読解力をつけるためにどうしたらよいか いよいよスタート、英語暗唱講座 親子の対話は読書よりも効果がある 子供の反抗期にどう対処するか――家庭に犬や猫のペットがいると家庭がなごむ 小3からの理科の勉強、プログラミング――保護者懇談会の話から

記事 3219番  最新の記事 <一つ前の記事 一つ後の記事> 2018/8/18 
特色入試型の子供たち
森川林 2018/03/04 09:58 

 これまでの受験は、覚えた知識をいかに正確に再現できるかという能力の評価が中心になっていました。
 それは、考える勉強と思われている入試の算数数学の世界でも同じです。
 算数数学も、入試問題のレベルで言えば解法の記憶と組み合わせと再現にすぎません。
 もちろん、その習得には時間がかかりますし、物事を数学的に処理する土台として重要ではあるのですが、基本は記憶と再現なのです。

 さて、今後の入試は、人工知能に代替される記憶の再現を中心にしたものではなく、人工知能に代替されない人間の能力を見るものが中心になってきます。
 世界の大学の入試の主流は、ペーパーテストから人物評価のようなものに移りつつあります。
 東大・京大が、推薦入試・特色入試の枠を作ったのは、日本だけが記憶力中心の入試を行っていたのでは、世界の水準から立ち遅れることが分かったためです。

 では、人工知能に代替されない人間の能力とは何でしょうか。
 それは、学力の面に関しては創造性です。
 その創造性の根底にあるものは、自分の好きなことを追求したいという意欲です。
 好きなことがあり、その好きなことに費やした時間のあることが、その人物の個性とほぼ同じものだと言えるのです。
 個性が、社会に役立つ創造性となるための前提として必要な学力は、センター試験の8割が取れていれば十分で、あとは必要に応じていくらでも身につけていけるという考えが、これからの入試の基本的な考えになっていきます。

 ところで、人物評価をどのようにするかと言うと、それはその人物の未来の夢や理想ではなく過去の実績です。
 受験作文コースの生徒の志望理由書を見ていると、その志望理由書の内容だけで合格間違いなしと思われるような子もいます。
 それは、過去の実績がしっかり書かれているということです。
 その反対に、志望の理由として自分の憧れや希望や理想を書いただけのものは、結局誰も同じような内容になってしまいます。
 つまり、その人が未来に何をしたいかではなく、過去にどのようなことをしてきたかという蓄積が、その人物そのものと見なされるのです。

 今、思考発表クラスに参加している生徒の中に、毎回、個性的な作文構造図や独自の理科実験をアップロードしてくる子供たちがいます。
 こういう、今の世間の概念では勉強と言えないような勉強を毎週している子は、逆に将来は、その蓄積を見せるだけで特色入試は合格圏内に入るようになるのではないかと思います。

 これからの世の中は大きく変わります。
 廃(すた)れつつある過去の社会を基準にして子育てを考えるのではなく、来たるべき未来の社会を基準にして子育てを考えていくことです。
 その子育てにおける勉強の仕方の基本は、これまでのような苦しいことに耐えて無理に頑張らせる勉強ではなく、つまり人工知能と競い合うような勉強ではなく、本人の個性を生かした伸び伸びとした楽しい勉強になるはずなのです。

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
思考発表クラブ(0) 

コメント欄

森川林 2018年3月4日 10時6分 1 
 今、大学で半ば実験的に行われている特色入試が、今後は入試のあらゆる場面で行われるようになってきます。
 すると、今のような画一的な受験勉強は次第になくなり、代わりにその子の個性と実力を伸ばしていくことが勉強の基本になっていきます。
 そして、その方が、子供たちはもっと楽に学力を伸ばせるようになるのです。

nane 2018年3月4日 10時16分 1 
 今の大人の多くは、自分の本当に好きなことがよくわかりません。
 それは、過去の教育の中で、好きなことをやるのではなく、義務的なことをきちんとこなすことばかりを教えられてきたためです。
 しかし、本当は、好きなことがいちばんの目的で、義務的なことはその目的を実現するための条件にすぎなかったのです。
 これからの子供たちの教育は、この本来の順序で行われるようになると思います。


コメントフォーム
特色入試型の子供たち 森川林 20180304 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。
みむめも (スパム投稿を防ぐために五十音表の「みむめも」の続く1文字を入れてください。)
 ハンドルネーム又はコード:

(za=森友メール用コード
 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。
メルマガの配信
▼バックナンバー
○一般用 ダイジェスト版
○生徒用 完全版

Facebookページ
言葉の森作文ネットワーク
いいね! 17,226件
新着コメント1~3件
読解力には段階 森川林
 子供たちの読解力が低下しているといった 7:32
読解力には段階 nane
 論理的な読解力をつけるのに、特別の教材 8/17
読解力には段階 森川林
 国語の読解力とは、単に論理的に読み取る 8/17
……次のコメント

