記事 3423番  最新の記事 <前の記事 後の記事> 2020/7/11
「良い子」とは少し外れたところにいるのが本当の良い子
森川林 2018/10/08 09:30 

 良いことをした結果としてご褒美をあげるというのは、悪いことではありません。
 しかし、褒美をあげることを手段として良いことをさせるというのは、あまり良いことでありません。

 結果としての褒美はいいのですが、手段としての褒美は良くないのです。
 それは、なぜかと言うと、褒美という報酬によって子供をコントロールするようになるからです。

 人間の本質は、自主性です。
 本来自主的な人間が、他人からのコントロールを受け入れることによって、自我が縮小し、自分に対する価値観、自分自身に対する尊厳のようなものが低下していくのです。

 自分に対する価値観が低下すると、それにしたがって意欲も低下していきます。
 すると、次に同じような行動をさせるためには、さらに大きな報酬が必要になってきます。

 逆にもし報酬なしで、しかも困難なことを成し遂げたとすると、その子は自分の自我を拡大させます。
 すると、さらに難しいことにも挑戦したいという意欲を持つようになるのです。

 子育てのコツは、結果を褒めることは良いが、褒めることを手段にし子供をコントロールしようとしないということです。
 そして、褒めることについても、いちばん良いのは心からの感謝や賞賛であって、できるだけ物化しないものの方が良いのです。

 犬や猫などの動物は、人間の与える手段によって行動をコントロールすることができます。
 犬や猫にとっては、それが嬉しいことでもあるので何も問題はありません。
 しかし、人間は、本質的に自分で自分をコントロールするという自主的な生き物です 。

 大人が考える「良い子」というのは、コントロールしやすい子という面があります。
 本当は、そういう「良い子」とは少し外れたところにいるのが、本当の良い子なのです。
小学456年生の勉強と生活の本
おすすめ→ 小学456年生の勉強と生活の本
小4・小5・小6の勉強の仕方、生活の仕方をくわしく解説。
小学生におすすめの本を、「物語」「説明文」に分けて紹介。
 

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
子育て(117) 

コメント欄

森川林 2018年10月8日 9時45分  
 子供を素直な良い子に育てるのは基本ですが、素直すぎる良い子の場合は、できるだけ子供の自主性に任せるようにすることです。
 その自主的な選択が子供なりに合理的なものであれば、親の希望に沿わないときでもそれを認めてあげることです。
 近回りで良いことをさせるよりも、遠回りで行った方が、長い目で見れば人間を成長させることも多いのです。

nane 2018年10月8日 9時51分  
 悪い子というのはすぐに直りますが、良い子すぎる子というのはなかなか直りません。
 だから、基本は良い子だが、ときどき悪いことをするというのが、いちばんいいのです。


コメントフォーム
「良い子」とは少し外れたところにいるのが本当の良い子 森川林 20181008 に対するコメント

▼コメントはどなたでも自由にお書きください。
ほまみむ (スパム投稿を防ぐために五十音表の「ほまみむ」の続く1文字を入れてください。)
 ハンドルネーム又はコード:

(za=森友メール用コード
 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。
新着コメント1~3件
コメントは24時間以内に表示
夏のオンライン メグ
 aomoto様  11時の一番下にあ 7/10
夏のオンライン aomo
感想文クラスを申し込みせたいのですが、ク 7/9
夏のオンライン aomo
感想文クラスを申し込みせたいのですが、ク 7/9
……次のコメント

オープン教育 1~3件
オープンの川
鳥の村 1~3件
鳥の村
虹の谷 1~3件
虹の谷
過去の記事

過去の1~30件目を表示
■提出率百パーセントの通信作文とは 10月6日
■8月の森リン大賞より(小5・小6・中1の部) 10月5日
■今、寺子屋オンラインシステムで考えていること(3)――森林プロジェクトの講師 10月4日
■今、寺子屋オンラインシステムで考えていること(2)――実習時間の確保、学年分け、定期テストなど 10月3日
■今、寺子屋オンラインシステムで考えていること(1)――実習時間の確保、学年分け、定期テストなど 10月2日
■国語の勉強の仕方は、まず読むことから――問題を解く勉強はずっとあとから 10月1日
■本当の教育は、家庭教育も含めた教育から――学力だけでなく文化力も育てる寺子屋オンライン教育 9月30日
■小4で作文が上手に書ける子は、小5からの考える作文の前夜の時期にいる――その時期をどう過ごすか 9月28日
■読書力がつく寺子屋オンラインの読書紹介 9月25日
■遊びと同じように子供たちが熱中できる勉強――勉強はつまらないのに遊びはなぜ面白いか 9月24日
■毎回の作文が日に日に上達する作文クラス――時間よりも意欲に比例する作文力 9月22日
■作文が好きで得意なのに、模試の点数が悪かったというケース 9月21日
■オンラインの少人数クラスで次々に暗唱をする子供たち 9月20日
■9月4週に発表交流会と保護者懇談会 9月18日
■小1親子作文をはじめとする寺子屋オンライン作文クラスと森林プロジェクトの講師 9月17日
■日曜朝の「親子作文」体験学習の1回目の授業の説明動画 9月14日
■森リンの作文評価の基準は語彙の多様性とバランス 9月14日
■国語のテストはなぜ100点が取りにくいか。それは答えが間違っていることがあるから 9月13日
■7月の森リン大賞、小6、中2,高2の作文――森リン点の高い子は学力も高い 9月12日
■暗唱力のある子は何でもできるようになる 9月11日
■緻密に読む読解力、緻密に書く記述力・作文力 9月10日
■親子作文は、楽しい実験や工作が出発点 9月8日
■受験作文コースの受け付け開始、9月4週に保護者懇談会、9月17日は休み宿題、9月6日は言葉の森のホームページ記念日 9月7日
■日曜日朝の「親子作文」体験学習9月のご案内 9月6日
■自主的な勉強で能率のよい学習を進め、これからの時代に合った独学力、先取り力を育てる――自主学習コース 9月5日
■勉強や実践の成果の創造的な発表を通して、これからの学力に必要となる思考力、創造力、発表力を育てる――発表学習コース 9月4日
■これからの学力の要となる作文力を、友達との交流の中で個性て創造的に育てる――寺子屋オンライン作文 9月3日
■要素還元主義的な要約から全体論的な要約へ 8月31日
■レッドオーシャンで頑張るよりも新しいブルーオーシャンを見つけよう 8月31日
■幼児年長、小学1年生からの親子作文で日本語力を育てる 8月30日
……前の30件
RSS
RSSフィード

カテゴリー
全カテゴリー

QRコード


通学できる作文教室
森林プロジェクトの作文教室

リンク集
現在作成中です。
Zoomサインイン
ソースネクスト
FJNBP-1337-6644-8260-5410




 
小学生、中学生、高校生の作文(2007年4月まで)
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。