モノクロの旧社会からカラフルな新社会へ(その4) モノクロの旧社会からカラフルな新社会へ(その3) 幼児作文コースのモニター募集(言葉の森の生徒のご兄弟対象) モノクロの旧社会からカラフルな新社会へ(その2) 寺子屋オンエアをなぜ始めたか

記事 2095番  最新の記事 <一つ前の記事 一つ後の記事> 2017/6/29 
子供たちの前にそびえる三つの山(モノクロの旧社会からカラフルな新社会へ その5)
森川林 2014/02/26 06:23 


 今、子供たちの前に、三つの山がそびえています。その山々をのりこえていくことが、これからの課題です。

 第一の山は、学力の山です。
 現在の学校は、さまざまな施策や個々の先生の努力にもかかわらず、教育力を失いつつあります。それは、子供たちの家庭環境における格差が広がる中で、従来の一斉授業といいうスタイルが時代に合わなくなってきているためです。
 一方、学習塾や予備校は、その性格上、受験に対応する勉強に力を入れ、その結果、知識の詰め込みを常態化させ、子供たちの思考力、創造性、勉強に対する意欲、家族との交流の時間などを奪っています。

 この学力の山をのりこえることが、当面の最も大きな課題です。
 言葉の森は、これを次のような方法で取り組もうと考えています。
 ひとつは、自習検定です。漢字、算数・数学、英語の家庭での自習を毎月の検定試験(無料、希望者のみ)でチェックしていきます。
 もうひとつは、学力テストです。年に3回の全国規模の模擬テスト(有料、希望者のみ)を行うことによって、客観的な学力を測定し、早めに対策が立てられるようにしていきます。
 そして、もうひとつは、家庭での自習を軌道に乗せるための寺子屋オンエア(無料)です。これは、ネットのオンエアサービスを利用して、孤独になりがちな家庭での自習を、家庭にいながらにして友達や先生と共有する仕組みです。

 子供たちの前に立ちはだかる第二の山は、創造力を育てる教育の不在です。不在ですから、ただの山ではなく、麓が沼になっているような山と言ってもいいかもしれません。
 未来の社会で必要になるのは、クイズ番組に出るために詰め込む知識のような学力ではなく、新しい価値あるものを創造できる学力です。
 しかし、この創造力を育てる方法論が、今の教育にはありません。
 言葉の森は、その方法の開発に取り組んでいます。例えば、項目作文、構成図、長文暗唱、森リン評価、親子の対話を生かした実行課題、プレゼン作文などは、子供たちの創造力を育てる新しい教育のツールです。これらのツールを使い、作文の学習を中核として、試験の点数に表れにくい真の学力を育てていきたいと思っています。
(「創造性を育てる作文」1~8 http://www.mori7.com/as/1542.html

 子供たちの前に立ちはだかる第三の山は、親にとっても山になってくるものです。
 それは今後、アメリカの基軸通貨放棄、中国のバブル崩壊、日本の財政破綻などによって起こると考えられている経済の急激な収縮です。
 預金が封鎖され、物価が高騰し、失業と倒産が相次ぐ社会では、大人がまず生き残る道を考えなければなりません。
 しかし、この混乱のあとに登場する新しい社会は、もはや従来の社会の復活ではありません。人間の価値観が大きく変化する中で生まれる全く新しい社会です。
(「モノクロの旧社会からカラフルな新社会へ(その4)」 http://www.mori7.com/as/2094.html
 その新しい社会とは、利益の追求と、競争における勝利を目的とした経済的な社会ではなく、個性的な人格の向上と、価値ある創造と、社会への貢献を目的とした教育的、文化的な社会です。
 言葉の森は、そういう未来の社会に対応するために、先に挙げた自習検定、実行課題、寺子屋オンエアなどに加えて、それらの教育の場を保護者が地域で提供する森林プロジェクトを企画しています。