オープン教育 1~10件
オープンの川
過去の記事

過去の1~30件目を表示
■読解力をつけるためにどうしたらよいか 3月3日
■いよいよスタート、英語暗唱講座 3月2日
■親子の対話は読書よりも効果がある 3月1日
■子供の反抗期にどう対処するか――家庭に犬や猫のペットがいると家庭がなごむ 2月28日
■小3からの理科の勉強、プログラミング――保護者懇談会の話から 2月27日
■言葉の森の勉強は中学1年生から意見文に 2月26日
■【合格速報】静岡聖光学院中学 2月26日
■朝日小学生新聞の作品欄の入選は、毎回ほぼ8割が言葉の森の生徒 2月26日
■小1から楽しく勉強して帰国子女受験の準備ができる海外生徒向け作文クラス 2月25日
■読書力をつける作文とは 2月24日
■起業できる未来のオンライン教育 2月24日
■作文が好きになり、読書力も国語力も伸びる 2月23日
■昨日の発表会はバレエの話に 2月23日
■作文の本質は書くことではなく考えること――音声入力の方法 2月22日
■誤字対策は漢字問題集ではなく作文練習で――作文の印象点を左右する漢字力(3) 2月21日
■もっと字を丁寧に書かなきゃ、と言うよりも(facebookページより) 2月21日
■【合格速報】上智大、杏林大、帝京平成大 2月20日
■字を上手に書くコツ――作文試験の印象点を左右する漢字力(2) 2月20日
■作文試験の印象点を左右する漢字力――文字の上手下手は無関係(1) 2月19日
■保護者懇談会の参加を受付中(生徒の保護者以外の方も参加できます) 2月18日
■2月4週の発表交流会の参加申し込みを受付中(生徒以外の方も参加できます) 2月18日
■3月から始まるオンライン学習の説明動画 2月17日
■作文試験合格のコツは、字数ぴったりに書く力 2月17日
■【合格速報】名城大学附属高校 2月16日
■【合格速報】芦屋国際中 2月16日
■帰宅の遅いお父さんが帰りの電車の中から参加できるオンライン学習の授業参観 2月16日
■【合格速報】湘南学園中学校・捜真女学校中学部 2月15日
■言葉の森のオンライン学習の紹介ページができました 2月15日
■【合格速報】横浜市立南高校附属中 2月15日
■消える競争、育つ共創 2月15日
……前の30件
HPの記事検索
ホームページの全記事

 言葉の森新聞

Google+ページ
言葉の森作文オンエア

Twitter
言葉の森@kotomori

RSS
RSSリーダー

代表プロフィール
森川林(本名中根克明)

講師ブログ
言葉の森の講師のブログ

算数の通信教育
できた君の算数クラブ

カテゴリー
全カテゴリー
ICT教育(1)
遊び(6)
新しい産業(23)
暗唱(121)
生き方(41)
息抜き(19)
いじめ(1)
インターネット(25)
英語教育(10)
オープン教育(24)
親子作文コース(9)
オンエア講座(41)
音声入力(10)
音読(22)
オンライン作文(2)
外国人と日本語(4)
科学(5)
学問コース(1)
学力テスト(2)
合宿(14)
家庭学習(92)
家庭で教える作文(55)
漢字(17)
帰国子女(12)
教育技術(5)
教育論文化論(255)
教室の話題(26)
行事と文化(1)
ゲーム的教育(4)
合格情報(27)
高校入試作文小論文(10)
構成図(25)
公立中高一貫校(63)
国語問題(15)
国語力読解力(155)
子育て(117)
言の葉クラブ(2)
言葉の森サイト(41)
言葉の森の特徴(83)
言葉の森のビジョン(51)
子供たちの作文(59)
作文教育(134)
作文検定試験(4)
作文の書き方(108)
算数・数学(22)
自習検定試験(10)
自習表(5)
自然災害(1)
実行課題(9)
質問と意見(39)
受験作文小論文(89)
小学校低学年(79)
森林プロジェクト(50)
政治経済(63)
生徒父母向け記事(61)
生徒父母連絡(78)
全教科指導(2)
センター試験(7)
創造力(9)
大学入試(14)
対話(45)
他の教室との違い(22)
知のパラダイム(15)
中学生の勉强(21)
中高一貫校(11)
寺子屋オンライン(101)
読書(95)
読書感想文(19)
読書実験クラブ(9)
友達サイト(7)
日本(39)
日本語脳(15)
発達障害(1)
東日本大震災(15)
facebook(29)
facebookの記事(165)
プレゼン作文発表会(20)
プログラミング教育(5)
勉強の仕方(119)
未来の教育(31)
MOOC(2)
無の文化(9)
メディア(8)
森の学校オンライン(2)
森リン(103)
問題集読書(33)
読み物(1)
四行詩(13)
未分類(378)

QRコード






 
小学生、中学生、高校生の作文(2007年4月まで)
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。

Donate with IndieSquare