記事 397番  最新の記事 <前の記事 後の記事> 2020/6/7
男の子と女の子の読解力の差(質問に答えて)
森川林 2009/02/23 05:34 
 一般の印象として、男脳と女脳を分けて考えた場合、男の人は、狩猟時代の昔から、獲物をとるために遠くを見るのが得意だという傾向があったようです。従って、近くのものにはあまり関心がありません。例えば何かを探すときのことを考えてみましょう。身近な例ですが、男の子がたんすの引き出しを開けて、「僕のパンツどこ?」と聞くと、横からお母さんが、「そこにあるじゃない」と男の子の目の前を指さします。男の子は身近にあるものを、見分けることがあまり得意ではないのです。
 このため、身近なところにある微妙な違いに気がつかないのが男の子の特徴です。作文を書いたあと読み返しても誤字を見落としてしまうのが男の子です。男の子は近いところにある微妙な差にはあまり注意が向かないのです。
 これに対して、女の人は、近くの微妙な差がよくわかります。ときに、それは、必要以上にわかるというところがあります。ですから、母親は、子供の欠点に対しても、すぐ目につくので直したがります。男の先生と女の先生とを比べると、男の先生は細かいことにはあまりこだわりません。関心もないし得意でもないからです。女の先生は細かいことにもよく気が付きます。関心があるし得意でもあるからです。
 女の人は、しかし逆に、本質論や「どうあるべきか」ということにはあまり興味がないようです。むしろ、現実的にプラスになるかどうかということの方に関心があるように思います。
 現在の受験勉強では、テストの性格は女の子に有利にできています。目の前にある現象面での違いに気がつく方が、点数が上がるようになっている仕組みの問題が多いからです。しかし、これは女の子の方が男の子よりも頭がよいということではなく、現代のテストは、女の子の方が向ているということです。社会に出れば、男の子女の子はそれぞれの得意の分野を生かして優劣ということではなく、それぞれに活躍していくと思います。
 語彙力についても同じようなことがあります。女性は、表面的なことを長くしゃべることができます。男性は、考えないとしゃべれないという面があります。ですから一般に男の子と女の子が口げんかをした場合、勝つのは大体女の子の方です。
 しかし、男女の差よりも大事なのは、やはり読む力の差で、読む力があればそれぞれの得意を生かして、読解力がついていくと思います。
小学456年生の勉強と生活の本
おすすめ→ 小学456年生の勉強と生活の本
小4・小5・小6の勉強の仕方、生活の仕方をくわしく解説。
小学生におすすめの本を、「物語」「説明文」に分けて紹介。
 

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。


コメント欄

コメントフォーム
男の子と女の子の読解力の差(質問に答えて) 森川林 20090223 に対するコメント

▼コメントはどなたでも自由にお書きください。
ぬねのは (スパム投稿を防ぐために五十音表の「ぬねのは」の続く1文字を入れてください。)
 ハンドルネーム又はコード:

(za=森友メール用コード
 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。
新着コメント1~3件
港南台の通学教 メグ
 昨日、初めてオンラインクラスに参加した 6/4
オンライン教育 森川林
 まえ先生、ありがとうございます。ああい 6/3
オンライン教育 まえ
朝オン、子供たちの力に驚かされることばか 6/2
……次のコメント

オープン教育 1~3件
オープンの川
鳥の村 1~3件
鳥の村
虹の谷 1~3件
虹の谷
過去の記事

過去の1~30件目を表示
■日本の国語教育のつづき 2月22日
■国語の苦手な男の子、国語の得意な女の子(質問に答えて) 2月21日
■作文がうまく書けない理由(質問に答えて) 2月20日
■男の子の作文、女の子の作文(質問に答えて) 2月20日
■小学生の作文を添削する際のチェックポイント(質問に答えて) 2月19日
■作文の苦手な子とは(質問に答えて) 2月18日
■言葉の森の暗唱と他の教室の暗唱との違い(その3) 2月17日
■言葉の森の暗唱と他の教室の暗唱との違い(その2) 2月16日
■言葉の森の暗唱と他の教室の暗唱との違い 2月15日
■作文教育の目指すもの(その3) 2月12日
■作文教育の目指すもの(その2) 2月11日
■作文教育の目指すもの(その1) 2月10日
■国語力読解力をつける作文の新しい勉強法 2月9日
■公立中高一貫校の作文入試対策 2月6日
■高校生の現代文と小論文 2月5日
■学力の基本は、読書対話愛情——勉強の習慣は小学校低学年までにつく 2月4日
■国語力とは何か——学問の母としての国語 2月3日
■帰国子女の入試と作文 2月2日
■中学生は意見を深める時期 2月1日
■12月以降に受講された方に「学習の手引」の追加訂正を送ります 1月31日
■小学5、6年生は考える力のつく時期 1月31日
■小学校3、4年生は、作文を上手に書ける時期 1月30日
■小学2年生は、作文の勉強が軌道に乗る時期 1月28日
■高校生の読解マラソン集を再送 1月28日
■本物の教育(2) 1月27日
■本物の教育 1月27日
■小3の12.4週問1の読解問題の答えは2でした 1月25日
■小学1年生から始める楽しい作文(構成図) 1月24日
■暗唱でなぜ頭がよくなるか 1月23日
■2009年のセンター試験国語の現代文解説 1月22日
……前の30件
RSS
RSSフィード

カテゴリー
全カテゴリー

QRコード


通学できる作文教室
森林プロジェクトの作文教室

リンク集
現在作成中です。
Zoomサインイン
ソースネクスト
FJNBP-1337-6644-8260-5410




 
小学生、中学生、高校生の作文(2007年4月まで)
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。