読む学習で頭をよくする オレンジを生かした勉強 勉強と気持ちの持ち方 全教科の理解力をつける暗唱(その3) 全教科の理解力をつける暗唱(その2)

記事 424番  最新の記事 <一つ前の記事 一つ後の記事> 2018/4/24 
頭をよくするもの悪くするもの(その1)
森川林 2009/03/19 11:36 
 入試問題の中には、やさしい問題と難しい問題があります。
 易しい問題とは、知識の有無を問うような問題です。ある意味で、条件反射的にこたえられるような問題が易しい問題です。このやさしい問題は、勉強した量に比例して点数がよくなります。例えば、漢字の書き取り、算数数学の計算問題、又は社会科で知識の有無を問うような問題です。
 難しい問題とは、思考力を必要とするものです。これは勉強の量というよりも、勉強の質に比例して点数がよくなります。例えば、国語の長文問題です。しかも、難関校の入試問題は、かなり長い長文が出題される傾向があります。英語も同様です。単語や文法の問題よりも、やはり長文を読み取る力が要求されます。数学も同様です。単純な計算問題ではなく、考える図形問題や考える文章題が思考力を要求される問題です
 国語のかなり長い長文を見たときに、長くて大変だと思う人と、長くても大丈夫だと感じる人がいます。椎名誠は、細かい活字がびっしり詰まった文章を見ると、それだけでワクワクしたと述べていますが、普通の人は、活字がびっしり詰まった文章見ると、それだけで読む気がしなくなります。この活字が詰まった文章でも平気で読めるというのが、国語における思考力を表しています。

 毎日の生活の中で、思考力を育てるものと思考力を育てないものがあります。
 思考力を育てないものは、断片的な知識や条件反射的な思考を必要とするものです。その典型的なものはテレビです。もちろんテレビには、考える内容を報道するものもあります。必要な情報を手に入れるという面もあります。しかし、テレビの多くは思考力を必要としません。なぜなら、テレビでは画像をや音声が助けとなるので、考える力をあまり必要としなくても見ていくことができからです。
 テレビと同じようなものは、ほかにもあります。例えば、漫画、ゲーム、メールなどです。これらに共通しているのは、断片的反射的な人間の能力を必要とするというところです。逆に言うと、そういう能力しか必要としません。
 もちろん、テレビや漫画やゲームやメールがいけないというのではありません。しかし、それらが多すぎると、断片的反射的な環境に人間の能力が適応してしまい、そのことによって思考力が育たなくなるのです。
 思考力を育てないものは、ほかにもあります。実は、読書や勉強の中にもそういうものがあるのです。
(つづく)

(この文章は、構成図をもとに音声入力した原稿をamivoiceでテキスト化したものです)
マインドマップ風構成図
 記事のもととなった構成図です。

(急いで書いたのでうまくありません)

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。


コメント欄

コメントフォーム
頭をよくするもの悪くするもの(その1) 森川林 20090319 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。
やゆよら (スパム投稿を防ぐために五十音表の「やゆよら」の続く1文字を入れてください。)
 ハンドルネーム又はコード:

(za=森友メール用コード
 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。
メルマガの配信
▼バックナンバー
○一般用 ダイジェスト版
○生徒用 完全版

Facebookページ
言葉の森作文ネットワーク
いいね! 17,226件
新着コメント1~10件
コメントは24時間以内に表示
受験作文の解説 nane
 この解説を書くのに平均して1本15分ぐ 4/23
受験作文の解説 森川林
 受験作文の書き方を5分で解説しています 4/23
勉強の基本を押 nane
 大きな山があり、その狭い一本道をみんな 4/22
勉強の基本を押 森川林
 勉強の結果は、外からすぐ見えます。だか 4/22
森林プロジェク nane
 いい世の中を作るのは簡単です。  み 4/21
森林プロジェク 森川林
 今回の記事は、超長期のビジョンです。 4/21
答えを探す勉強 nane
算数や数学の問題を作ってみるとわかります 4/20
答えを探す勉強 森川林
解ける問題を喜んで解く子は、解くことが嬉 4/20
部活のノリで勉 nane
 オンラインの自由な発表を充実させるため 4/19
部活のノリで勉 森川林
 オンラインの少人数クラスの成否は、積極 4/19
……次のコメント

