公立中高一貫校向けの勉強と家庭学習 森林プロジェクトと作文教育文化 国語の成績を上げるなら、まず作文、感想文の勉強から 四行詩の世界 小4からの英語暗唱講座を企画中

記事 2916番  最新の記事 <一つ前の記事 一つ後の記事> 2017/4/28 
動物のいる生活と子供の教育
森川林 2017/04/13 07:00 


 子犬を見ていると、全身で生きていることがわかります。
 ほしいものがあると、心から、「ほしい、ほしい、ほしい、ほしい」と、そのほしいものをじっと見ています。
 ほかの人にどう思われるかという体裁など考えないので、純粋な自分の気持のままに生きている存在なのです。

 そして、そのほしいものがもらえると、もううれしくてたまりません。やはり全身で、「うれしい、うれしい、うれしい、うれしい」とうれしさを表現します。そして、すぐ忘れます(笑)。

 動物といると心が癒やされるというのは、こういう純粋な喜びを持って生きている存在が身近にいると、人間も自分の本来の姿に戻ることができるからです。

 動物と一緒にするのは問題ですが、子供という存在も似ています。
 子供はやはり全身で喜びを表現しながら生きています。

 江戸時代の子供たちは、本来の人間の姿に近い生き方をしていたようです。
 当時、日本に来た外国人の多くがそのことを驚きを持って書き残しています。
 朝は早くから寺子屋でみんなと一緒に勉強し、午後は近所でたっぷりあそび、それを周囲の大人が温かく見守っているというのが当時の社会でした。

 日本は今でも、子供がひとりで電車に乗って出かけたり、女性がひとりで夜の道を歩いたりすることが普通にできる社会ですが、世界の多くの地域ではそういうことはできません。
 江戸時代のころは、今の日本のような平和で穏やかな状態が、更に社会全体に広がっていたのだと思います。
 当時は、女性がひとりで東海道を何日もかけて旅することができるほど平和で安全な社会だったのです。

 当時は社会全体の目標が、子供が健やかに成長することでした。
 それはなぜかというと、経済が成長をやめ社会が安定してくると、世の中を豊かにするものは、そこに住む人間が穏やかで正直で文化的であることになってくるからです。

 これは、今の世界の状況と似ています。
 物質的な成長は、次第に沈静化しています。物の豊かさが心を動かした時代は、次第に過去のものになりつつあります。

 実際には、現在はまだ貧富の格差があり、物質的に恵まれない人は数多くいます。しかし、その人たちにとっても、物の豊かさは幸福の基準にはなっていません。
 ひと昔かふた昔前のように、テレビを買ったり自動車を買ったりすると人生が変わるような気がした時代はもうずっと過去のものになっています。

 物の時代の終わったあとに来る時代は、文化の時代です。
 その文化の時代を豊かに生きるためには、自分だけでなく、周囲の人が、穏やかで正直で文化的で個性的で幸福に生きていることが条件になります。

 物の時代は、自分ひとりでも豊かになることができました。
 物の時代は、競争で他人に勝つことが豊かさを条件だったので、本質的に他人はどうでもよかったのです。

 しかし、文化の時代は周囲の人も一緒に豊かになる必要があります。
 そして、その社会で常に新しい文化的な何かが創造されていることが、豊かさを増大させる動因になります。

 そういう豊かな社会を作るために最も必要なものは何かと言えば、それは教育で、その教育の最大の要点は、子供が幸福に生きることです。
 競争に勝てる子供を育てることではなく、幸福に生きることのできる子供を育てることが教育の第一の目標になります。
 そのために必要なことは、家庭と地域社会が、子供の幸福を最重点にして成り立つようになっていることです。

 今はまだ大人の都合が優先される社会ですが、その大人の都合の多くは競争社会に勝つための都合ですから、子供の幸福とぶつかることもよくあります。
 だから、家庭だけでなく、社会全体で子供の幸福を第一にする仕組みを作っていくことが大事になってくるのです。

 動物が幸福に暮らせる社会と子供が幸福に暮らせる社会は共通しています。
 動物が幸福に暮らしている社会のイメージとして私が頭に思い浮かべるのは、奈良公園の鹿です。
 鹿たちは家畜として食べられるためにいるのではありません。神事や観光のためだけにいるわけでもありません。基本は、人間と共存して幸福に暮らすためにいます。
 これから、そういう公園のような社会が、子供を中心として広がっていく時代が来るのだと思います。

