短時間で実力のつく勉強をしつつ、遊びの時間をたっぷり確保する 言葉の森のIT化の歴史、そして未来の展望 どんなに苦手な子でも書けるようになる、どんなに得意な子でもそれ以上に書けるようになる作文指導 わかりやすいのはビジュアル、使えるのは言葉 学校は難しいことをやってできる子とできない子の差をつける場ではなく、誰でもできることを全員にしっかり徹底させる場

記事 2689番  最新の記事 <一つ前の記事 一つ後の記事> 2018/7/18 
勉強に対する意欲を持たせるには――作文の勉強にも意欲が必要
森川林 2016/09/26 05:56 


 意欲を持って勉強する時間は、意欲を持たずに勉強する時間の何倍もの価値があります。
 だから、受験勉強なども、早めにコツコツ始めるのはいいのですが、最後までそのペースでコツコツ続ける子よりも、最後の半年から1年で意欲的に集中して取り組む子の方が成果が出ることが多いのです。

 だから、子育てで大事なことは、小さいころからその意欲を育てるようにしておくことです。
 そのためには、ニーズの時間だけでなくウォンツの時間も大切にすることです。
 子供の生活を、必要だと思われることばかりで埋めずに、全然必要ではないし将来役に立ちそうもないが本人が熱中していることがあればその時間をしっかり確保し尊重してあげる、ということです。

 さて、作文の勉強に対する意欲の話ですが、作文というのはかなり精神的エネルギーを必要とする勉強です。
 普通の勉強であれば、食後すぐでもできますが、作文を書くというのは食後すぐではできません。
 特に、高学年の考える作文の場合は、ある程度空腹でないといいのは書けません。
 それは、それだけ頭脳に酸素を供給する血液の流れが必要になるからです。

 また、作文の勉強は、小学校低学年のころはある程度行われますが、高学年になるとだんだん学校では行われなくなります。
 本当は、高学年ほど作文の勉強が必要なのですが、大勢の人数の添削の負担を考えると、どうしても作文の指導というのは後回しになってしまうのだと思います。

 学校で作文をやらなくなり、しかも負担の大きい勉強だということになると、高学年から次第に、作文の勉強をすることに意欲的になれない子が出てきます。
 その時期は、小5から中2にかけてです。
 ちょうどこの時期は、文章を読む力と文章を書く力が最もかけ離れる時期に相当します。
 つまり、読めるほどには書けないという状態になるので、自分の書いた文章を読んで自分でうまく書けたとは思えなくなるのです。
 だから、この時期は、作文の勉強に対する意欲が最も低下する時期だとも言えます。

 では、この時期には、どういう取り組みをしたらよいのでしょうか。
 第一は、書くことよりも読むことに力を入れることです。それは読書と音読です。
 特に、課題の長文の音読を毎日2、3分続けておくと、そこに使われている表現に慣れて、作文に書くための語彙力が育ってきます。
 すぐに成果を上げることを期待するのではなく、気長に底力をつけておくようにするといいのです。

 第二は、パソコンを使って書くようにすることです。
 なぜパソコンがよいかというと、手書きのものよりも、テキストとして入力されたものの方が作品として完成されている印象があるからです。
 作品としての完成感があると、書いたあとに、やり遂げたという気持ちになりやすいのです。

 また、言葉の森では、パソコンで書いた作文は、自動採点の森リンで点数が出るようになっています。
 この点数はある程度の字数以上でないと誤差も大きいので、小学校高学年で長く書けるようになってからの取り組みにちょうど合っています。
 自分の書いた文章がその場で点数になるというのは手応えがあるので、高学年の生徒も意欲的に取り組みやすくなるのです。

 そして、第三に、作文の勉強の大切さを親子で話し合っておくことです。
 将来必要になる学力は、ただ知識を覚えて再現するような学力ではなく、自分で文章を読み取り、自分なりに考えて、それを文章に書き上げる力になるからです。
 高学年の生徒は、こういう理屈をしっかり話してあげると、それで納得します。
 ただし、そのためには、お父さんやお母さんがその理屈を自分の言葉としてしっかり話してあげることです。
 そして、本人が書いた作文のよいところをいつも認めていくようにしていくといいのです。


同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
勉強の仕方(119) 子育て(117) 作文教育(134) 

コメント欄

森川林 2016年9月26日 6時1分 1 
 勉強でも、仕事でも、最も大切なのは意欲です。
 賞罰や競争で外側から持たせた意欲は長続きしません。
 子供のころから、何かに熱中することを通して意欲の土台を作っておくとよいのです。


nane 2016年9月26日 6時12分 1 
 テストのための勉強の中には、役に立つものもありますが、役に立たないものも結構あります。
 そういう勉強は、テスト直前の短期間の集中学習で仕上げてしまう方がいいのです。
 そのかわり、自分の関心のある事柄や読書に、普段からコツコツ取り組んでいくのです。
 これからは、勉強力だけでなく、勉強力+個性力が重要になってくるからです。


namura 2016年9月27日 21時28分 10 
ダラダラ勉強することは、逆効果ですね。

コメントフォーム
勉強に対する意欲を持たせるには――作文の勉強にも意欲が必要 森川林 20160926 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。
まみむめ (スパム投稿を防ぐために五十音表の「まみむめ」の続く1文字を入れてください。)
 ハンドルネーム又はコード:

(za=森友メール用コード
 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。
メルマガの配信
▼バックナンバー
○一般用 ダイジェスト版
○生徒用 完全版