オープン教育 1~10件
オープンの川
過去の記事

過去の1~30件目を表示
■読む学習で頭をよくする 3月18日
■オレンジを生かした勉強 3月17日
■勉強と気持ちの持ち方 3月16日
■全教科の理解力をつける暗唱(その3) 3月14日
■全教科の理解力をつける暗唱(その2) 3月13日
■全教科の理解力をつける暗唱 3月12日
■暗唱は、ふざけて読んでもかまわない 3月11日
■暗唱は早口棒読みでもかまわない 3月11日
■未来の社会と理解力 3月10日
■勉強の習慣をつけるには——暗唱の続け方(その4) 3月9日
■作文用紙のページ 3月9日
■勉強の習慣をつけるには——暗唱の続け方(その3) 3月8日
■勉強の習慣をつけるには——暗唱の続け方(その2) 3月7日
■勉強の習慣をつけるには——暗唱の続け方(その1) 3月6日
■2.4週読解問題は難しくなりました 3月6日
■やりすぎを喜ばずに(その2) 3月5日
■やりすぎを喜ばずに 3月4日
■対話の大切さ(その2) 3月3日
■対話の大切さ 3月2日
■テスト力 3月1日
■大記憶力 2月28日
■記憶力仮説(その2) 2月27日
■記憶力仮説(その1) 2月26日
■PISA型読解力が要求されるようになった背景(質問に答えて) 2月25日
■読解力語彙力の男女別苦手克服法(質問に答えて) 2月24日
■男の子と女の子の読解力の差(質問に答えて) 2月23日
■日本の国語教育のつづき 2月22日
■国語の苦手な男の子、国語の得意な女の子(質問に答えて) 2月21日
■作文がうまく書けない理由(質問に答えて) 2月20日
■男の子の作文、女の子の作文(質問に答えて) 2月20日
……前の30件
HPの記事検索
ホームページの全記事

 言葉の森新聞

Google+ページ
言葉の森作文オンエア

Twitter
言葉の森@kotomori

RSS
RSSリーダー

代表プロフィール
森川林(本名中根克明)

講師ブログ
言葉の森の講師のブログ

算数の通信教育
できた君の算数クラブ

カテゴリー
全カテゴリー
ICT教育(1)
遊び(6)
新しい産業(23)
暗唱(121)
生き方(41)
息抜き(19)
いじめ(1)
インターネット(25)
英語教育(10)
オープン教育(24)
親子作文コース(9)
オンエア講座(41)
音声入力(10)
音読(22)
オンライン作文(2)
外国人と日本語(4)
科学(5)
学問コース(1)
学力テスト(2)
合宿(14)
家庭学習(92)
家庭で教える作文(55)
漢字(17)
帰国子女(12)
教育技術(5)
教育論文化論(255)
教室の話題(26)
行事と文化(1)
ゲーム的教育(4)
合格情報(27)
高校入試作文小論文(10)
構成図(25)
公立中高一貫校(63)
国語問題(15)
国語力読解力(155)
子育て(117)
言の葉クラブ(2)
言葉の森サイト(41)
言葉の森の特徴(83)
言葉の森のビジョン(51)
子供たちの作文(59)
作文教育(134)
作文検定試験(4)
作文の書き方(108)
算数・数学(22)
自習検定試験(10)
自習表(5)
自然災害(1)
実行課題(9)
質問と意見(39)
受験作文小論文(89)
小学校低学年(79)
森林プロジェクト(50)
政治経済(63)
生徒父母向け記事(61)
生徒父母連絡(78)
全教科指導(2)
センター試験(7)
創造が価値の源泉となる社会(9)
大学入試(14)
対話(45)
他の教室との違い(22)
知のパラダイム(15)
中学生の勉强(21)
中高一貫校(11)
寺子屋オンライン(101)
読書(95)
読書感想文(19)
読書実験クラブ(9)
友達サイト(7)
日本(39)
日本語脳(15)
発達障害(1)
東日本大震災(15)
facebook(29)
facebookの記事(165)
プレゼン作文発表会(20)
プログラミング教育(5)
勉強の仕方(119)
未来の教育(31)
MOOC(2)
無の文化(9)
メディア(8)
森の学校オンライン(2)
森リン(103)
問題集読書(33)
読み物(1)
四行詩(13)
未分類(378)

QRコード






 
小学生、中学生、高校生の作文(2007年4月まで)
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。

Donate with IndieSquare