====
動物のいる生活
https://www.mori7.com/index.php?e=2145

 私(森川林)が子供のころ、物心ついたときには既に、家に犬とチャボとアヒルがいました。横浜の普通の都会の話です。
 父が動物好きで、いつも何かしらの生き物を飼って、家の中や周囲に放し飼いにしていました。だから、私自身も、そういう生活が普通のものだと感じていました。

 昔は、街なかに野良犬などもよくいたので、小学生のころは、友達と近所の野原で野良の子犬を飼っていたこともあります。
 中学生になると、急にジュウシマツを飼いたくなり、つがいを買ってもらい、次々に雛を育て手乗りにしました。

 動物が近くにいると、何かほっとする気持ちになります。

 後年、「ソロモンの指輪」という本で、正確な文は定かではありませんが、「動物との生活を知らない人には、人生の幸福の半分は隠されている」という一節を読み、妙に納得するところがありました。(その分、ほかの幸福を増やせばいいのだとも言えますが。)

 そこで、自分の子供が生まれたころ、何よりも犬を飼うことを最優先にしました。子供が保育園のころ、秦野市のブリーダーから1ヶ月半のゴールデンレトリバーを買ってきて、家の中で飼うことにしました。
 その後、子供が、近所の公園から野良猫を拾ってきたり、夏祭りですくってきた金魚を飼ったり、カニを飼ったり、カタツムリを飼ったり、やがて野良猫が子供を産んだりと、にぎやかな家になりました。
 下の子は、ぜんそく気味でしたが、動物が増えて家の中が汚れてくるにつれて免疫ができたせいか、ぜんそくも自然に治ってしまいました。

 子供たちは、もともとみんな動物が好きです。しかし、いろいろな理由で犬や猫を飼えないという家庭も多いと思います。
 子供の情操教育というか、自然の人間らしい感情を育てるためには、動物と一緒に暮らす生活は大いに役立つと思います。

 この4月に、近所のペットショップから、オカメインコと文鳥の1ヶ月の雛を買ってきました。

 動物と共感する感情にも、臨界期というものがあるようで、幼児期から小学校低学年の時期に動物と一緒にいる時間があると、心から動物好きの子になるような気がします。
====

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
未来の教育(31) 

コメント欄

森川林 20170413 1 
 理想の教育のイメージは、
1.人に教えてもらうだけの勉強ではなく、自ら進んで自主的に学ぶ勉強
2.知識の詰め込みを中心にした勉強ではなく、創造と発表を中心とした勉強
3.そして、朝は早くから寺子屋風に勉強し、午後は自然の中で友達とたっぷり遊び、夕方は家族と談話する生活
です。
 それらを、自主学習クラス、思考発表クラブ、自然寺子屋合宿教室で実現していきたいと思っています。
 そこに、創造性を育てる作文教育を組み合わせ、その教育を担う人を森林プロジェクトで育てていくというのが今後の展望です。


nane 20170413 1 
 理想の教育のイメージはあることにはあるのですが、あちこち手を広げているので、あっちを直ししたり、こっちを直したり、直すのを忘れて更に直すところが広がったり(笑)という生活を今はしています。
 やがて、いろいろなことが軌道に乗り、面白い教育システムができると思います。


コメントフォーム
動物のいる生活と子供の教育 森川林 20170413 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。
 ハンドルネーム又はコード:

(za=森友メール用コード
 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。
メルマガの配信
▼バックナンバー
○一般用 ダイジェスト版
○生徒用 完全版

Facebookページ
言葉の森作文ネットワーク
いいね! 15,861件
新着コメント1~10件
家庭がいちばん nane
 家庭教育の大切さを主張する人は多いです 6:22
家庭がいちばん 森川林
 家庭こそが子供たちの本当の教育の場です 6:11
プレゼン作文発 nane
 今回からgoogleハングアウトは25 4/27
プレゼン作文発 森川林
 5月27日(土)午後1時半からプレゼン 4/27
直すところを指 touk
作文がうまくなっていく生徒さんは、家庭で 4/26
直すところを指 nane
 作文の勉強で大事なのは、書いたあとでは 4/26
直すところを指 森川林
 実力と成績とは区別して考える必要があり 4/26
小4の思考発表 森川林
 小4の5.1週の課題は、「家族でスポー 4/25
小6の思考発表 nane
 これまでの勉強は、答えを早く見つける勉 4/25
小6の思考発表 森川林
 思考発表クラブは、次の週の作文の予習と 4/25
……次のコメント

