記事 4048番  最新の記事 <前の記事 後の記事> 2020/4/7
言葉の森のオンライン学習と、他の通信教育やオンライン教育との違い(1)
森川林 2020/03/13 18:10 

 言葉の森が行っているオンライン教育は、名前はオンライン教育という言葉でよく使われているものと同じですが、内容は全く異なります。

 それは第一に、少人数クラスで、子供たちの自主性、主体性を生かした、子供どうしのコミュニケーションのあるオンライン教育だという点です。

 第二は、少人数で、生徒に対する一人ひとりの個別指導があるという点です。

 第三は、学習の内容が、実力をつける勉強であるとともに、子供たちの創造性を育てる新しい勉強になっているという点です。

 これらの違いは、実際に行われている他の通信教育やオンライン教育と比較してみると分かりやすいと思います。

 現在の通信教育のほとんどは、教材が一方的に送られてくるだけで、家庭でその教材をこなす形になっています。
 これは、家庭学習を自分の意思でできる子供たちにとっては能率のよい方法ですが、自分で計画を立てて強の重点を決めコツコツと家庭学習をやり続けることのできる子はほとんどいません。
 高校生で大学入試を意識して勉強に取り組んでいる生徒か、又は、保護者が毎回子供の勉強をコントロールしている家庭でなければ、教材だけの通信教育は形だけの学習になってしまいます。

 ところが、こういう形だけの通信教育が、かなり多く利用されています。
 その理由は、小学校低中学年の子供たちにとって、作業的な勉強、つまり問題集を解くような形の勉強は、比較的やりやすいからです。
 しかし、このやりやすい勉強というのは、本当に必要な、理解が難しいことは十分に学習できないものです。
 そのかわり、ほとんど必要のない、すでにできていることを作業的に何度も繰り返すような能率の悪い学習になっていることが多いのです。

 保護者は、子供が机に向かって勉強している姿を見ると、その姿だけで満足してしまいがちですが、そこで行われている勉強のほとんどは、すでに分かっていること、又はすぐにわかることで特にしなくてもいいようなことを机に向かって作業的に行っているだけに過ぎないのです。

 もちろん、こういう勉強方法で、小学校低学年のころの学校の成績はある程度維持することができます。
 それはしかし、単純な計算や漢字の書き取りに慣れているというだけのことであって、本質的に学力がついているということではありません。

 小学校低中学年のころに勉強のよくできた生徒が、学年に上がるにつれてだんだんできない問題が出てきて、受験期にはいくら時間をかけても伸び悩むようになるということがよくあります。
 それは、小学校低中学年のころに行なっていた勉強が、時間をかけてはいたものの作業的な勉強であって、本当の意味で子供の実力を育てるものになっていなかったからです。

 小学校低中学年のころの勉強は、高学年になれば低学年のときに費やした時間の数分の1で簡単に身につけることができます。
 だから、通信教育で提供される、子供がひとりで組みやすい教材というのは、子供たちの学力を育てることに関してはかえってマイナスになっているとさえ言えるのです。

 勉強することがなぜマイナスになるかと言うと、あまり意味のない勉強に必要以上の時間を費やすことで、最も大事な読書をしたり親子で対話をしたり自分の好きな遊びに熱中したりという時間が少なくなってしまうからです。

 特に、今の子供たちの生活環境は、インターネット動画や携帯ゲーム機などでいくらでも楽しく時間を潰すことができるようになっています。
 義務的な勉強のあとの時間を、それらのネットやゲームに費やしていれば、読書や対話の時間は少なくなって当然です。

 昔の子供たちは、勉強が終わって特にすることがないときは、本でも読むというような生活をすることができました。
 今の子供たちは、することがなければ、ネットを見るとかゲームをするとかいう非創造的なことをする時間がいくらでもあります。

 通信教育で毎日一定の時間を勉強しているから安心だというような生活では、将来の子供たちの学力は決して保証されません。
 もちろん、そういう作業的な通信教育であっても、毎日の勉強の習慣がつくという利点はあります。
 しかし、それは家庭で毎日、問題集の何ページかをやることを習慣にしていれば、通信教育に頼らなくても十分にできることなのです。

