記事 2444番  最新の記事 <前の記事 後の記事> 2020/2/28
子供たちの個性と創造性を育てるためのオンエア特別講座
森川林 2015/10/15 19:43 


●オンエア方式で理科実験や工作の講座を行う企画

 子供の教育で大事なことは、個性を伸ばし創造性を育てることです。その創造性を支えるために、学力というものが必要になります。
 しかし、今はこれが逆転していて、学力をつけることだけが目的のようになっています。その学力も、真の意味での学力とはずれている、受験に合格するための、つまり競争に勝つための学力です。そのため、引っかかりやすい問題をうまくくぐりぬけるようなところに必要以上の時間を取って学習し、その結果、誰もが同じような価値観を持った、個性のあまり際立たない、そして本当の自分が何をしたいのかがよくわからない子供たちが生まれているのです。

 こういう教育が有効な時代は、工業化のために均質で優秀な労働力が必要とされていた時代でした。今、均質で優秀でしかも従順な労働力は、機械や人工知能に取って代わられつつあります。
 これから必要になるのは、機械や人工知能に取って代わられない人間の能力です。それが、個性であり、創造性であり、何もないところに問題を発見し、誰もまだ知らない世界に自分の好きなものを作り出していく能力です。その能力を発揮するためにこそ、学力をつける必要があるのです。

 では、子供の個性を発見し、創造性を育てるためには何が必要なのでしょうか。それは、その子がさまざまなことに挑戦する機会を、周りの大人が数多く作ってあげることです。
 人間は、自分が好きなものにぶつかれば自然に熱中します。この熱中によって、個性が創造性へと発展していきます。
 誰もが同じような勉強をして、その輪切りの評価の中で他人より1点でも上に行くことが要求される没個性の教育ではなく、基本的な学力をつけつつも、勉強以外の多様な経験をする自由な教育が必要になっているのです。

 言葉の森が、今後の企画として力を入れていくものは、まず基本的な学力をつける教育としての寺子屋オンエア教育、次に、人間性と創造性を伸ばす教育としてのオンエア特別講座です。
 このオンエア特別講座の内容としては、理科、社会、図工、音楽、体育などの教科に関連する、より実践的な講座の企画が考えられます。
 オンエア方式で、7、8人の小グループが、テレビ会議での先生の監督のものに、自宅でいろいろな実験や実習をするという企画です。

 子供たちに必要なのは、自分の興味や関心のある分野で、頭だけでなく手や足を動かし、それを友達との交流の中で行っていくことです。
 当面は、理科実験や工作のような取り組みやすいものから始めていきたいと思っています。

●子供の教育講座から大人の文化講座へ

 オンエア特別講座は、単に子供たち向けの教育だけに留まりません。子供向けのオンエア特別講座のある分野を受け持つ講師は、やはりその分野が好きな大人でしょう。例えば、理科実験の好きな大人が理科実験の講座を行い、ロボットプログラミングの好きな大人がロボットプログラミングの講座を行います。
 すると、何度もその講座を企画しているうちに、その人はやがてその分野の講座のプロのようになっていきます。すると、やがて子供向けだけではなく、より高度な大人向けの講座も開きたくなるでしょう。このように子供向けの教育講座の中には、大人向けの文化講座に発展していくものも出てくるのです。

 従来の教育や文化の分野は、既に大きな枠が完成されています。
 受験のための教育にしても、お茶やお花の文化にしても、野球やサッカーのスポーツにしても、和洋中の料理にしても、どれも長い歴史の中で完成度の高いものになっているので、需要よりも供給が上回るようになっています。
 買いたい人より売りたい人の方が多い産業分野が日本中に広がっているということが、今のデフレの根本的な要因です。

 ところが、教える人と教わる人が、自分の好みをもとにして始めた教育文化講座の多くは未完成で、これからいろいろな試行錯誤を経て発展していくものです。そこに、経済の乗数効果が働きます。
 メジャーとは言えない狭い好みの分野で教えたい人と教わりたい人が出会えるというのが、ロングテールを持つインターネットの長所です。

 インターネットの黎明期には、さまざまなベンチャー企業が生まれました。そのベンチャー企業を担った人の多くは、財産も地位もなく夢だけがある若者でした。
 その文化の小さな爆発が、これからまだ誰もそんな世界があるとは知らないさまざまな未知の分野で起こってくるのです。
 そういう未来の創造文化産業のきっかけとしても、オンエア特別講座を企画していきたいと思っています。

