記事 574番  最新の記事 <前の記事 後の記事> 2020/2/23
これからの学力―人格力、創造力、表現力
森川林 2009/08/01 22:18 

 ↑ 夜明け前の東の空

 未来の社会で、これから求められる学力を考えてみました。

 これまでの社会では、限られた入学定員と固定的な社会の階層構造の二つの条件から、知識力を中心とした入学試験が行われていました。その試験に合格すれば、よりよいパスポートが手に入るというような社会の仕組みになっていました。

 しかし、本当は、人間の知識力に点数で差がつくような違いがあること自体がおかしいのです。学校の成績が5段階評価などで分けられるということに、多くの人は慣れて当然のように考えていますが、本来は、ほとんどすべての子供が全教科満点になるような教育をするべきなのです。そして現在、教育技術の発達によって、人間どうしの知識力の差は次第に少なくなっています。やがて、知識の差でテストをするような競争に意味がなくなり、みんながよい成績を取れる社会がやってくるでしょう。

 そして同時に、将来は限られた入学定員ということに意味がなくなるような社会が到来します。それは、インターネットの発達によって、学ぶ場所と時間という制約が大幅に緩和されるからです。そのような時代に、どのような評価が人間に対して行われるのでしょうか。

 これからの知識産業社会の中では、どんな職業でも知識が必要になります。しかし、だからといって、知識が人より多ければ有利になるというわけではありません。それよりも、人格力がその人の評価を決めるというような社会になってきます。人格力とは別の言葉で言えば、勇気や知性や愛や思いやりに溢れた人間であるという力です。そして、これは江戸時代に多くの寺子屋教育によって目指されていた教育の目的でもありました。歴史は一巡して、江戸時代の教育の原点に再び戻るような時代になっているのです。

 しかも、未来の社会では、江戸時代のころの人格力にとどまらない、より豊かな学力を可能にする条件が生まれています。それは、自由な政治体制と、活力ある産業社会の中で、人間が創造力と表現力を発揮して、自分の個性を社会の貢献に結びつけることのできる社会という条件です。

 現在の英語、数学、国語、理科、社会などの教育は未来の社会でももちろん続きます。しかし、それらの学力で試験の点数をつけるというようなことに意味がなくなり、誰でもどの教科にも満点近い成績を取れるような社会がやってきます。そのような時代に必要な本当の学力として、人格力、創造力、表現力を育てていくことを今から考えていく必要があると思います。

(この文章は、構成図をもとにICレコーダーに録音した原稿を音声入力ソフトでテキスト化し編集したものです)
 参加フォーム/言葉の森企画
作文の予習と発表に力を入れたオンライン学習
友達と一緒に作文を書くことで互いの予習が参考になり、読書紹介で読書の幅が広がります。 言葉の森
 

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
子育て(117) 教育論文化論(255) 

コメント欄

コメントフォーム
これからの学力―人格力、創造力、表現力 森川林 20090801 に対するコメント

▼コメントはどなたでも自由にお書きください。
たちつて (スパム投稿を防ぐために五十音表の「たちつて」の続く1文字を入れてください。)
 ハンドルネーム又はコード:

(za=森友メール用コード
 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。
新着コメント1~3件
3.1週の授業 nane
 せいかつ文化コースの動画には、子供のこ 2/22
3.1週の授業 森川林
 「雑草の枯れ草で納豆を作ろう」というの 2/22
読点の打ち方 匿名
このもんだいすき 2/21
……次のコメント

オープン教育 1~3件
オープンの川
鳥の村 1~3件
鳥の村
虹の谷 1~3件
虹の谷
過去の記事

過去の1~30件目を表示
■作文力の土台となる読む力をつけるには 7月31日
■楽しくできる。暗唱の仕方 7月29日
■作文の上達は、読む力を育てることを通して―質問に答えて 7月28日
■作文の成功体験を重ねること―質問に答えて 7月27日
■読書のすすめ―質問に答えて 7月26日
■読書の土台となる楽しい読み聞かせ 7月25日
■ナイフとフォークの教材からお箸の教材へ 7月24日
■父母の声(その3) 7月23日
■父母の声(その2) 7月22日
■保護者からのご意見、ご要望 7月21日
■発表する文化の先にあるもの 7月20日
■中高一貫校の作文入試は、長さと速さと誤字のなさがポイント 7月19日
■作文とは違う読書感想文の勘どころ 7月18日
■父母の声から——授業の振替、作文の上達度、暗唱の自習などについて 7月17日
■作文指導の鉄則 7月16日
■国語の成績を上げるコツを三つ 7月15日
■最も大事な子供時代の教育 7月14日
■家庭でできる勉強の中心は読書と作文 7月13日
■言葉の森の勉強の特徴——言葉の森独自の事前指導 7月12日
■作文力がテストの中心になる時代——増え続ける作文小論文入試 7月11日
■言葉の森の特徴——毎週の電話指導で力がつく 7月10日
■頭のよさは、作文力に表れる 7月9日
■成績をよくする時代は終わり、これからは頭をよくする時代に 7月8日
■「反対意見への理解」に見る日本的な和の意見文 7月7日
■父母の声より(その1) 7月6日
■日本の優れた技術や文化はどうして生まれたか 7月5日
■不況の今こそ言葉の森で作文の勉強を 7月4日
■知性も、代謝による動的な平衡で 7月3日
■フラット化する世界と日本語力 7月2日
■歪みを好む美意識と動作情景の結び 7月1日
……前の30件
RSS
RSSフィード

カテゴリー
全カテゴリー

QRコード


通学できる作文教室
森林プロジェクトの作文教室

リンク集
現在作成中です。





 
小学生、中学生、高校生の作文(2007年4月まで)
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。