合格で力のつく子、不合格でもかえって力のつく子 盛りだくさんの言葉の森の企画(その2) 盛りだくさんの言葉の森の企画(その1) 合格速報 受験の教育から、文化の教育へ

記事 2088番  最新の記事 <一つ前の記事 一つ後の記事> 2017/8/18 
盛りだくさんの言葉の森の企画(その3)モノクロの旧社会からカラフルな新社会へ
森川林 2014/02/18 07:32 



 第七は、森林プロジェクトです。。
 先に書いた、第一から第六までの企画を、森林プロジェクトの中でも実現させていきたいと思っています。

 その森林プロジェクトが、これから広がっていく背景とビジョンを説明します。
 その説明とは、これからの世の中の流れがどう変わるかということです。
 自分たちの生活がどう変わるかということ以上に大事なことは、子供たちの未来の生活がどう変わるかということです。そして、未来が大きく変わるとしたら、そのための準備を今からしていく必要があります。

 これまでの社会を仮に旧社会、これからの社会を仮に新社会と呼ぶとすると、新社会に向けての準備は、あるところまでは旧社会における準備と重なっています。
 例えば、基本的な学力をつけるというのは、旧社会でも新社会でも差はありません。しかし、その先が違ってきます。

 旧社会では、子供たちの教育は学力の向上から始まり、やがて受験勉強へと進みます。その受験勉強の先にあるものが、安定した高収入の限られた恵まれた職業となっているところが、これから大きく変わります。
 旧社会での恵まれた職業というものは、新社会では必ずしも恵まれた職業とはなりません。旧社会とは全く違う新しい職業が、新社会での恵まれた職業になります。
 現代の子育ては、その新社会の方向も見ながら進めていく必要があります。

 では、新社会はどのような特徴を持っているのでしょうか。
 最も大きな影響力を持っているものは、ネットによる都市化の進行です。その都市化がネットの中で世界的な規模で広がっていきます。

 ネットによる都市化は、リアルな都市化よりも更に稠密な都市化になります。
 都市の特徴は、高い人口密度を背景に、多数のニッチな産業が成り立つところにあります。例えば、田舎には小さな本屋しかありません。それも、よく売れそうな雑誌だけが主に並んでいるような本屋です。だから、これまでは若者は田舎に住みたくなかったのです。
 これに対して、都会では大きな本屋があるだけでなく、専門書に特化した本屋も成り立ちます。人口密度が高いので、個人の多様な要求に応えることができるのです。
 しかし、ネットの本屋は、都会の本屋よりも更に専門化細分化しても成り立ちます。それは、ネットがきわめて人口密度の高い空間だからです。アクセスの回線さえ太ければ数千万人が一か所の店に入ることもできます。

 だから、ネットでは、さまざまなカラーの専門店が成り立ちます。このカラー化の根本には、売り手の感性があり、その感性のもとには売り手のパーソナリティ(人格)があります。
 ある一つのカラーにこだわる売り手が、その同じカラーにこだわる買い手に商品を提供するという形で商売が成り立ちます。人口密度が高くしかもまだ資本主義的な大企業が登場していないころの江戸時代の社会と同じような環境が、ネットの中で広がりつつあります。
 この無数のカラフルな感性の登場が、新社会の特徴です。それは、その外見だけの変化ではなく、いずれ経済の根本を大きく変える力を持っています。

(つづく)

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
言葉の森のビジョン(51) 

コメント欄

コメントフォーム
盛りだくさんの言葉の森の企画(その3)モノクロの旧社会からカラフルな新社会へ 森川林 20140218 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。
 ハンドルネーム又はコード:

(za=森友メール用コード
 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。
メルマガの配信
▼バックナンバー
○一般用 ダイジェスト版
○生徒用 完全版

Facebookページ
言葉の森作文ネットワーク
いいね! 15,924件
新着コメント1~10件
将来の作文教育 森川林
 OCRの機能が向上しているので、たぶん 8/17
子供によい本を nane
 お母さんの好きな本は物語文になる傾向が 8/17
子供によい本を 森川林
 読書好きな子に共通しているのは、お父さ 8/17
作文自動採点ソ 森川林
 森リンの自動採点が停止状態ですみません 8/16
子供がyout nane
 子供に尊敬されるお父さんやお母さんにな 8/16
子供がyout 森川林
 子供には、憧れの対象が必要です。   8/16
作文自動採点ソ 匿名
無料での作文自動採点はなくなったのですか 8/15
作文自動採点ソ 匿名
川崎製鉄の付属川鉄総合病院は、私が二人の 8/15
森林プロジェク nane
 森林プロジェクトの作文講師資格講座は、 8/13
森林プロジェク 森川林
 作文教育というものは、昔はプロ中のプロ 8/13
……次のコメント

