと気合いを入れて書きなさい」などという、子供にとって何をどう努力したらいいのかわからないアドバイスをするようになるのです。そのようにして、多くの子供が、作文は難しいものだと思うようになっていったのです。

 では、自由に書かせて褒める指導をすればいいのかというと、これもすぐに限界が来ます。いつも「よく書けたねえ」と褒めているだけでは、子供は次第に書くことに飽きてきます。

 課題があり、項目があり、目標があるからこそ、意欲的に勉強を続けていくことができるのです。

==========

(山田)
 参加フォーム/言葉の森企画
作文の予習と発表に力を入れたオンライン学習
友達と一緒に作文を書くことで互いの予習が参考になり、読書紹介で読書の幅が広がります。 言葉の森
 

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
facebookの記事(165) 

コメント欄

コメントフォーム
自由の作文、型の作文(facebook記事より) 山田 20120907 に対するコメント

▼コメントはどなたでも自由にお書きください。
りるれろ (スパム投稿を防ぐために五十音表の「りるれろ」の続く1文字を入れてください。)
 ハンドルネーム又はコード:

(za=森友メール用コード
 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。
新着コメント1~3件
コメントは24時間以内に表示
親子の対話は、 nane
 子供の思考力を伸ばすのは、読書と対話で 2/19
親子の対話は、 森川林
 お父さんやお母さんは忙しいので、子供の 2/19
高校入試小論文 野獣先輩
わかりやすスギイ 2/17
……次のコメント

オープン教育 1~3件
オープンの川
鳥の村 1~3件
鳥の村
虹の谷 1~3件
虹の谷
過去の記事

過去の1~30件目を表示
■ドラえもんの2012年現在の「ひみつ道具」(facebook記事より) 9月7日
■上げ潮の英会話ブームのあとに来るもの 9月6日
■「ダジャレの木」(facebookページより) 9月6日
■子育ては長い道のり(facebookページより) 9月6日
■今後の世界経済と日本の未来--都会から田舎へ 9月5日
■通学教室で家庭学習チェック開始 1 8月29日
■頭の悪くなる勉強の仕方、頭のよくなる本の読み方 2 8月23日
■文系の感想文、理系の感想文 8月22日
■体験学習を申し込まれた香港在住の小1の生徒の保護者の方、連絡先をお知らせください 8月20日
■家庭学習をどのように進めるか 6(国語の学習法) 8月8日
■ほかの通信講座で作文の勉強を始めるマイナスを考えて、最初に言葉の森へ 8月6日
■家庭学習をどのように進めるか 5(英語の学習法) 8月3日
■頭の悪くなる勉強の仕方、頭のよくなる本の読み方 8月2日
■日本語の持つ学力親和性(facebook記事より) 7月30日
■「家庭で教える作文」の講師資格講座 7月27日
■夏休みの読書感想文の宿題への取り組み方(言葉の森新聞、言葉の森のHPより編集) 7月21日
■家庭学習をどのように進めるか 4(英語の基礎) 7月20日
■家庭学習をどのように進めるか 3(算数・数学) 7月19日
■家庭学習をどのように進めるか 2(国語の基本) 7月18日
■「プレジデントファミリー9月号」に言葉の森監修「作文、読書感想文のテクニック」の特別付録 7月18日
■家庭学習をどのように進めるか 1(総論) 7月15日
■日本の未来と、創造性を育てる教育 1 7月14日
■学力日本一と入試成績のずれはなぜ起きるか 7月12日
■創造性を育てる作文 8(主題の創造性)(最終回) 7月11日
■創造性を育てる作文 7(表現の創造性) 7月10日
■作文の勉強は小1、小2から 7月8日
■創造する子供たち、対話のある家庭、自助の教育 1 7月7日
■創造する子供たち、対話のある家庭、自助の教育 2 7月6日
■創造する子供たち、対話のある家庭、自助の教育 3 7月5日
■創造する子供たち、対話のある家庭、自助の教育 4 7月4日
……前の30件
RSS
RSSフィード

カテゴリー
全カテゴリー

QRコード


通学できる作文教室
森林プロジェクトの作文教室

リンク集
現在作成中です。





 
小学生、中学生、高校生の作文(2007年4月まで)
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。