構成図がなかなか書けないとき 古い勉強法、新しい勉強法(その4)―競争から心へ 古い勉強法、新しい勉強法(その3)―競争を超えて 古い勉強法、新しい勉強法(その2)―競争ではなく関心を 古い勉強法、新しい勉強法

記事 1038番  最新の記事 <一つ前の記事 一つ後の記事> 2018/12/11 
ゲームに免疫を作る
森川林 2010/10/09 11:28 



 世界に新しい病気が登場すると、免疫がないので、急速に悪化し広範に広がる場合があります。しかし、やがて自然に免疫ができて、同じ病原菌やウィルスに接しても、症状が軽く済みあまり広がらないようになります。これは、人間や生物が自然に備えている力です。

 口蹄疫なども、ほうっておけば自然に収束したと言われています。牛が家畜として飼われるようになる以前にも口蹄疫は何度も発生したはずですが、それで牛が地上から全滅したわけではないからです。その前に、牛を食べるというようなかわいそうなことをやめる方がいいかもしれませんが。とは言っても、先日、私もバーベキューパーティーをしましたが。

 インフルエンザも、人工的なワクチンには、不純物が含まれていたり、免疫が短期間しかもたなかったり、そのわりには高額であったりするなど多くのマイナス面があります。人間が自分の力で自然に獲得した免疫には、副作用もなく、無料で、しかも一生もつという長所があります。

 だから、ワクチンによる免疫の方が有効だと歴史的に確認された、結核、ポリオ、狂犬病のようなもの以外の、最近の鳥インフルエンザや子宮頸がんなどのワクチンについては、できるだけ見合わせた方がいいのです。それは、まだわからない副作用が必ずあるだろうからです。

 さて、目を子供たちをめぐる社会に転じてみると、新しい娯楽が登場すると、急速に広がる場合があります。例えば、テレビ、ゲーム、インターネット、ケータイなどです。病気の場合は、病原菌やウィルスに対する免疫ですが、この場合は娯楽の魅力に対する免疫がないということです。

 この新しく登場した娯楽に対する対策として、禁止ということも考えられます。例えば、現在いろいろな麻薬が禁止されているのは、たとえ麻薬の魅力に対する免疫ができたとしても、そこにいたるまでの害の方が大きいと思われているからです。同じように、子供が小さいときは、テレビやゲームには触れさせないというのもひとつの対策です。

 しかし、いちばんいいのは、免疫を早く作れるようにコントロールしながら接するということです。禁止というのは無理があるので、必ずどこかで破綻します。インターネットのアクセス制限なども、技術的には簡単にできるように見えますが、そのうちに制限するための時間やコストの方が大きくなって結局徹底できなくなります。

 といっても、すぐにそううまくコントロールできるようになるわけではありません。大人でも、つい食べすぎたり、飲みすぎたり、娯楽にこりすぎたり、誘惑に負けたりして、自分の弱さに後悔するというのは年中あることです。私もです(笑)。まして、子供はそうです。

 しかし、そういう後悔を経て、人間は初めて少しずつ自分の弱さをコントロールできるようになります。それが精神の免疫です。

 ここで大事なことは三つあります。

 第一は、ルールを決めることです。時間や場所という外的な条件を決めることによって、コントロールしやすくするということです。

 第二は、そのルールで決めた範囲では、心から楽しむようにすることです。しぶしぶ認めたり、遠慮しながらやらせたりするのではなく、心から満足できるように取り組ませるということです。

 第三は、よりよい人生を送るという観点から、折に触れて日常生活をふりかえることです。それは、子供と人生について話をすることです。しかし、それは親が子供に言い聞かせるようなものではなく、子供としみじみ、しかし明るく語り合うという感じのものです。人間の精神に免疫を作るには、この真摯(しんし)に話し合うということがいちばん大事なことのように思います。


●言葉の森 受講案内 ●森林プロジェクト 講師育成講座

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
子育て(117) 

コメント欄

コメントフォーム
ゲームに免疫を作る 森川林 20101009 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。
ちつてと (スパム投稿を防ぐために五十音表の「ちつてと」の続く1文字を入れてください。)
 ハンドルネーム又はコード:

(za=森友メール用コード
 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。
メルマガの配信
▼バックナンバー
○一般用 ダイジェスト版
○生徒用 完全版

Facebookページ
言葉の森作文ネットワーク
いいね! 17,226件
新着コメント1~3件
学力の二つの道 nane
 面白い作文を書ける子が、意外と勉強が嫌 12/9
学力の二つの道 森川林
 面白さとまともさは、相反する面がありま 12/9
災難に逢う時節 森川林
 山中鹿之介は、「我に艱難辛苦を与え賜え 12/6
……次のコメント

