記事 3600番  最新の記事 <一つ前の記事 一つ後の記事> 2019/5/25 
少人数のオンライン作文の授業はこんな感じで【動画全約1時間】
森川林 2019/03/02 21:36 

 寺子屋オンラインの少人数作文クラスの授業の様子です。
 寺子屋オンラインクラスへの参加を考えている方、及び、寺子屋オンラインクラスの講師をこれからされる予定の方は、この動画を見ておいてくださるといいと思います。

 動画の画面の一部だけを拡大して写しているので、画像が粗くなっていますが、もとの動画は、この12倍の大きさの画面です。

 この日は生徒が8人いたので、少し混んでいる状態でした。
 だから、授業は早いテンポで進んでいますが、通常はもう少しゆっくりしています。
 参加生徒の学年は、小3が2名、小4が3名、小5が3名です。

 動画の時間の区切りは次のようになっています。
・ 0分00秒~ 7分30秒……全体の説明(その日の連絡事項など)
・ 7分30秒~32分15秒……予習の発表+簡単な講評(詳しい講評は山のたよりに記載)
・32分15秒~43分09秒……作文実習
・45分09秒~54分03秒……読書紹介
・54分03秒~60分05秒……質問感想(そのあと、作文を書き終えるまで生徒は会場に残ります)

 授業は、45分から1時間と時間が限られているので、
・予習の発表は1人3分以内、
・作文実習は全体で10分程度、
・読書紹介は1人1分以内、
・質問感想は1人2分以内
という感じで進めています。
 時間の余裕があれば、暗唱チェックもしたいのですが、そうすると作文実習の時間が少なくなってしまうので、暗唱チェックは今後発表学習クラスの方でやるようにしたいと思います。

 工夫しているところは次のような点です。

 講評は、山のたよりに箇条書きで書いています。
 一人ひとりの講評を全部言っている時間がないので、講評は各自で読んでもらうことにして、そのかわり予習の発表の際に、先生がひとこと付け加える形で、前回の作文のいいとろを言うようにしています。
 言うのは、基本的にその子の作文のいいところだけです。

 山のたよりへの講評は、赤ペン添削をしないので、約250字の講評を書くのにかかる時間は6分程度です。
 ですから、誰でも10分もあれば、絵の見なども入れてカラフルにした講評を書けると思います。

 講評は、その生徒への講評という面もありますが、それ以上に先生がその生徒に何を話すかというメモの役割の方が大きいです。
 また、講師が休講した場合など、代講の先生が指導する際に、その講評が参考になります。

 指導の重点は、添削や講評よりも口頭での説明の方です。
 高学年の生徒は、口頭の説明でよく理解します。
 低中学年の生徒は、保護者との面談で、保護者の方にその子の今やっている勉強の重点を理解してもらうことが指導の重点になります。

 今回は、書いた作文そのものの発表はしていません。
 発表は、毎月4週の発表会でやるようにし、通常は予習の発表の方に力を入れることにします。

 予習の発表は、口頭で行っています。
 以前は、予習の発表も発表室で行っていましたが、そうすると、予習のアップロードと作文のアップロードと、アップロードが週に2回もあり保護者の負担が大きいと考えたので、予習は作文のアップロードにまとめて行ってもらうようにする予定です。

 この予習の発表のときに、その発表を聞いている生徒は、ほかの人の発表についてのメモを取ってもらいます
 これは、あとで質問感想の時間に、発表内容を思い出せるようにするためです。
 低中学年では、自分でメモを取ることが難しいと思いますが、だんだん慣れてくると思います。

 作文実習は10分程度です。
 時間は短いですが、授業の中でたとえ10分でもみんなで作文を書き始めると、そのあと、授業が終わってからも続けやすいので、短い時間であっても実習の時間を取るようにします。

