記事 4164番  最新の記事 <前の記事 後の記事> 2021/3/1
学力の教育とともに創造力と共感力の教育へ――2月からのオンラインクラス
森川林 2021/01/17 16:50 

https://youtu.be/bvdDEHvoITw

 言葉の森のオンライン教育の特徴は、
1.1クラス5人までの少人数の交流
2.生徒一人ひとりへの個別指導
3.自分で考えさせる教育
4.一冊完璧主義
5.解く学習ではなく読む学習
です。

 これによって学力を向上させるとともに、これからの時代に必要な創造力、共感力を育てる教育を行っていきたいと思います。
 それが、創造発表クラス、プログラミングクラス、暗唱クラス、読書クラス、そして合宿教育です。
 参加フォーム/言葉の森企画
国語力がつく読解検定2月
学校、塾、地域の団体受検もできます。 解き方のコツは、「読解・作文力の本」を参考にしてください。 言葉の森
 

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
言葉の森の特徴(83) 言葉の森のビジョン(51) 自主学習クラス(0) 

コメント欄

コメントフォーム
学力の教育とともに創造力と共感力の教育へ――2月からのオンラインクラス 森川林 20210117 に対するコメント

▼コメントはどなたでも自由にお書きください。
ふへほま (スパム投稿を防ぐために五十音表の「ふへほま」の続く1文字を入れてください。)
 ハンドルネーム又はコード:

(za=森友メール用コード
 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。
新着コメント1~3件
【合格速報】宝 四季島
おめでとうございます。 高校での更なる 2/18
自主学習クラス nane
 公中受験作文は、中学生の指導項目で勉強 2/15
自主学習クラス 森川林
 自主学習クラスの公中講座は、新年度から 2/15
……次のコメント

オープン教育 1~3件
オープンの川
鳥の村 1~3件
鳥の村
虹の谷 1~3件
虹の谷
過去の記事

過去の1~30件目を表示
■【合格速報】山梨学院中 1月14日
■自主学習クラスの2021年度の教材は、2月2週2月3週から新しくなります――注文は1月末から 1月10日
■読解検定12月を1月23(土)24日(日)に実施、読解検定1月は2月13(土)14日(日)に 1月2日
■【重要】2021年2月からの受講料改定のお知らせ 1月2日
■新年の挨拶――言葉の森の2021年の方針 1月1日
■【お知らせ】年末年始の予定 12月27日
■総合化の考え方 12月20日
■読書好きな子供の作文 12月17日
■【合格速報】同志社国際高校・英理女子学院 12月15日
■【お知らせ】体験学習の件 12月12日
■【お知らせ】電話の受付時間 12月10日
■【合格速報】法政大学国際高校 12月9日
■小さいころから大切にしているもの 12月8日
■【合格速報】成城大学経済学部  12月7日
■要約は三文抜き書きから 12月5日
■効力感を育てるには 12月4日
■受験作文で知っておいた方がよいこと 12月3日
■作文のマンネリ化? 12月2日
■【合格速報】慶応義塾大学文学部(自己推薦) 11月27日
■【合格速報】東京薬科大学 薬学部 11月11日
■コロナ後に来る新しい社会と新しい産業 10月7日
■マイクロビットでコロコロサイコロを作ろう――次はJavaScriptとPythonも 10月6日
■【合格速報】国際基督教大学 10月5日
■プログラミングは遊びのような勉強 10月2日
■読解検定9月説明会資料 9月26日
■本日9月24日(木)20:15~プログラミング講師研修第2回 9月24日
■受験作文のオープンアドバイス――表現の工夫で実力以上の差 9月24日
■本を読まない子供たち。抜本的な対策は、読書紹介と付箋読書 9月16日
■やる気の出ない中学生に、いかに作文を書かせるか 9月15日
■ポストコロナ時代の生活は、終身雇用、定年なしの仕事で 9月14日
……前の30件
RSS
RSSフィード

カテゴリー
全カテゴリー

QRコード


通学できる作文教室
森林プロジェクトの作文教室

リンク集
現在作成中です。
Zoomサインイン
ソースネクスト
FJNBP-1337-6644-8260-5410




 
小学生、中学生、高校生の作文(2007年4月まで)
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。