オープン教育 1~10件
オープンの川
過去の記事

過去の1~30件目を表示
■構成図がなかなか書けないとき 10月8日
■古い勉強法、新しい勉強法(その4)―競争から心へ 10月7日
■古い勉強法、新しい勉強法(その3)―競争を超えて 10月6日
■古い勉強法、新しい勉強法(その2)―競争ではなく関心を 10月5日
■古い勉強法、新しい勉強法 10月4日
■パラレル思考を育てる方法(その2)―パラレル作文 10月3日
■パラレル思考を育てる方法(その1)―パラレル読書 10月2日
■教育における優しい愛し方 10月1日
■日本と中国は争わない道を選べ 9月30日
■本当の豊かさのための教育 9月29日
■農業革命、産業革命、教育革命 9月28日
■教育における父親の役割は、厳しく明るく叱ること 9月27日
■日本語脳を勉強に生かす 9月26日
■中国から離れ、日本の文化創造に目を向けよう 9月25日
■日本語脳と暗唱の仮説 9月22日
■6-8歳で形成される日本語脳 9月21日
■言葉の森の受験作文指導(その2) 9月18日
■作文教室「言葉の森」の受験作文指導 9月17日
■国語力の不思議(その2) 9月15日
■国語力の不思議(その1) 9月13日
■7月の森リン大賞(中3の部) 9月11日
■7月清書の森リン大賞(中2の部) 9月10日
■言葉の森のビジョン(その4) 9月9日
■9月9日(木)8時52分ごろ作文のファクスを送ってくださった方 9月9日
■言葉の森のビジョン(その3) 9月8日
■言葉の森のビジョン(その2) 9月7日
■言葉の森のビジョン(その1) 9月6日
■「より豊かに」から「よりよく」という生き方 9月2日
■7月の森リン大賞(中1の部) 9月1日
■受験作文は、練習しないと書けないか 8月31日
……前の30件
HPの記事検索
ホームページの全記事

 言葉の森新聞

Google+ページ
言葉の森作文オンエア

Twitter
言葉の森@kotomori

RSS
RSSリーダー

代表プロフィール
森川林(本名中根克明)

講師ブログ
言葉の森の講師のブログ

算数の通信教育
できた君の算数クラブ

カテゴリー
全カテゴリー
ICT教育(1)
遊び(6)
新しい産業(23)
暗唱(121)
生き方(41)
息抜き(19)
いじめ(1)
インターネット(25)
英語教育(10)
オープン教育(24)
親子作文コース(9)
オンエア講座(41)
音声入力(10)
音読(22)
オンライン作文(2)
外国人と日本語(4)
科学(5)
学問コース(1)
学力テスト(2)
合宿(14)
家庭学習(92)
家庭で教える作文(55)
漢字(17)
帰国子女(12)
教育技術(5)
教育論文化論(255)
教室の話題(26)
行事と文化(1)
ゲーム的教育(4)
合格情報(27)
高校入試作文小論文(10)
構成図(25)
公立中高一貫校(63)
国語問題(15)
国語力読解力(155)
子育て(117)
言の葉クラブ(2)
言葉の森サイト(41)
言葉の森の特徴(83)
言葉の森のビジョン(51)
子供たちの作文(59)
作文教育(134)
作文検定試験(4)
作文の書き方(108)
算数・数学(22)
自習検定試験(10)
自習表(5)
自然災害(1)
実行課題(9)
質問と意見(39)
受験作文小論文(89)
小学校低学年(79)
森林プロジェクト(50)
政治経済(63)
生徒父母向け記事(61)
生徒父母連絡(78)
全教科指導(2)
センター試験(7)
創造力(9)
大学入試(14)
対話(45)
他の教室との違い(22)
知のパラダイム(15)
中学生の勉强(21)
中高一貫校(11)
寺子屋オンライン(101)
読書(95)
読書感想文(19)
読書実験クラブ(9)
友達サイト(7)
日本(39)
日本語脳(15)
発達障害(1)
発表交流会(20)
東日本大震災(15)
facebook(29)
facebookの記事(165)
プログラミング教育(5)
勉強の仕方(119)
未来の教育(31)
MOOC(2)
無の文化(9)
メディア(8)
森の学校オンライン(2)
森リン(103)
問題集読書(33)
読み物(1)
四行詩(13)
未分類(378)

QRコード






 
小学生、中学生、高校生の作文(2007年4月まで)
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。

Donate with IndieSquare