記事 3417番  最新の記事 <一つ前の記事 一つ後の記事> 2019/10/17 
国語の勉強の仕方は、まず読むことから――問題を解く勉強はずっとあとから
森川林 2018/10/01 09:39 

 国語の得意な子は、国語の問題集を解くような勉強をしていません。
 何もしないのに得意なのです。

 国語の勉強の本質は、文章を読み取ることですから、特に問題を解くテクニックを知らなくても、読む力のある子は大体できます。
 100点を取ろうとすると、問題を解く技術が必要になりますが、普段のテストではそういうところまでする必要はありません。

 読む勉強が解く勉強よりも大事だといういちばん大きな理由は、その勉強にかける絶対量が違うからです。
 読む勉強の中身は、読書や問題集読書ですから、長時間読んでも大して苦になりません。
 それどころか、読むのが楽しくなると、ちょっとした空き時間にも読み続けるようになります。

 解く勉強は、勉強のような作業が続くので、少しやるとくたびれます。
 30分や1時間もやれば、もうそれ以上はやりたくなくなるのが解く勉強です。
 そして、気持ちだけは、しっかり勉強をした感じがしてしまうのです。

 楽しく本を読んでいる子と、苦しく国語の問題を解いている子を比べれば、苦しく国語の勉強をしている子の方が成績がよくなりそうですが、実は反対です。

 では、解く勉強は必要ないかというと、そうではありません。
 入試の国語の場合は、1点差を競うような性質の国語ですから、緻密に解く技術が必要になります。
 しかし、それは試験の直前で十分に間に合います。
 その直前の勉強が効果を上げるためにも、読む力をつけておく必要があるのです。


言葉の森の企画
国語力がつく読解検定 10月無料受検キャンペーン実施中!

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
国語問題(15) 国語力読解力(155) 

コメント欄

森川林 2018年10月1日 9時45分  
 作文の勉強で読む力がつくのは、感想文を書くために、毎日長文を読むからです。
 学年相応よりもやや難しい文章を読んでいると、その読む勉強で国語力がついてくるのです。

nane 2018年10月1日 9時54分  
 課題の長文を音読するというのは、短時間でできる効果的な勉強法ですが、なかなか続けられません。
 それは、問題集を解くような勉強に比べると、音読は勉強した跡が残らないので張り合いがないからです。
 そのうえ、声を出して読んでいると、たいていはお母さんに読み方を注意されます(笑)。
 だから、学年が上がるにつれて、「音読は自分の部屋でやる」などと言ってやらなくなるのです。


コメントフォーム
国語の勉強の仕方は、まず読むことから――問題を解く勉強はずっとあとから 森川林 20181001 に対するコメント

▼コメントはどなたでも自由にお書きください。
いうえお (スパム投稿を防ぐために五十音表の「いうえお」の続く1文字を入れてください。)
 ハンドルネーム又はコード:

(za=森友メール用コード
 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。
新着コメント1~3件
10月の発表交 森川林
 10月の発表交流会の参加フォームができ 15:3
自主学習クラス nane
 勉強の鉄則は、1冊の教材を繰り返すこと 10:12
自主学習クラス 森川林
 子供たちは、テストでできない問題がある 10:11
……次のコメント

オープン教育 1~3件
オープンの川
鳥の村 1~3件
鳥の村
虹の谷 1~3件
虹の谷
過去の記事

過去の1~3件目を表示
■本当の教育は、家庭教育も含めた教育から――学力だけでなく文化力も育てる寺子屋オンライン教育 9月30日
■小4で作文が上手に書ける子は、小5からの考える作文の前夜の時期にいる――その時期をどう過ごすか 9月28日
■読書力がつく寺子屋オンラインの読書紹介 9月25日
……前の3件
RSS
RSSフィード

代表プロフィール
森川林(本名中根克明)

カテゴリー
全カテゴリー

QRコード


通学できる作文教室
森林プロジェクトの作文教室

リンク集
現在作成中です。





 
小学生、中学生、高校生の作文(2007年4月まで)
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。