オープン教育 1~10件
オープンの川
過去の記事

過去の1~30件目を表示
■合格で力のつく子、不合格でもかえって力のつく子 2月14日
■盛りだくさんの言葉の森の企画(その2) 2月13日
■盛りだくさんの言葉の森の企画(その1) 2月12日
■合格速報 2月11日
■受験の教育から、文化の教育へ 2月10日
■寺子屋オンエアのモニター募集(言葉の森の小中学生の生徒対象) 2月10日
■ネット教育のマイナス面と新しい可能性 2月9日
■毎日の短文穴埋めドリルのような勉強で作文力がつくか 2月8日
■早期英語教育の弊害に警鐘――小3以前の英語学習は日本語にマイナス 2月6日
■凍るような寒さが羽化を準備する 2月6日
■方程式の面白さ、図形の面白さ。面白さを味わためには勉強はほどほどに 2月5日
■入試の作文は字数を埋めることが第一。情報処理化した国語の勉強の仕方 2月4日
■勉強は、ひとりでするより、ほかの人が一緒にいる方がはかどる 2月4日
■ネット教育に必要なのは、ITテクノロジーではなく教育についての哲学 2月3日
■教育のネット化が、人間の動物性を助長するものにならないように 2月3日
■本質的な変化や成長は、忘れたころにやってくる 2月3日
■外的刺激によって普通の細胞が万能細胞に。それは人間にも…… 2月3日
■勉強は自分らしいやり方で 2月3日
■日本の行事や文化を作文の課題に生かす 2月3日
■教えてもらうよりも、自分ひとりで勉強するほうが確実に身につく 2月2日
■2月の遊びと行事の実行課題を作成中 1月29日
■実力をつけてから志望校を決めるのではなく、志望校を決めてから合格力をつける 1月29日
■千失ったら、千五百作る 1月29日
■受験作文に臨むには 1月28日
■すべての人がそれぞれの才能を発揮する社会 1月28日
■因数分解は、論理の美しさを味わう勉強 1月27日
■勉強の基本は感動 1月27日
■作文の字数、長さと実力は相関があるが、社会人になったら簡潔さも大事 1月27日
■2月の遊び・行事の課題を募集中! 1月26日
■今の教育産業の動向に流されないようにしよう 1月24日
……前の30件
HPの記事検索
ホームページの全記事

 言葉の森新聞

Google+ページ
言葉の森作文オンエア

Twitter
言葉の森@kotomori

RSS
RSSリーダー

代表プロフィール
森川林(本名中根克明)

講師ブログ
言葉の森の講師のブログ

算数の通信教育
できた君の算数クラブ

カテゴリー
全カテゴリー
ICT教育(1)
遊び(6)
新しい産業(23)
暗唱(121)
生き方(41)
息抜き(19)
いじめ(1)
インターネット(25)
英語教育(10)
オープン教育(24)
親子作文コース(9)
オンエア講座(41)
オンエア作文(2)
音声入力(10)
音読(22)
外国人と日本語(4)
科学(5)
学問コース(1)
学力テスト(2)
合宿(14)
家庭学習(92)
家庭で教える作文(55)
漢字(17)
帰国子女(12)
教育技術(5)
教育論文化論(255)
教室の話題(26)
行事と文化(1)
ゲーム的教育(4)
合格情報(27)
高校入試作文小論文(10)
構成図(25)
公立中高一貫校(63)
国語問題(15)
国語力読解力(155)
子育て(117)
言の葉クラブ(2)
言葉の森サイト(41)
言葉の森の特徴(83)
言葉の森のビジョン(51)
子供たちの作文(59)
作文教育(134)
作文検定試験(4)
作文の書き方(108)
算数・数学(22)
自習検定試験(10)
自習表(5)
自然災害(1)
実行課題(9)
質問と意見(39)
受験作文小論文(89)
小学校低学年(79)
森林プロジェクト(50)
政治経済(63)
生徒父母向け記事(61)
生徒父母連絡(78)
全教科指導(2)
センター試験(7)
創造が価値の源泉となる社会(9)
大学入試(14)
対話(45)
他の教室との違い(22)
知のパラダイム(15)
中学生の勉强(21)
中高一貫校(11)
寺子屋オンエア(101)
読書(95)
読書感想文(19)
読書実験クラブ(9)
友達サイト(7)
日本(39)
日本語脳(15)
発達障害(1)
東日本大震災(15)
facebook(29)
facebookの記事(165)
プレゼン作文発表会(20)
プログラミング教育(5)
勉強の仕方(119)
未来の教育(31)
MOOC(2)
無の文化(9)
メディア(8)
森の学校オンエア(2)
森リン(103)
問題集読書(33)
読み物(1)
四行詩(13)
未分類(378)

QRコード






 
小学生、中学生、高校生の作文(2007年4月まで)
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。