オープン教育 1~10件
オープンの川
過去の記事

過去の1~30件目を表示
■公立中高一貫校向けの勉強と家庭学習 4月12日
■森林プロジェクトと作文教育文化 4月11日
■国語の成績を上げるなら、まず作文、感想文の勉強から 4月10日
■四行詩の世界 4月10日
■小4からの英語暗唱講座を企画中 4月8日
■言葉の森の教材を使って自宅で作文を教える「森林プロジェクト」の作文講師資格講座 4月8日
■記述問題に強くなる国語問題集読書の50字感想練習 4月8日
■国語力だけでなく、学力全体がぐんぐん伸びる、小1からの日本語暗唱入門 4月8日
■江戸時代の寺子屋と現代の新しい教育 4月6日
■本当の国語力、成績の上の国語力 4月5日
■小学生の学年別作文学習のポイント 4月4日
■勉強の目的は、勉強ができるようになることではなく、その勉強を使って何かができること 4月2日
■合格情報(一部) 4月1日
■答えのない勉強の方が楽しく、より高度になる 3月30日
■学習は型を身につけることから始まる――小1の親子作文から高3の論説文まで 3月29日
■勉強の目標は、社会に出て仕事をすること 3月28日
■サーバー移転に伴うデータ送信エラーなどについて 3月28日
■記述や作文の勉強は、音楽やスポーツと同じように慣れが必要 3月27日
■子育ての工夫で親にまさるものはない 3月26日
■一生懸命さを見せずに一生懸命やることが勉強の教え方のコツ 3月25日
■高学年になって作文が得意になるには、低学年のときからの作文指導が大事 3月24日
■これからは、勉強も、遊びも、ビジネスも、プログラミングも 3月22日
■教育の本質は遠回りすること――成績の本質は近回り 3月21日
■国語力をつけるためには、思考力を伸ばすことが大事 3月13日
■子育てで難しいのは、水辺に連れていくことではなく、水を飲ませること 3月12日
■3.11を思い出す 3月11日
■書き出すのにエネルギーが必要な作文の勉強も、みんなと一緒なら書きやすくなる 3月10日
■ユーザーエクスペリエンスの時代と寺子屋オンライン 3月9日
■子供は家庭の中で育つ 3月7日
■国語力をつけるために家庭で簡単にできること 3月5日
……前の30件
HPの記事検索
ホームページの全記事

 言葉の森新聞

Google+ページ
言葉の森作文オンエア

Twitter
言葉の森@kotomori

RSS
RSSリーダー

代表プロフィール
森川林(本名中根克明)

講師ブログ
言葉の森の講師のブログ

算数の通信教育
できた君の算数クラブ

カテゴリー
全カテゴリー
ICT教育(1)
遊び(6)
新しい産業(23)
暗唱(121)
生き方(41)
息抜き(19)
いじめ(1)
インターネット(25)
英語教育(10)
オープン教育(24)
親子作文コース(9)
オンエア講座(41)
オンエア作文(2)
音声入力(10)
音読(22)
外国人と日本語(4)
科学(5)
学問コース(1)
学力テスト(2)
合宿(14)
家庭学習(92)
家庭で教える作文(55)
漢字(17)
帰国子女(12)
教育技術(5)
教育論文化論(255)
教室の話題(26)
行事と文化(1)
ゲーム的教育(4)
合格情報(27)
高校入試作文小論文(10)
構成図(25)
公立中高一貫校(63)
国語問題(15)
国語力読解力(155)
子育て(117)
言の葉クラブ(2)
言葉の森サイト(41)
言葉の森の特徴(83)
言葉の森のビジョン(51)
子供たちの作文(59)
作文教育(134)
作文検定試験(4)
作文の書き方(108)
算数・数学(22)
自習検定試験(10)
自習表(5)
自然災害(1)
実行課題(9)
質問と意見(39)
受験作文小論文(89)
小学校低学年(79)
森林プロジェクト(50)
政治経済(63)
生徒父母向け記事(61)
生徒父母連絡(78)
全教科指導(2)
センター試験(7)
創造が価値の源泉となる社会(9)
大学入試(14)
対話(45)
他の教室との違い(22)
知のパラダイム(15)
中学生の勉强(21)
中高一貫校(11)
寺子屋オンエア(101)
読書(95)
読書感想文(19)
読書実験クラブ(9)
友達サイト(7)
日本(39)
日本語脳(15)
発達障害(1)
東日本大震災(15)
facebook(29)
facebookの記事(165)
プレゼン作文発表会(20)
プログラミング教育(5)
勉強の仕方(119)
未来の教育(31)
MOOC(2)
無の文化(9)
メディア(8)
森の学校オンエア(2)
森リン(103)
問題集読書(33)
読み物(1)
四行詩(13)
未分類(378)

QRコード






 
小学生、中学生、高校生の作文(2007年4月まで)
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。