 さて、通信教育のほとんどは、赤ペンの添削というものがあります。
 しかし、この赤ペンの添削を読んで、自分の勉強内容を改善するような子はまずいません。
 赤ペンの添削でわかるような簡単なことは、添削がなくても普段の勉強の中で自然に分かることです。
 また、普段の勉強だけではわからないような理解の難しいことは、赤ペンによる添削ぐらいではわかりません。

 しかも、その赤ペン添削をしている先生は、子供との継続的な繋がりがあるわけではないので、その子がどういう経過で今勉強しているかが把握できません。
 ただ、その子のその時点での問題の答えに○×をつけて添削をしているだけにすぎません。
 だから、詳しい赤ペン添削というものは、ほとんど意味のないものです。
 赤ペン添削は、子供にとっては、先生からのお手紙が返ってきたという程度の意味しかないものなのです。

 このような通信教育でも、保護者との双方向的なコミュニケーションとして、「いつでも電話で相談ができる」ということうたっているものもあります。
 ところが、保護者が子供の勉強についてわざわざ電話で相談するためには、保護者が子供の勉強をそれなりに把握していなければなりません。
 そして、小学校低中学年の子供の勉強をそれなりに把握している保護者であれば、わざわざ質問や相談のための電話をしてくる人はほとんどいません。
 そして、子供の勉強を把握していない人は、そもそも電話で質問をしたり相談をしたりするようなことがありません。
 だから、電話による質問や相談の受付というのは、有名無実なサービスなのです。

 毎回の勉強で、先生の側から話があるとか、話をする機会が自然にあるとかいうような教室でなければ、本当の双方向的なコミュニケーションは成り立ちません。
 通信教育のほとんどは、このように、子供にとってはやりやすいが、力のつかない教材を送ってくるだけのものになっています。

 通信教育の中には、タブレットなど使って子供の勉強を把握し、その子の正誤に合わせた問題を再度表示するような仕組みになっているものもあります。
 これは、今後の学習方法の中心になりますが、この場合でもタブレットの応答に乗りやすいようなものば、普通に紙ベースで勉強すれば分かるものがほとんどです。
 子供にとって本当に必要な、理解の難しいものは、AIによる機械的な対応だけでは不十分なのです。

 通信教育や一般のオンライン教育は、確かに優れた教材や面白い教材が豊富に用意されています。
 しかし、その最も大きな弱点は、学習をしようとする子供たちの意欲に働きかけることがない点です。

 小学生や中学生の子供たちは、勉強そのものが面白いから勉強しているのではありません。
 先生や親に言われたからとか、あるいは子供たちどうしで競争したり協力をしたりすることが楽しいからとかいう理由で、勉強をしています。
 だから、本当の実力のつく勉強というものは、友達どうしの遊び的な感覚や交流があって行う勉強なのです。

 例えば、読書の場合でも、おすすめの本のリストがどれだけ用意されていても、それを自分から進んで読もうとするような子はほとんどいません。
 その反対に、友達が読んですすめてくれたような本は、それがたとえ自分の読み慣れたジャンルでない本であっても、自然に読もうとするようになります。

 つまり、人間は他の人間とのコミュニケーションの中で、学習にしても、遊びにしても、努力をしようという意欲が生まれるものです。
 内容的によいかどうかは、その友達との人間関係によって伝わってくるものなのです。
(つづく)
小学456年生の勉強と生活の本
おすすめ→ 小学456年生の勉強と生活の本
小4・小5・小6の勉強の仕方、生活の仕方をくわしく解説。
小学生におすすめの本を、「物語」「説明文」に分けて紹介。
 

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
言葉の森の特徴(83) 言葉の森のビジョン(51) 

