記事 1854番  最新の記事 <一つ前の記事 一つ後の記事> 2019/7/17 
公立学校運営の民間への委託と、これからの作文教育の可能性
森川林 2013/06/28 19:08 


道路の横の植え込みになぜか野生のナスの花。

 安倍内閣の成長戦略のひとつとして、国家戦略特区構想が議論されています。その中に、公立学校の運営を民間に委託する特区構想が盛り込まれています。

====
公立学校運営を民間委託 国家戦略特区で議論
2013.5.29 19:13
 政府は29日、規制緩和などで企業を誘致する「国家戦略特区」に関する作業部会を開いた。公立学校や有料道路の運営を民間に委託する案や、外国人医師の国内での医療行為を解禁する案など特区の具体策を議論。
 国家戦略特区は「世界で一番ビジネスをしやすい環境をつくる」のが目的。対象は大都市圏に加え、地域で農業関連の特区なども検討する。
 具体策では他にも、羽田、成田両空港で離着陸の割り当てを柔軟化することや、先進医療の保険外併用診療の範囲拡大、都心の居住促進に向けたマンションなどの容積率見直しといった項目を重点的に検討している

産経ニュースより
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130529/plc13052919150017-n1.htm
====

 そこで、言葉の森が、こういう民間委託に関わる場合を考えてみました。
 まず、第一は、小学校高学年から中学生、高校生における作文小論文指導です。

 現在、学校における作文指導は、小学校低学年のころはかなりよく行われていますが、学年が上がるにつれてだんだん行われなくなっていきます。それは、生徒の作文を添削することで先生にかなり負担があるからです。
 特に、中学や高校では国語の専科の先生が指導するようになるので、その先生が担当する生徒の作文を評価するというのは、時間的にほとんど不可能になってきます。

 ところが、言葉の森は、森リンという自動採点ソフトを開発しています。また、項目指導という、生徒が自分で自分の作文を評価できるシステムを作っています。
 現在、学校には1クラスの生徒が同時に使えるパソコンがあるはずですから、作文の授業のときは、パソコンルームでクラス全員が作文を書く形で進めることができます。

 まず、課題の長文を事前に読み、その長文をもとに自宅で家族で話をしてくるのが予習です。この家族との対話というのも、教育的意義があります。
 次に、授業の前に、書き方の方向を説明します。この説明は10分程度です。言葉の森の電話通信の時間と同じぐらいです。
 そのあと、生徒が一斉に作文を書きます。書き終わった生徒から、その作文を森リンで採点します。機械の自動採点ですからその日のうちにすぐに語彙力などの点数が出ます。
 そして、次の授業は、その森リン点の上位の生徒の作文をみんなに見せ、なぜその作文の点数が高かったのかを説明します。これなら、作文の勉強がゲームのような感覚で楽しくできます。

 作文の学習で最も大事なことは、まず文章を書く機会を増やすことです。
 しかし、150字や200字の短い記述問題をやっても、書く力はつきません。また、その文書の内容も、生活作文のようなものばかりではやはり力がつきません。
 しっかりした論説文を読み、その文章に対する感想を600字から1200字の範囲で書くという学習を、毎週何回か続けていく必要があります。

 こういう作文の学習を続けることによって、子供たちの思考力や創造性が、教える先生の負担を増やさない形で育っていくと思います。


■言葉の森の教室紹介
面白い勉強で実力がつくオンラインの学習【動画】

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
作文教育(134) 森リン(103) 

コメント欄

コメントフォーム
公立学校運営の民間への委託と、これからの作文教育の可能性 森川林 20130628 に対するコメント

▼コメントはどなたでも自由にお書きください。
おかきく (スパム投稿を防ぐために五十音表の「おかきく」の続く1文字を入れてください。)
 ハンドルネーム又はコード:

(za=森友メール用コード
 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。
メルマガの配信
▼バックナンバー
○一般用 ダイジェスト版
○生徒用 完全版

Facebookページ
言葉の森作文ネットワーク
いいね! 17,226件
新着コメント1~3件
算数は考えない nane
 ときどき、「読書感想文の書き方」とか、 8:39
算数は考えない 森川林
 勉強には、答えのあるものと答えのないも 8:38
7月の読解検定 森川林
 7月の読解検定は28日(日)10:00 7/16
……次のコメント

