記事 3926番  最新の記事 <前の記事 後の記事> 2019/12/13
小学生の「工作」の本をSTEM教育のうちのエンジニアリングの基礎として
森川林 2019/11/23 09:11 

 子供は、物を作るのが好きです。
 本当は、大人もそうです。

 その反対に嫌いなのは、物を作らされることです。
 それは、大人も同じです。

 物を作るのが好きなのは、そこに自分らしい工夫と発見と創造があるからです。
 作らされるのが嫌いなのは、その反対だからです。

 普段の勉強では、工夫と発見と創造は必要とされません。
 むしろ、解法を読んで理解することが勉強の基本です。
 答えのある勉強は、それでいいのです。
 教えたやり方で解くというパターンを覚えることももちろん必要だからです。

 しかし、自分らしいやり方で失敗することもそれ以上に必要なのです。

 湯川秀樹氏が、好きだった数学をやめて物理に移ったのは、数学の試験で答えは合っていたものの先生の教えたやり方で問題を解かないために×になったからでした。

 勉強の基本は、読み、書き、考える力をつけることです。
 そして、答えのある世界では、答えにできるだけ早く近づくように先人の解き方のパターンを理解することです。
 しかし、これから必要になる学力は、それらに加えて、自分らしい創造をする力です。
 以上の三つの勉強の分野は、それぞれ、作文読解クラス自主学習クラス創造発表クラスの勉強分野です。

 創造発表クラスでは、従来の勉強ではない、創造的な勉強を中心にしていきます。
 その勉強に向いているのは、小学校の教科で言えば、理科、図工、社会、数学、英語、国語の順です。
 数学や英語や国語でも、創造的な勉強をすることはできますが、教科の体系が確立しているので、なかなか創造的なところまでは行けません。

 理科と図工と社会は、教科の体系よりも、対象となる分野の方がずっと広いので、そこでさまざまな創造が可能になるのです。

 理科実験は、小学校高学年でなければ難しい面もあるので、創造発表クラスでは低学年向けにせいかつ文化の分野を追加しました。
 しかし、子供たちにとっては図工の分野の方がより面白く参加できるので、新たに図工の分野の参考図書を追加します。

 図工は、STEM教育で言えば、サイエンス・テクノロジー・エンジニアリング・マセマティクスのうちのエンジニアリングの教育です。
 物を作るときに必要な能力は、状況に合わせたさまざまな試行錯誤を工夫する力で、それはプログラミングに必要な能力と同じです。

 今はまだプログラミングは、プログラミング言語を学ぶことが大きな目標になっていますが、将来は言語的なことはAIがカバーするようになります。
 すると、プログラミング教育で人間が行うことは何かと言えば、それは工夫し創造することなのです。

 工夫と創造には、ものづくりだけでなく、料理もファッションもあります。
 スポーツも音楽もデザインも、本当の目標は創造です。
 しかし、体系が確立しているものでは、個人の創造する余地はかなり上達してからでなければ出てきません。
 だから、子供時代は身近な工作を通して、その創造の感覚を育てていくといいのです。

【図工の参考図書】
小学生の自由工作バーフェクト高学年編 成美堂出版編集部 成美堂出版



リサイクル・ネイチャー素材で作る 小学生のアイデア工作 改訂版 蓮見 国彦 (監修) 学研プラス



工作図鑑 かざまりんぺい 主婦の友社



前回紹介した理科実験の参考図書
実験おもしろ大百科 科学編集室 学研プラス
でんじろう先生の学校の理科がぐんぐんわかるおもしろ実験 米村 でんじろう 主婦と生活社
理系アタマがぐんぐん育つ科学の実験大図鑑 ロバート・ウィンストン/西川由紀子訳 新星出版社

 参加フォーム/言葉の森企画
理科実験で思考力を育てる――創造と発表の学習
これから大事になる勉強は、自分の興味のあるテーマで自由に研究し実験する、思考力と創造力と発表力を育てる学習です。 言葉の森
 

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
発表学習クラス(0) () 