 今回の、経済的、政治的な混乱は、日本だけでなく、先進国だけでもなく、新興国、途上国も含めた世界規模の混乱になることが予想されます。
 しかし、その混乱は、世界的な規模での平和で創造的な社会が生まれる出発点ともなるのです。

 その先導役を果たすことになるのが日本です。なぜなら、
1、日本は、先進国の中で最も強い経済力を持つ国のひとつであり、
2、国民の知的格差がきわめて少なく、
3、エゴイズムに基づく競争よりも、共感に基づく調和の文化を持ち、
4、天皇という国民統合の象徴を持ち、
5、いざというときに信じられないほど大きく変化できるという歴史を持ち、
6、世界中のほとんどの国から好感を持たれ信頼されている国だからです。

 今、目前にそびえたつ山々は、見方によっては越えがたいようにも見えますが、先の展望さえ持っていれば、必ず誰でも越えていけるものです。しかし、そのために必要なものは、確実な情報を提供してくれる人と人との信頼できるコミュニケーションです。
 言葉の森は、ホームページやfacebook、あるいは電話や手紙などで、その情報のバックアップをしていきたいと思っています。

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
言葉の森のビジョン(51) 

コメント欄

森川林 20140226  
 米国のデフォルトが現実的なものになってきたようです。
 あらかじめそんなことがわかっているなら、なぜ手を打たないかと思う人も多いと思いますが、わかっていても解決策のないものもあるのです。
 しかし、うまくやれば徳政令のような超法規的な措置で、問題を軽くなかったことにすることもできます。
 いずれにしても、そのあとに来る社会の準備をすることがこれから大事になってくると思います。

コメントフォーム
子供たちの前にそびえる三つの山(モノクロの旧社会からカラフルな新社会へ その5) 森川林 20140226 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。
 ハンドルネーム又はコード:

(za=森友メール用コード
 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。
メルマガの配信
▼バックナンバー
○一般用 ダイジェスト版
○生徒用 完全版

Facebookページ
言葉の森作文ネットワーク
いいね! 15,924件
新着コメント1~10件
これからの子育 nane
 子供を見るときには、その子が将来どうい 6/24
これからの子育 森川林
 昔は、本を読んでいる暇があったら勉強し 6/24
「子供が説明す 森川林
 あきらめのはまだ早い(笑)。  これ 6/23
作文はよく書け nane
 受験直前でもなければ、国語の成績を上げ 6/23
作文はよく書け 森川林
 国語の入試問題というのは、大体いじわる 6/23
「子供が説明す kaka
私の娘も六年生で、いまだに2語までの文章 6/22
読むことが苦に nane
 勉強しすぎると頭が悪くなる、というのは 6/19
読むことが苦に 森川林
 低学年ですごく成績がいい子というのは、 6/19
読書と勉強を両 nane
 言葉の森の通学クラスに作文を書きにくる 6/15
読書と勉強を両 森川林
 小学校低中学年の勉強は、基本的なことば 6/15
……次のコメント