(写真は、近所の公園に咲いていたハナミズキの実)
 参加フォーム/言葉の森企画
作文の予習と発表に力を入れたオンライン学習
友達と一緒に作文を書くことで互いの予習が参考になり、読書紹介で読書の幅が広がります。 言葉の森
 

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
寺子屋オンライン(101) 新しい産業(23) 

コメント欄

森川林 2015年10月15日 19時58分  
オンエア特別講座は、勉強の企画でもあるのですが、たぶん楽しい遊びの雰囲気があると思います。
 そこで、遊びのfacebookグループなどで、この企画を練っていきたいと思っています。
 たぶん、退屈な勉強をいやいややるよりも、こういう遊びに熱中した方が、子供たちの頭はずっとよくなると思います。


コメントフォーム
子供たちの個性と創造性を育てるためのオンエア特別講座 森川林 20151015 に対するコメント

▼コメントはどなたでも自由にお書きください。
のはひふ (スパム投稿を防ぐために五十音表の「のはひふ」の続く1文字を入れてください。)
 ハンドルネーム又はコード:

(za=森友メール用コード
 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。
新着コメント1~3件
3月の春合宿は nane
新しい企画としてオンライン合宿を行います 14:38
3月の春合宿は 森川林
コロナウイルス対策として、3月の春合宿は 14:36
「小学校最後の nane
新しい本は、3月6日発売となっていますが 2/27
……次のコメント

オープン教育 1~3件
オープンの川
鳥の村 1~3件
鳥の村
虹の谷 1~3件
虹の谷
過去の記事

過去の1~30件目を表示
■低学年からの勉強は作文と国語 10月14日
■小中高一貫指導の作文は言葉の森 10月13日
■創造教育、本質教育、技道(わざみち)文化、家元産業 10月12日
■国語力をつける言葉の森の作文 10月9日
■受験は作文力記述力で差がつく 10月8日
■facebookページで「親子で遊ぼうワンワンワン」グループを紹介 10月8日
■教育は変わる 2 10月7日
■教育は変わる 1 10月6日
■上達が早い電話指導の作文教室 10月5日
■精読とはゆっくり読むことではなく素早く何度も読むこと 10月4日
■作文に生かすことわざの引用と加工 10月3日
■「受験直前まで過去問をやらないように」という塾 10月2日
■中学・高校・大学入試の志望理由書の書き方(再掲) 10月2日
■受験作文小論文コースの解説作成やっと終わる 10月1日
■低学年のうちから自分で勉強する習慣を――そして厳父慈母の実践 10月1日
■学年別作文の特徴と指導のポイント2 9月28日
■学年別作文の特徴と指導のポイント1 9月27日
■勉強とテレビゲーム――素直に言うことを聞く時期に、子供の自主性を育てる 9月25日
■作文力は、ひとまとまりの文章を書くことで身につく。そのためには、読む練習、褒め言葉、事前の準備が大事 9月24日
■国語力は、受験だけでなく社会に出てから役に立つ 9月23日
■言葉の森のちょっと未来の話2――どの子も自分に合った進度で勉強でき、学力と創造性を伸ばせる教育システム 9月20日
■言葉の森のちょっと未来の話 9月18日
■作文も、音読も、勉強も、理解より慣れが大事な勉強 9月17日
■寺子屋オンエアの勉強の仕方で注意すること――勉強は長時間やらせない、問題集に答えを書かない、面白い本を中心に少しずつ難しい本を、問題集読書は音読が大事 9月16日
■寺子屋オンエアの家庭学習は凡事徹底の勉強 9月15日
■受験コースの作文の勉強の仕方 9月14日
■教育の距離感――天外伺朗さんの「教えないから人が育つ」と、中室牧子さんの「学力の経済学」 9月12日
■2020年の教育改革に向けて勉強の方向を考える 9月11日
■国語力の二つの段階――第一段階は理屈で理解、第二段階は音読で難読に慣れる 9月10日
■ネット教育の新しいスタイル、寺子屋オンエア1 9月8日
……前の30件
RSS
RSSフィード

カテゴリー
全カテゴリー

QRコード


通学できる作文教室
森林プロジェクトの作文教室

リンク集
現在作成中です。





 
小学生、中学生、高校生の作文(2007年4月まで)
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。