Facebookページ
言葉の森作文ネットワーク
いいね! 17,226件
新着コメント1~3件
経験と学問と創 nane
 答えのある勉強は、人工知能がカバーして 7/13
経験と学問と創 森川林
 小学生時代の勉強は、楽しくやるものです 7/13
森林プロジェク nane
 寺子屋オンラインも森林プロジェクトも、 7/12
……次のコメント

オープン教育 1~10件
オープンの川
過去の記事

過去の1~30件目を表示
■短時間で実力のつく勉強をしつつ、遊びの時間をたっぷり確保する 9月25日
■言葉の森のIT化の歴史、そして未来の展望 9月24日
■どんなに苦手な子でも書けるようになる、どんなに得意な子でもそれ以上に書けるようになる作文指導 9月24日
■わかりやすいのはビジュアル、使えるのは言葉 9月24日
■学校は難しいことをやってできる子とできない子の差をつける場ではなく、誰でもできることを全員にしっかり徹底させる場 9月23日
■受験に作文試験がある場合の家庭でできる早めの対策 9月23日
■貝の年輪を数えた子――読書実験クラブの読み聞かせ 9月21日
■人間の想念の力は強い――だからいつも子供のよい面を見て 9月21日
■考える力を育てる国語・作文と算数数学の勉強 9月20日
■子供たちに科学の面白さを 9月20日
■国語力はすべての学力の基礎、作文力は将来の学力の目標 9月19日
■才能とは時間をかけたこと(Facebookページより) 9月19日
■入試問題の作文を、枠組みから考えるから方法――都立桜修館中の課題を例に 9月17日
■深層学習を生かした小論文の機械採点 9月16日
■小4~小6の「思考国算講座」のみんなの作品の一部紹介 9月16日
■創造の喜びを教育の中に 9月16日
■これからの入試に必要になる作文力――内容以前の誤字、字数、スピードも大事 9月15日
■9月2週の読み聞かせ――ミジンコウキクサ、サンマ、二枚貝の年輪 9月14日
■作文と国語の指導なら言葉の森――作文教室30年の実績 9月13日
■雨ニモマケズ――日本にある豊かな古典の文化資産 9月13日
■国語力をつけるには――国語力を難しい文章を読み取る思考力 9月12日
■科学の面白さを多くの子供に 9月12日
■言葉の森の作文の勉強はなぜ長続きするのか 9月11日
■自分は個人であるとともに他人と同じひとつのものと教えることがこれからの教育の出発点 9月11日
■森の学校オンエア構想――地方創生と教育改革を同時に実現する 9月11日
■反抗期があるのは先進国だけ 9月10日
■記述式問題の家庭での対策 9月10日
■作文の苦手な子には、まずやって見せてあげる――すべての勉強には見本が必要 9月9日
■勉強はひとりでやるものだが、みんながいるから面白い 9月8日
■条件反射的な勉強よりも、創意工夫のある遊びを 9月7日
……前の30件
HPの記事検索
ホームページの全記事

 言葉の森新聞

Google+ページ
言葉の森作文オンエア

Twitter
言葉の森@kotomori

RSS
RSSリーダー

代表プロフィール
森川林(本名中根克明)

講師ブログ
言葉の森の講師のブログ

算数の通信教育
できた君の算数クラブ

カテゴリー
全カテゴリー
ICT教育(1)
遊び(6)
新しい産業(23)
暗唱(121)
生き方(41)
息抜き(19)
いじめ(1)
インターネット(25)
英語教育(10)
オープン教育(24)
親子作文コース(9)
オンエア講座(41)
音声入力(10)
音読(22)
オンライン作文(2)
外国人と日本語(4)
科学(5)
学問コース(1)
学力テスト(2)
合宿(14)
家庭学習(92)
家庭で教える作文(55)
漢字(17)
帰国子女(12)
教育技術(5)
教育論文化論(255)
教室の話題(26)
行事と文化(1)
ゲーム的教育(4)
合格情報(27)
高校入試作文小論文(10)
構成図(25)
公立中高一貫校(63)
国語問題(15)
国語力読解力(155)
子育て(117)
言の葉クラブ(2)
言葉の森サイト(41)
言葉の森の特徴(83)
言葉の森のビジョン(51)
子供たちの作文(59)
作文教育(134)
作文検定試験(4)
作文の書き方(108)
算数・数学(22)
自習検定試験(10)
自習表(5)
自然災害(1)
実行課題(9)
質問と意見(39)
受験作文小論文(89)
小学校低学年(79)
森林プロジェクト(50)
政治経済(63)
生徒父母向け記事(61)
生徒父母連絡(78)
全教科指導(2)
センター試験(7)
創造力(9)
大学入試(14)
対話(45)
他の教室との違い(22)
知のパラダイム(15)
中学生の勉强(21)
中高一貫校(11)
寺子屋オンライン(101)
読書(95)
読書感想文(19)
読書実験クラブ(9)
友達サイト(7)
日本(39)
日本語脳(15)
発達障害(1)
東日本大震災(15)
facebook(29)
facebookの記事(165)
プレゼン作文発表会(20)
プログラミング教育(5)
勉強の仕方(119)
未来の教育(31)
MOOC(2)
無の文化(9)
メディア(8)
森の学校オンライン(2)
森リン(103)
問題集読書(33)
読み物(1)
四行詩(13)
未分類(378)

QRコード






 
小学生、中学生、高校生の作文(2007年4月まで)
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。

Donate with IndieSquare