記事 3783番  最新の記事 <前の記事 後の記事> 2020/8/5
勉強の本来の姿は自主学習――家庭で学ぶからこそ能率がよい【動画あり】
森川林 2019/07/10 09:33 

 「見える学力見えない学力」を書いた岸本裕史さんは、家庭塾というものを開いていました。
 これは、勉強の土台は、家庭での学習にあるという考えにもとづくものです。
 同じ考えで行われていたものに、初代総裁を平澤興氏が務めていた全家研の運動があります。

 今は、学習塾の隆盛に押される形で、そういう家庭で自分の計画で行う勉強は少なくなっているのではないかと思います。
 しかし、勉強の本来の姿はこの家庭塾なのです。

 どんなに面白くわかりやすい授業を聞いても、それは、頭の表面を通り過ぎて行くだけです。
 その知識が自分の中に定着し、さらに他の場面にも活かせるようになるためには、その勉強を繰り返し実習するという時間を欠かすことはできません。

 ところが、学習環境が豊かになるにつれて、面白い授業を見るだけの勉強の時間が増え、自分でそれを定着させる時間が減っているという状況があるのです。
 そのために、塾に長時間通うような勉強をしているのになかなか成績が伸びないとか、塾から出される宿題の量が多くて負担だとかいう問題が起きているのです。

 小中学生の勉強は、教科書に準拠した分かりやすい参考書があれば、特にうまく教えてくれる先生がいなくても家庭で十分にやれるものです。
 子供たちが勉強の時間をかけるところは、知識を面白く教えてもらうところではなく、それを定着させるために自分で勉強をするところなのです。

 自主学習クラスでは、教材を決めて子供たちが自分のペースで勉強をしています。
 分からないところは解法を見て自分で理解するか、又は、自分で理解できないときはお母さんやお父さんに聞くかします。
 お母さんやお父さんも教えにくい問題のときは先生に聞きますが、ほとんどの勉強は子供が自分で答えを読んで理解できるものですから、人に教えてもらう時間は自然に少なくなります。

 わからないところだけ人に聞く勉強なので、最初から最後まで人に教わる勉強よりも、ずっと能率がよい勉強になるのです。

 この自主学習クラスのような勉強が、これまでなぜなかったかというと、オンラインで子供たちが集まって一緒に勉強するという仕組みがなかったからです。

 言葉の森が始めた自主学習クラスは、古き良き家庭学習の伝統を、オンラインの技術で新しく作り直したものです。
 また、単に古いものを新しい技術で復活させただけではなく、教育の目的も新しい理念に基づいて作り上げています。

 それは、単に与えられた知識を詰め込むだけではなく(詰め込みの勉強ももちろん必要なことはありますが)、自分の個性を発見し、その個性を生かし、考える力を伸ばし、創造する力を育てるという教育の理念です。

 この自主学習クラスを、作文クラス、発表学習クラスと同じようにこれから広げていきたいと思っています。
 そして、この自主学習クラスの講師を担う人は、森林プロジェクトで作文講師資格を取得した全国の志ある仲間たちなのです。

▽自主学習クラスの授業から(最後のまとめの部分)
https://youtu.be/GQ4Ei_hUayE

 自主学習クラスの勉強の時間のほとんどは、自分で行う実習の時間と、先生と生徒が個別に話す時間です。
 しかし、授業の最初と最後は、短時間の交流の場として、みんなで話をする時間をとっています。
小学456年生の勉強と生活の本
おすすめ→ 小学456年生の勉強と生活の本
小4・小5・小6の勉強の仕方、生活の仕方をくわしく解説。
小学生におすすめの本を、「物語」「説明文」に分けて紹介。
 

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
自主学習クラス(0) 

コメント欄

森川林 2019年7月10日 10時43分  
 勉強は、本来自分でやるものですが、子供たちには年齢に応じた特性というものがあります。
 それは、小学1、2年生のころはお母さんと一緒に勉強したいということで、小学校中高学年から中学生にかけては友達と一緒に勉強したいということです。(高校生になると、ひとりで勉強するようになりますが)
 だから、先生と一対一の個別指導ではなく、また能率の悪い一斉指導でもなく、少人数の自主学習が適しているのです。


nane 2019年7月10日 10時43分  
 自主学習の生徒で、前からやっている人は、カメラを机上に向けています。
 すると、どんなことをやっているかわかるので、ノートのとり方などについてもアドバイスをすることができます。
 小学生の子によくあるのが、行を空けずにびっしり書いていることです。
 また、計算式を縦に並べずに、横に並べていくことです。
 そんな些細なことも、勉強の能率を上げるためには結構重要なのです。