コメント欄

森川林 2019年11月23日 9時22分  
 これからの子供たちの教育は、従来の枠では収まりません。
 国語・算数・理科・社会・英語の主要五教科ができていればいいというのは、一昔前の話でした。
 新しい教育の分野の一つはSTEM教育です。
 しかし、その先にあるのは創造の教育なのです。

nane 2019年11月23日 9時29分  
 STEM教育にA(アート)を付け足してSTEAM教育という人もいますが、次に来るものはアートではなく心身です。
 これは日本から発信する新しい教育概念になると思います。


コメントフォーム
小学生の「工作」の本をSTEM教育のうちのエンジニアリングの基礎として 森川林 20191123 に対するコメント

▼コメントはどなたでも自由にお書きください。
けこさし (スパム投稿を防ぐために五十音表の「けこさし」の続く1文字を入れてください。)
 ハンドルネーム又はコード:

(za=森友メール用コード
 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。
新着コメント1~3件
勉強の能率を上 nane
 私(森川林)は自分自身はもちろん、うち 12/12
勉強の能率を上 森川林
 「新しいオンライン教育」のシリーズは、 12/12
作文の書き方— 森川林
 ちちきさんお返事遅れて失礼。  こん 12/12
……次のコメント

オープン教育 1~3件
オープンの川
鳥の村 1~3件
鳥の村
虹の谷 1~3件
虹の谷
過去の記事

過去の1~30件目を表示
■本日から読解検定。問題が届いていない人は到着後答えの送信を 11月22日
■自主学習のすすめ 11月21日
■穴埋め式ドリルでは力がつかない 11月20日
■11.4週の資料をアップロードしました 11月19日
■提出率99%の作文通信教育 11月19日
■面白い理科実験とアクティブラーニング 11月18日
■作文は予習によって力がつく 11月16日
■社会人のための文章講座――書くことに自信のある方もない方も自分のペースで学習できる 11月15日
■アクティブ・ラーニングは、点数の評価はしにくいが、人間による評価は自ずからできる 11月14日
■11.3週の授業の資料を資料室に入れました 11月13日
■国語の勉強法がわかる読解検定 11月13日
■理詰めの読解力がつく読解検定――11月の無料キャンペーンは団体受検も受付中(パソコン不要) 11月12日
■アクティブラーニングを超える新しいフラーレン・オンライン教育 11月11日
■11月の無料読解検定は団体受検もできるようにしました 11月8日
■作文読解クラスの体験学習募集――作文は、書く力の前に考える力をつけることが大切 11月8日
■創造発表クラスの体験募集――未来の社会とこれからの教育 11月7日
■11.2週の授業の資料を入れました――小1~中1の授業、プレ受験コース、せいかつ文化コース 11月7日
■11・1週の授業の動画を再度アップロード 11月7日
■自主学習クラスの体験募集――自主学習と先生のチェックが最強の勉強法 11月6日
■なかなか上達しない、そして、モチベーションが低いという相談 11月5日
■11.1週の資料、授業の記録、自主学習クラスの学習記録 11月1日
■読解検定11月も無料キャンペーン実施! 11月1日
■受験作文小論文アドバイス――最後の仕上げの個別指導で合格力アップ 10月29日
■わかりやすく教えてもらうより、自分で考えてわかることで応用力がつく(3) 10月28日
■国語も算数もできない問題ができるようになって初めて力がつく 10月27日
■わかりやすく教えてもらうより、自分で考えてわかることで応用力がつく(2) 10月25日
■創造発表クラスのヒント「意味をこわしてしまった言葉」(毎小から) 10月24日
■海外の生徒向けのFacebookグループ、掲示板のお知らせ 10月24日
■わかりやすく教えてもらうより、自分で考えてわかることで応用力がつく 10月24日
■【合格速報】慶応大学経済学部 10月23日
……前の30件
RSS
RSSフィード

カテゴリー
全カテゴリー

QRコード


通学できる作文教室
森林プロジェクトの作文教室

リンク集
現在作成中です。





 
小学生、中学生、高校生の作文(2007年4月まで)
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。