 その作文実習の間に、特に念入りに説明する必要のある生徒だけ、別に話をします。
 これまでは、こういう別の話は、作文を書いているほかの人の邪魔にならないようにブレークアウトルームで行っていたのですが、移動の回数が多いと操作が複雑になるので、みんなのいる中で行うことにしました。
 そのかわり、大体の時間を決めて、作文を書いている生徒はその間、スピーカーの出口にイヤホンなどを差し込んで音が出ないようにしてもらいます。

 作文実習のあとは読書紹介です。
 低学年の生徒は、読書紹介であらすじを全部言う形になることが多いので、1人1分以内という制限と、「いちばん面白かったこと」を中心に話してもらうようにしています。
 今回は、読書紹介の司会を先生がしていますが、これは今後できるだけ生徒に司会をしてもらうようにする予定です。

 読書紹介のあとは、質問感想です。
 ほかの人の発表内容と読書紹介について、自分のメモをもとに思ったことを順に言ってもらいます。この時間は1人2分以内です。
 この質問感想の時間は、今回は先生が司会をして、順に言ってもらっていますが、将来は、生徒の誰かが司会をして、全員がマイクをオンにして自由に途中で発言できるようにしたいと思っています。



言葉の森受講案内  無料体験学習
言葉の森サマーキャンプ   公立中高一貫校自主学習クラス

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
寺子屋オンライン(101) 

コメント欄

森川林 2019年3月2日 21時42分  
 寺子屋オンラインの作文クラスの授業の様子です。
 約1時間という長い動画ですが、どんな感じで勉強しているのか知りたい人には参考になると思います。
 先生が授業をするのではなく、生徒が発表をする形の勉強です。(授業の動画は別に見られます)
 こういう形の勉強だから、生徒どうしが親しくなるのも早いです。


nane 2019年3月2日 21時42分  
 この授業を見ていると、生徒どうしが親しくなるのが早いということがよくわかると思います。
 先生中心の勉強ではなく、生徒中心の勉強です。
 解説のくわしい教科書があれば、先生はほとんど登場しなくていいのです。


コメントフォーム
少人数のオンライン作文の授業はこんな感じで【動画全約1時間】 森川林 20190302 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。
りるれろ (スパム投稿を防ぐために五十音表の「りるれろ」の続く1文字を入れてください。)
 ハンドルネーム又はコード:

(za=森友メール用コード
 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。
メルマガの配信
▼バックナンバー
○一般用 ダイジェスト版
○生徒用 完全版

Facebookページ
言葉の森作文ネットワーク
いいね! 17,226件
新着コメント1~3件
パソコン講習会 nane
 いったんわかってしまえば簡単なことでも 5/24
パソコン講習会 森川林
 わからないときは全然わからないが、わか 5/24
勉強の追加をさ 森川林
 それは、ひとことで言えば、課題が難しい 5/24
……次のコメント