オープン教育 1~10件
オープンの川
過去の記事

過去の1~30件目を表示
■モノクロの旧社会からカラフルな新社会へ(その4) 2月25日
■モノクロの旧社会からカラフルな新社会へ(その3) 2月22日
■幼児作文コースのモニター募集(言葉の森の生徒のご兄弟対象) 2月21日
■モノクロの旧社会からカラフルな新社会へ(その2) 2月20日
■寺子屋オンエアをなぜ始めたか 2月19日
■盛りだくさんの言葉の森の企画(その3)モノクロの旧社会からカラフルな新社会へ 2月18日
■合格で力のつく子、不合格でもかえって力のつく子 2月14日
■盛りだくさんの言葉の森の企画(その2) 2月13日
■盛りだくさんの言葉の森の企画(その1) 2月12日
■合格速報 2月11日
■受験の教育から、文化の教育へ 2月10日
■寺子屋オンエアのモニター募集(言葉の森の小中学生の生徒対象) 2月10日
■ネット教育のマイナス面と新しい可能性 2月9日
■毎日の短文穴埋めドリルのような勉強で作文力がつくか 2月8日
■早期英語教育の弊害に警鐘――小3以前の英語学習は日本語にマイナス 2月6日
■凍るような寒さが羽化を準備する 2月6日
■方程式の面白さ、図形の面白さ。面白さを味わためには勉強はほどほどに 2月5日
■入試の作文は字数を埋めることが第一。情報処理化した国語の勉強の仕方 2月4日
■勉強は、ひとりでするより、ほかの人が一緒にいる方がはかどる 2月4日
■ネット教育に必要なのは、ITテクノロジーではなく教育についての哲学 2月3日
■教育のネット化が、人間の動物性を助長するものにならないように 2月3日
■本質的な変化や成長は、忘れたころにやってくる 2月3日
■外的刺激によって普通の細胞が万能細胞に。それは人間にも…… 2月3日
■勉強は自分らしいやり方で 2月3日
■日本の行事や文化を作文の課題に生かす 2月3日
■教えてもらうよりも、自分ひとりで勉強するほうが確実に身につく 2月2日
■2月の遊びと行事の実行課題を作成中 1月29日
■実力をつけてから志望校を決めるのではなく、志望校を決めてから合格力をつける 1月29日
■千失ったら、千五百作る 1月29日
■受験作文に臨むには 1月28日
……前の30件
HPの記事検索
ホームページの全記事

 言葉の森新聞

Google+ページ
言葉の森作文オンエア

Twitter
言葉の森@kotomori

RSS
RSSリーダー

代表プロフィール
森川林(本名中根克明)

講師ブログ
言葉の森の講師のブログ

算数の通信教育
できた君の算数クラブ

カテゴリー
全カテゴリー
ICT教育(1)
遊び(6)
新しい産業(23)
暗唱(121)
生き方(41)
息抜き(19)
いじめ(1)
インターネット(25)
英語教育(10)
オープン教育(24)
親子作文コース(9)
オンエア講座(41)
オンエア作文(2)
音声入力(10)
音読(22)
外国人と日本語(4)
科学(5)
学問コース(1)
学力テスト(2)
合宿(14)
家庭学習(92)
家庭で教える作文(55)
漢字(17)
帰国子女(12)
教育技術(5)
教育論文化論(255)
教室の話題(26)
行事と文化(1)
ゲーム的教育(4)
合格情報(27)
高校入試作文小論文(10)
構成図(25)
公立中高一貫校(63)
国語問題(15)
国語力読解力(155)
子育て(117)
言の葉クラブ(2)
言葉の森サイト(41)
言葉の森の特徴(83)
言葉の森のビジョン(51)
子供たちの作文(59)
作文教育(134)
作文検定試験(4)
作文の書き方(108)
算数・数学(22)
自習検定試験(10)
自習表(5)
自然災害(1)
実行課題(9)
質問と意見(39)
受験作文小論文(89)
小学校低学年(79)
森林プロジェクト(50)
政治経済(63)
生徒父母向け記事(61)
生徒父母連絡(78)
全教科指導(2)
センター試験(7)
創造が価値の源泉となる社会(9)
大学入試(14)
対話(45)
他の教室との違い(22)
知のパラダイム(15)
中学生の勉强(21)
中高一貫校(11)
寺子屋オンエア(101)
読書(95)
読書感想文(19)
読書実験クラブ(9)
友達サイト(7)
日本(39)
日本語脳(15)
発達障害(1)
東日本大震災(15)
facebook(29)
facebookの記事(165)
プレゼン作文発表会(20)
プログラミング教育(5)
勉強の仕方(119)
未来の教育(31)
MOOC(2)
無の文化(9)
メディア(8)
森の学校オンエア(2)
森リン(103)
問題集読書(33)
読み物(1)
四行詩(13)
未分類(378)

QRコード






 
小学生、中学生、高校生の作文(2007年4月まで)
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。