記事 3988番  最新の記事 <前の記事 後の記事> 2020/2/27
勉強が楽しいものという感覚を持つために
森川林 2020/02/03 20:40 

 日曜日9時の作文読解クラスでは、小学1年生から4年生までの子供たちが、毎回作文の準備をし楽しく発表しています。

 低学年の自由な題名課題が多いせいもあり、一週間の間に行った出来事を写真や動画で発表する人が結構います。

 あるとき、YouTubeの動画で作文の準備をアップロードした子がいて、それを見た他の子供たちも、作文の予習をYouTubeでアップロードしたがるようになりました。

 毎回そういうことを続けるのは大変なときもあると思うので、たまに構想図だけの発表や、場合によっては口頭だけの発表になってもいいと思います。
 しかし、この毎回の子供たちとお母さんの作文の準備の発表は、あとになると必ずいい思い出になります。

 私(森川林)も、子供が保育園に通っていたころ、連絡ノートに毎日、子供に関する笑い話のようなことを書くようにしていました。
 朝の忙しいときですから結構大変でしたが、今になってそのノートを読み返してみると、当時の忙しかった中でも面白かった子供との交流が思い出されてきます。

 現在、小学校低中学年の子のお母さんは、子供の作文の予習の準備や創造発表クラスの発表の準備などで苦労しているだろうと想像できますが、それは何年かたつと、必ず懐かしい思い出になっていると思います。

 親子でそのような関わりが持てる時期は、小学校時代のほんのわずか数年で、子供が大きくなるともうそのような交流はできなくなります。
 だから、しばらくの間の辛抱だと思って、子供と楽しく作文や発表の準備をしていってくださるといいと思います。

 この苦労がどういうところでプラスになるかというと、それはただいい思い出になるというだけではありません。

 子供は、お母さんやお父さんの後ろ姿を見て育ちます。
 お母さんが、毎週と作文や発表の準備で、いろいろな実験や経験を工夫して苦労しながらも楽しんでいる様子を見せると、子供は勉強というものは本来楽しいものだという感覚を持つようになります。
 これが最も重要なことなのです。

 今の子供たちの多くは、勉強は辛くて苦しいもので、面倒だが我慢してやるものだという感覚を持っています。
 そういう子供たちが大きくなり、大学生になり、社会人になると、受験が終わったからもう勉強はしなくて済むというふうな考え方になります。

 勉強は、本当は自分が自由な時間を持てるようになってから、自分から進んで楽しいものとしてやっていくものです。

 この勉強の面白さというものを感じることができるのが、お母さんやお父さんが楽しそうに勉強的なことをしていた後ろ姿なのです。
 参加フォーム/言葉の森企画
国語力がつく読解検定3月
学校、塾、地域の団体受検もできます。 解き方のコツは、「読解・作文力の本」を参考にしてください。 言葉の森
 

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
教室の話題(26) 教育論文化論(255) 

コメント欄

森川林 2020年2月3日 20時44分  
 子供は、お父さんやお母さんの後ろ姿と見て育ちます。
 お母さんが、勉強は楽しいものだという気持ちで取り組んでいれば、子供も自然にそういう気持ちになります。
 お母さんが、苦しいけれど我慢してやるものだと思っていれば、子供も自然にそう思うようになります。
 勉強を一生続けていくためには、この楽しいという感覚が大事なのです。



nane 2020年2月3日 20時47分  
 作文の予習の準備をyoutubeにアップロードしている人がいて、なるほどと思いました。
 創造発表クラスの発表などは、youtubeにアップロードしておくと、田舎のおじいちゃんおばあちゃんも一緒に楽しめると思います。
 勉強の面白さは、いい点を取る面白さももちろんありますが、それよりも本質的なのは発表と交流の面白さなのです。


コメントフォーム
勉強が楽しいものという感覚を持つために 森川林 20200203 に対するコメント

▼コメントはどなたでも自由にお書きください。
あいうえ (スパム投稿を防ぐために五十音表の「あいうえ」の続く1文字を入れてください。)
 ハンドルネーム又はコード:

(za=森友メール用コード
 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。
新着コメント1~3件
「小学校最後の nane
新しい本は、3月6日発売となっていますが 9:46
「小学校最後の 森川林
 小学生の子供たちは、意外と純粋です。 5:57
読解問題の解き nane
 読解問題を解く力の基礎は、文章を読む力 2/26
……次のコメント

オープン教育 1~3件
オープンの川
鳥の村 1~3件
鳥の村
虹の谷 1~3件
虹の谷
過去の記事

過去の1~30件目を表示
■【合格速報】武蔵中学校 2月3日
■武蔵中合格おめでとう! 2月3日
■20倍以上の倍率で作文試験に合格 2月1日
■2.2週の授業の動画をアップロードしました 2月1日
■【2/6追加】自主学習教材の連絡(自主学習クラスの参加者向け) 2月1日
■自主学習という勉強法 1月31日
■言葉の森2~3月の企画――2月に創作発表会、3月に自然寺子屋合宿in横浜 1月27日
■これから作文試験に臨む人に最後の重要なアドバイス 1月27日
■【至急】自主学習クラスの新学年の教材注文受付中 1月26日
■【合格速報】同志社女子中学校 1月24日
■【合格速報】立命館大学理工学部環境都市工学科 1月23日
■【合格速報】沼津市立沼津高等学校・中等部 1月23日
■オンライン作文クラスはなぜ上達が早いか――発表で育つ学力の個性 1月22日
■2.1週の授業の動画 1月21日
■【合格速報】聖母学院中学校 1月21日
■作文を上達させるコツ 1月21日
■1月の読解検定の問題と解答用紙を本日発送しました 1月17日
■1.3週の授業の動画 1月15日
■プログラミング教育の目標は、ウェブ作成とデータベース 1月15日
■【合格速報】聖心女子学院初等科 1月14日
■日本一のオンラインスクールを目指して 1月13日
■低価格で高機能のノートパソコン 1月13日
■1.2週の授業の動画――こまりものの大型ネズミ、ヌートリアって 1月10日
■【合格速報】清泉女学院中学校 1月8日
■未来の社会と仕事を考えた未来の教育 1月8日
■1.1週の授業の動画をアップロードしました 1月4日
■令和二年 新しい年に向けて 1月1日
■これからの勉強はどういうものになるか――教育改革のもっと先の話 12月31日
■小さな一歩が大事 12月28日
■復旧しました(【至急】現在mori7.netが接続できない状態です) 12月27日
……前の30件
RSS
RSSフィード

カテゴリー
全カテゴリー

QRコード


通学できる作文教室
森林プロジェクトの作文教室

リンク集
現在作成中です。





 
小学生、中学生、高校生の作文(2007年4月まで)
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。