コメント欄

森川林 2020年3月13日 18時48分  
 先日、「友達と一緒に学べるオンライン教育って、どういう意味ですか」と聞かれました。
 今行われているオンライン教育のほとんどは、単なるビデオ授業です。
 授業をビデオに撮って、それをオンラインで流しているだけです。
 だから、「友達と一緒に学べる」ということが実感できなかったのです。
 ビデオ授業でも、最初は、よく作られているので面白く見ていられますが、次第に惰性的になってきます。
 それは、肝心の人間どうしの関わりがないからです。
 勉強の動機というものは、先生や他の友達との関わりの中で生まれてくるからです。


nane 2020年3月13日 18時48分  
 言葉の森のオンライン教育は、対話型オンライン教育です。
 情報が一方的にオンラインで流れてくるのではありません。
 優れた情報だけなら、今はネットにふんだんにあります。
 大事なのは、情報そのものではなく、その情報を個性化するするコミュニティなのです。


コメントフォーム
言葉の森のオンライン学習と、他の通信教育やオンライン教育との違い(1) 森川林 20200313 に対するコメント

▼コメントはどなたでも自由にお書きください。
となにぬ (スパム投稿を防ぐために五十音表の「となにぬ」の続く1文字を入れてください。)
 ハンドルネーム又はコード:

(za=森友メール用コード
 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。
新着コメント1~3件
学校の休校対応 nane
 東京、大阪では、学校の休校が続いていま 4/5
学校の休校対応 森川林
 新型コロナウイルスによる学校休校の影響 4/5
自主学習という nane
 自主学習で先生にとって大事なことは、勉 4/4
……次のコメント

オープン教育 1~3件
オープンの川
鳥の村 1~3件
鳥の村
虹の谷 1~3件
虹の谷
過去の記事

過去の1~30件目を表示
■「朝からオンラインスクール」ボランティア講師無料研修第2弾――3月14日(土)11:15~ 3月12日
■「朝からオンラインスクール」ボランティア講師募集――3月12日無料講師研修 3月11日
■遠くを見る子育て 3月10日
■【合格速報】立正大学文学部哲学科 3月16日
■言葉の森のオンラインスクールに参加しよう――昼食会場(無料)もスタート 3月9日
■3.3週のヒントをアップロードしました 3月9日
■「小学校最後の3年間で本当に教えたいこと、させておきたいこと」3月6日発売! 3月8日
■1日3時間の勉強で990円。オンラインスクールの昼食の時間は参加無料 3月7日
■言葉の森のオンラインスクールが目指すもの 3月6日
■【重要】オンラインスクールの受講を一コマ単位にします 3月5日
■休校対策のオンラインスクールは、少人数クラスで楽しく盛り上がる 3月3日
■【至急】コロナウイルスによる休校対策のオンラインスクール参加受け付けを開始 3月2日
■【至急】「オンラインスクール朝から」は3月3日(火)からスタート 3月2日
■学校休校対策用のオンラインページができました(申し込みフォームは現在作成中) 3月1日
■【至急】学校の休校対策として3月2日~25日、朝からオンラインスクール開始 2月29日
■3月の春合宿は中止、オンライン合宿として再計画中 2月28日
■2月29日(土)10:00~創作発表会を開催します 2月27日
■「小学校最後の3年間で本当に教えたいこと、させておきたいこと」の「はじめに」 2月27日
■読解問題の解き方の例「浦島太郎はなぜ亀を助けたのか」 2月26日
■【合格速報】郁文館高等学校 3月10日
■森オンラインクラス案内を改訂――子供たちが主体的に参加する教室を 2月25日
■3.1週の授業の動画「雑草の枯れ草で納豆を」「海外からの観光客の増加」ほか 2月22日
■【合格速報】兵庫県立芦屋国際中等教育学校 2月20日
■【合格速報】東京都市大学等々力中学校 2月20日
■親子の対話は、作文の勉強の手段というよりもそれ自体が目的 2月19日
■【合格速報】大阪市立水都国際中学校 2月17日
■保護者懇談会2月(新小1~小2)の動画をアップロード 2月16日
■自主学習クラスの教材注文を再開しました 2月16日
■能率のよい国語の学習方法 2月15日
■自主学習の新年度教材の勉強の進め方の動画 2月14日
……前の30件
RSS
RSSフィード

カテゴリー
全カテゴリー

QRコード


通学できる作文教室
森林プロジェクトの作文教室

リンク集
現在作成中です。





 
小学生、中学生、高校生の作文(2007年4月まで)
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。