記事 1995番  最新の記事 <前の記事 後の記事> 2020/9/30
理想の人間像は、男は日本男児、女は大和撫子
森川林 2013/12/04 18:40 



 facebookページより。

====

 子育ての目指す目標のイメージは、男は度胸、女は愛嬌ではないかと思うようになりました。
 別の言葉で言えば、男は日本男児、女は大和撫子です。
 わかりやすく言えば、男は格好いいこと、女はかわいいこと(外見ではなくね)。
 そのそれぞれの勇気と美に、共通の知性と愛が加わるのが、理想の人間像ではないかと思うようになりました。
 今は、知性の教育だけが突出している感がありますが、本当はバランスのとれた人間になることが大事なのだと思います。

====
小学456年生の勉強と生活の本
おすすめ→ 小学456年生の勉強と生活の本
小4・小5・小6の勉強の仕方、生活の仕方をくわしく解説。
小学生におすすめの本を、「物語」「説明文」に分けて紹介。
 

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
子育て(117) 日本(39) 

コメント欄

コメントフォーム
理想の人間像は、男は日本男児、女は大和撫子 森川林 20131204 に対するコメント

▼コメントはどなたでも自由にお書きください。
つてとな (スパム投稿を防ぐために五十音表の「つてとな」の続く1文字を入れてください。)
 ハンドルネーム又はコード:

(za=森友メール用コード
 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。
新着コメント1~3件
読解検定9月説 nane
 読解の解き方のコツを説明すると、高校生 9/26
読解検定9月説 森川林
 国語力を上げるには、ということで、いつ 9/26
本日9月24日 森川林
 プログラミング講師研修の第2回の会合を 9/24
……次のコメント

オープン教育 1~3件
オープンの川
鳥の村 1~3件
鳥の村
虹の谷 1~3件
虹の谷
過去の記事

過去の1~30件目を表示
■家庭学習を軌道に乗せるために、自習検定のページを作成中 12月3日
■物語文の心情を読み取るには、その物語文に没頭すること 12月3日
■作文を手書きで書く理由とパソコンで打つ理由。将来は作文+図や絵に 12月1日
■中国の防衛識別圏の問題は、日本と中国の交渉で解決を 11月30日
■親は子供の前で迷わないこと 11月27日
■人間には誰でも天才がある 11月27日
■受験作文の勉強法 11月25日
■プレゼン作文発表会のページ 11月22日
■作文の勉強は、何を書くかと考えただけでも意味がある 11月21日
■模試の点数で一喜一憂しない 11月20日
■言葉の森の今後のビジョンを簡潔に 11月19日
■インターネットを生かした寺子屋教育 11月18日
■自分のためではなく、社会をよくするために仕事や勉強をする 11月16日
■子供のころの自由な遊びの時間が楽しく生きる力を育てる 11月14日
■読書、遊び、行事、長文のオープン教材作成ページ 11月13日
■精読とは繰り返し読むこと、そのために傍線を引くこと 11月12日
■子供は家庭の中で周囲の人を模倣して成長する 11月11日
■新しい時代の勉強は、幸福、向上、創造、貢献のために 11月10日
■作文感想文の力をつけるには、作文で直すのではなく、音読を続けて力がつくのを待つこと 11月8日
■未来の教育5「もうひとつの新しい人間能力のフロンティア、心身教育」 11月7日
■未来の教育4「新しい知のフロンティア、ハイパー日本語」 11月5日
■未来の教育3「反転授業を支える全教科自習チェックとミニ検定試験」 11月4日
■未来の教育2「IT技術のキラー目標、ロボット作り」 11月4日
■未来の教育1「親子プログラミング教室の構想」 11月3日
■上手な模倣より、下手な独創。 11月1日
■創造性と笑顔を育てる対話は、似た話から 10月30日
■11月からの新しい企画 10月29日
■プレゼン作文発表会終わる――全体的な経験が意欲を育てる 10月28日
■プレゼン作文発表会続く 10月26日
■プレゼン作文発表会始まる 10月23日
……前の30件
RSS
RSSフィード

カテゴリー
全カテゴリー

QRコード


通学できる作文教室
森林プロジェクトの作文教室

リンク集
現在作成中です。
Zoomサインイン
ソースネクスト
FJNBP-1337-6644-8260-5410




 
小学生、中学生、高校生の作文(2007年4月まで)
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。