過去の記事

過去の1~30件目を表示
■夏の体験学習が始まります 6月28日
■国語の記述式問題を解く力をつけるには 6月27日
■家庭での作文の教え方、算数数学の教え方、国語の教え方(1) 6月26日
■人に頼る勉強から自分で工夫する勉強へ 6月26日
■言葉の森の夏の無料体験学習 6月25日
■5月の森リン大賞(小6の作文から) 6月24日
■子供の読書、言葉の森の予習、受験小論文のfacebookグループ紹介 6月23日
■国語力を育てる要となる読書、作文、対話 6月22日
■これから来る自由で豊かな社会における教育の目標としての創造性 6月21日
■低学年からできる公立中高一貫校受験にも対応した「読解-記述-対話」の自習教材 6月20日
■公立中高一貫校の勉強の基本。塾-宿題-問題-試験型の勉強から、家庭-自習-読書-対話型の勉強へ 6月18日
■夏期講習の代わりにウェブで公立中高一貫校の自習講座 6月18日
■7月からの新学期教材の印刷完了、今日から発送。 6月17日
■山頂を広げる文化 6月14日
■「カタツムリを見つけたこと」という作文課題 6月12日
■公立中高一貫校の試験問題の解き方 6月10日
■「小5から家庭でできる公立中高一貫校の受験対策」の記事をアップ 6月8日
■成績と学力と人間力の乖離 6月7日
■自分で計画や時間を管理して勉強する 6月6日
■馬を川に連れていくことはできるが 6月5日
■いいいことがありそうだと思うとそうなっていく 6月4日
■新しい時代と新しい考え方 6月3日
■英語の音読暗唱のページを見やすくしました 6月1日
■国語の成績をよくするよりも国語の実力をつけること 5月31日
■受験作文指導の記事をアップ 5月30日
■言葉の森の歴史の記事をアップ 5月28日
■子供たちの勇気と自信を育てる 5月28日
■帰国子女の日本語教育に関する記事をアップ 5月27日
■国語力、作文力のつけ方、低学年から国語力をつける意義の記事 5月26日
■勉強の習慣と記録の習慣 5月26日
……前の30件
HPの記事検索
ホームページの全記事

 言葉の森新聞

Twitter
言葉の森@kotomori

RSS
RSSフィード

代表プロフィール
森川林(本名中根克明)

講師ブログ
言葉の森の講師のブログ

算数の通信教育
できた君の算数クラブ

カテゴリー
全カテゴリー
ICT教育(1)
遊び(6)
新しい産業(23)
暗唱(121)
生き方(41)
息抜き(19)
いじめ(1)
インターネット(25)
英語教育(10)
オープン教育(24)
親子作文コース(9)
オンエア講座(41)
音声入力(10)
音読(22)
外国人と日本語(4)
科学(5)
学問コース(1)
学力テスト(2)
合宿(14)
家庭学習(92)
家庭で教える作文(55)
漢字(17)
帰国子女(12)
教育技術(5)
教育論文化論(255)
教室の話題(26)
行事と文化(1)
ゲーム的教育(4)
合格情報(27)
高校入試作文小論文(10)
構成図(25)
公立中高一貫校(63)
国語問題(15)
国語力読解力(155)
子育て(117)
言の葉クラブ(2)
言葉の森サイト(41)
言葉の森の特徴(83)
言葉の森のビジョン(51)
子供たちの作文(59)
作文教育(134)
作文検定試験(4)
作文の書き方(108)
算数・数学(22)
自習検定試験(10)
自習表(5)
自然災害(1)
実行課題(9)
質問と意見(39)
受験作文小論文(89)
小学校低学年(79)
森林プロジェクト(50)
政治経済(63)
生徒父母向け記事(61)
生徒父母連絡(78)
全教科指導(2)
センター試験(7)
創造力(9)
大学入試(14)
対話(45)
他の教室との違い(22)
知のパラダイム(15)
中学生の勉强(21)
中高一貫校(11)
寺オン作文クラス(2)
寺子屋オンライン(101)
読書(95)
読書感想文(19)
読書実験クラブ(9)
友達サイト(7)
日本(39)
日本語脳(15)
発達障害(1)
発表交流会(20)
東日本大震災(15)
facebook(29)
facebookの記事(165)
プログラミング教育(5)
勉強の仕方(119)
未来の教育(31)
MOOC(2)
無の文化(9)
メディア(8)
森の学校オンライン(2)
森リン(103)
問題集読書(33)
読み物(1)
四行詩(13)
未分類(378)

QRコード






 
小学生、中学生、高校生の作文(2007年4月まで)
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。