コメントフォーム
勉強の本来の姿は自主学習――家庭で学ぶからこそ能率がよい【動画あり】 森川林 20190710 に対するコメント

▼コメントはどなたでも自由にお書きください。
むめもや (スパム投稿を防ぐために五十音表の「むめもや」の続く1文字を入れてください。)
 ハンドルネーム又はコード:

(za=森友メール用コード
 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。
新着コメント1~3件
夏オン始まる。 nane
 漢字の書き取り練習などは、ひとりでやっ 8/4
夏オン始まる。 森川林
 夏のオンラインスクールの特徴は、たぶん 8/4
夏のオンライン nane
 個人的なことですが、6月からのアトピー 8/2
……次のコメント

オープン教育 1~3件
オープンの川
鳥の村 1~3件
鳥の村
虹の谷 1~3件
虹の谷
過去の記事

過去の1~30件目を表示
■小学校高学年や中学生の生徒が作文の課題をためない方法 7月9日
■問題集読書と読解検定と自主学習クラスで国語力を高める 7月8日
■中学入試ハイパー作文7.3週「日本人や日本について考えたこと」 7月8日
■7.2週の授業の動画を「鳥の村」にアップロードしました 7月7日
■サマーキャンプの読書感想文予習シート 7月7日
■日曜朝9時の作文クラス募集中――寺オン作文クラスの授業の様子【動画】 7月7日
■アクティブラーニングを超える発表学習――個性の発見と創造、そして知的なコミュニケーション 7月5日
■国語の成績を上げるコツ 7月4日
■実力をつけるコツは毎日同じことを同じように続けること 7月3日
■教えない授業で子供が伸びる――自主学習クラスの勉強の仕方 7月3日
■読書感想文の宿題をサマーキャンプで仕上げる 7月2日
■寺子屋オンライン案内を作り直しました――7月からは父母面談や父母懇談会もしやすくなります 7月1日
■国語の成績が悪いだけなら大丈夫 6月30日
■7.1週の授業の動画をアップしました――ハイパー作文コースの7.2週は「意見文」 6月28日
■暗唱は毎日欠かさずやるのが最も続けやすい――できるようにさせて褒めるのが教育、できるようにさせないで叱るのは自分勝手(笑) 6月28日
■【事務連絡】「山のたより」の公中検返却日程のプリントミス 6月27日
■読解検定裏話――7月の読解検定はサマーキャンプでも 6月27日
■【重要連絡】言葉の森の料金システムの変更といろいろな企画のお知らせ 6月26日
■STEM教育の先にあるもの――発表学習クラスの授業から 6月25日
■6月の読解検定終わる――百点は2名 6月23日
■STEM教育の先にあるもの(その1) 6月23日
■言葉の森のオンラインスクール宣言――言葉の森は、作文教室を含めたオンラインスクールとなります 6月22日
■自主学習クラスの4週目の実力試験ほかのお知らせ 6月21日
■言葉の森のオンライン学習の特徴 6月21日
■最初の定期テストで高得点――勉強は自分のペースでやるときに最も能率がよい 6月19日
■四行詩いろいろ 6月18日
■友達と一緒に「自宅」で、勉強、読書、交流ができる、対話のあるオンライスクール 6月17日
■6.4週の授業の動画をアップロードしました 6月16日
■教わらないが、いつでも質問のできる勉強が最も効率がよい 6月14日
■今の作文の勉強の仕方で本当に上達しますか――作文が苦手になる前に早めの対策を 6月13日
……前の30件
RSS
RSSフィード

カテゴリー
全カテゴリー

QRコード


通学できる作文教室
森林プロジェクトの作文教室

リンク集
現在作成中です。
Zoomサインイン
ソースネクスト
FJNBP-1337-6644-8260-5410




 
小学生、中学生、高校生の作文(2007年4月まで)
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。