オープン教育 1~3件
オープンの川
鳥の村 1~3件
鳥の村
虹の谷 1~3件
虹の谷
過去の記事

過去の1~30件目を表示
■【合格速報】県立松山東高校・新田高校普通科スーパー特進コース  4月2日
■自分で作る勉強――発表学習金1900の授業から 3月2日
■勉強の好きな子がいちばん――発表交流会木1800のクラスから 3月1日
■【合格速報】岡山県立倉敷天城中学校 ・岡山白陵中学校 4月2日
■幼児親子作文のすすめ(その1) 3月1日
■鳥の村に3.1週の授業の資料と動画をアップロード 2月28日
■寺子屋オンライン通信2019年3月号(改3.16) 2月28日
■発表学習クラスの発表の紹介――小学生時代はのびしろを育てる時期 2月28日
■親子作文と言葉遊びとダジャレ 2月27日
■【合格速報】清泉小学校(編入試験合格) 2月26日
■【合格速報】アレセイア湘南高等学校 2月28日
■子供の作文は、赤ペン添削ではなく事前指導によって上達する 2月26日
■google+コミュニティの終了に伴う画像アップロードの変更について 2月26日
■mori7.netで「この接続ではプライバシーが保護されません」のメッセージが出ています 2月25日
■読解検定は間違えた方がいい試験 2月25日
■勉強はひとりでするもの 2月24日
■寺子屋オンラインの少人数クラスの上達の早さをデータで調べてみて 2月23日
■2.4週の授業の動画をアップロードしました 2月22日
■【合格速報】県立千葉東高校 2月22日
■東大推薦入試型の学力をつける「発表学習クラス」の自由な勉強 2月21日
■しばし近況報告――昔の生徒が教室に来てくれました 2月20日
■【合格速報】横浜市立南高校附属中学校 2月20日
■【合格速報】武蔵中学校 2月18日
■不合格なんて気にしない――その学校に人を見る目がなかっただけ 2月18日
■創造力と発表力を育てる新しい学習/オンライン発表学習クラス 2月17日
■新しい作文の勉強法――寺子屋オンライン作文 無料体験学習受付中! 2月17日
■親子の対話でいい子に育つ――小学1年生から始める親子作文のおすすめ 2月16日
■春休み横浜の港南台教室で読書作文キャンプ 2月16日
■国語力がつく「読解検定」3月から 2月15日
■考える力を深める新小5、新小6年の勉強 2月14日
……前の30件
HPの記事検索
ホームページの全記事

 言葉の森新聞

Google+ページ
言葉の森作文オンエア

Twitter
言葉の森@kotomori

RSS
RSSリーダー

代表プロフィール
森川林(本名中根克明)

講師ブログ
言葉の森の講師のブログ

算数の通信教育
できた君の算数クラブ

カテゴリー
全カテゴリー
ICT教育(1)
遊び(6)
新しい産業(23)
暗唱(121)
生き方(41)
息抜き(19)
いじめ(1)
インターネット(25)
英語教育(10)
オープン教育(24)
親子作文コース(9)
オンエア講座(41)
音声入力(10)
音読(22)
オンライン作文(2)
外国人と日本語(4)
科学(5)
学問コース(1)
学力テスト(2)
合宿(14)
家庭学習(92)
家庭で教える作文(55)
漢字(17)
帰国子女(12)
教育技術(5)
教育論文化論(255)
教室の話題(26)
行事と文化(1)
ゲーム的教育(4)
合格情報(27)
高校入試作文小論文(10)
構成図(25)
公立中高一貫校(63)
国語問題(15)
国語力読解力(155)
子育て(117)
言の葉クラブ(2)
言葉の森サイト(41)
言葉の森の特徴(83)
言葉の森のビジョン(51)
子供たちの作文(59)
作文教育(134)
作文検定試験(4)
作文の書き方(108)
算数・数学(22)
自習検定試験(10)
自習表(5)
自然災害(1)
実行課題(9)
質問と意見(39)
受験作文小論文(89)
小学校低学年(79)
森林プロジェクト(50)
政治経済(63)
生徒父母向け記事(61)
生徒父母連絡(78)
全教科指導(2)
センター試験(7)
創造力(9)
大学入試(14)
対話(45)
他の教室との違い(22)
知のパラダイム(15)
中学生の勉强(21)
中高一貫校(11)
寺子屋オンライン(101)
読書(95)
読書感想文(19)
読書実験クラブ(9)
友達サイト(7)
日本(39)
日本語脳(15)
発達障害(1)
発表交流会(20)
東日本大震災(15)
facebook(29)
facebookの記事(165)
プログラミング教育(5)
勉強の仕方(119)
未来の教育(31)
MOOC(2)
無の文化(9)
メディア(8)
森の学校オンライン(2)
森リン(103)
問題集読書(33)
読み物(1)
四行詩(13)
未分類(378)

QRコード






 
小学生、中学生、高校生の作文(2007年4月まで)
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。

Donate with IndieSquare