記事 1099番  最新の記事 <前の記事 後の記事> 2020/2/28
絶対語感の世界
森川林 2010/12/14 04:49 


 子供が3、4歳の小さいころは、よく親に同じ本の読み聞かせをねだることがあります。飽きずに同じ本や同じ話を何度も聞きたがるのです。

 大人は理解の世界に生きているので、同じ本を読むよりも別の新しい本を読んだ方が意味があるように思いがちです。しかし、同じものを繰り返すというのは、実は大人の理解の世界を超えた何かがあるのです。

 その何かとは、知的な理解ではなく、感覚的な一体化です。

 子供に限らず大人になってからでも、例えばいい音楽を聴いたときはそれを何度も繰り返し聴きたいと思います。1回聴いたからそれでいいとは思いません。何度も同じ音楽を聴いて味わいます。それは、その音楽が、理解の対象ではなく、一体化の対象となっているからです。

 この一体化の感覚を身につける能力が最も成長するのが、3歳から5歳ごろです。

 0歳から2歳のころは、まだ生きることに精一杯の時期です。3歳から5歳は、生き延びることが一段落して、自分が何になるかを決める時期です。この時期に、人間は、狼になるか人間になるかに分かれます。

 この時期に繰り返し与えられた経験が、その子の絶対的な感覚を形成します。つまり、世界の座標軸を作る時期が、この3歳から5歳にかけてなのです。

 3歳から5歳は、知的に何かを身につける時期ではなく、感覚的に身につける時期です。このころ知的に学んだことは、そのときは身についたように見えても、年齢が上がると消えてしまいます。例えば、6歳以前に海外に行き外国語を自由に聞いたり話したりできるようになっても、6歳以降に日本に戻ると忘れてしまうのはこのためです。

 一方、絶対音感は、6歳以前に身につくと言われています。この時期は、音の世界が自分の外にある世界として認識されるのでなく、自分の身体の一部として感覚的に受け取られる時期です。しかし、それはただいろいろな音を聴くからではなく、一定の流れの音、つまりある音楽を繰り返し聴くからです。繰り返された世界が身体化するのです。

 絶対語感というのも、やはりこの3歳から5歳の時期に身につきます。絶対語感というのは、言葉を知的に理解する能力ではなく、言葉を自分の身体のひとつとして感じる感覚です。
 参加フォーム/言葉の森企画
国語力がつく読解検定3月
学校、塾、地域の団体受検もできます。 解き方のコツは、「読解・作文力の本」を参考にしてください。 言葉の森
 

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
日本語脳(15) 

コメント欄

そういえば 2010年12月18日 7時29分  
 我が家の2人の子供たちも、3~5歳の頃、同じ本の読み聞かせを繰り返しねだりました。 就寝前、5~6冊読んであげていましたが、読んでいるうちにこちらが眠くなってしまったりして・・・。最後に読んだ『ロボットカミイ』など、長めの絵本を「もう一回!」などとせがまれたときは、睡魔との闘いでした。
 高校生と小学生になった子供たちは、今も読書が好きですが、2人の本の好み、国語の基礎力の違いに、あの頃の読み聞かせの内容が影響しているのだと思うと、納得できるものがあります。もっと早く知っていたら!!!ちょっぴり残念ですが、3~5歳のお子さんのいる友人たちにこの記事をお見せようと思います。

森川林 2010年12月18日 8時26分  
 コメントありがとうございます。
 小さい子供が、なぜあんなに同じ本を何度も繰り返して読みたがり聞きたがるのか、昔は不思議に思っていました。しかし、それは大人が普通に読むような理解のための読み方ではなく、言葉を身体化するための読み方聞き方だったのではないかと今は思うようになりました。
 と考えると、国語の勉強は生活の中で3~5歳に始まっているのだと思います。今度、通学教室でそういう勉強を始めたいと思っています。

コメントフォーム
絶対語感の世界 森川林 20101214 に対するコメント

▼コメントはどなたでも自由にお書きください。
ひふへほ (スパム投稿を防ぐために五十音表の「ひふへほ」の続く1文字を入れてください。)
 ハンドルネーム又はコード:

(za=森友メール用コード
 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。
新着コメント1~3件
3月の春合宿は nane
新しい企画としてオンライン合宿を行います 14:38
3月の春合宿は 森川林
コロナウイルス対策として、3月の春合宿は 14:36
「小学校最後の nane
新しい本は、3月6日発売となっていますが 2/27
……次のコメント

オープン教育 1~3件
オープンの川
鳥の村 1~3件
鳥の村
虹の谷 1~3件
虹の谷
過去の記事

過去の1~30件目を表示
■独学のすすめ 12月12日
■どうしたら本を読むようになるか 12月11日
■暗唱の自習から1年 12月10日
■表現力の基礎となる読解力を高めるための自習 12月9日
■作文試験の採点に、構成作文と森リンを生かす 12月8日
■意見文の書き方 12月7日
■読解力の本質とは何か(その4) 12月6日
■読解力の本質とは何か(その3) 12月4日
■読解力の本質とは何か(その2) 12月3日
■読解力の本質とは何か(その1) 12月2日
■受験コースの作文でスピードアップを図るには 11月30日
■森リンによって評価される作文のうまさとは(その4) 11月28日
■森リンによって評価される作文のうまさとは(その3) 11月26日
■森リンによって評価される作文のうまさとは(その2) 11月25日
■森リンによって評価される作文のうまさとは 11月24日
■新聞を読む学習法(その2) 11月23日
■新聞を読む学習法 11月22日
■「期末テストで国語がクラスで1番に」――問題文の読み方 11月20日
■国語の勉強と算数の勉強の意義 11月19日
■作文が苦手な子の自宅学習(その2) 11月18日
■作文が苦手な子の自宅学習 11月17日
■はやぶさ、おめでとう! 11月16日
■難しいことを少しさせるよりも基本をたっぷりさせること 11月16日
■子供に言うことを聞かせるには(その2) 11月15日
■子供に言うことを聞かせるには 11月13日
■作文小論文試験の受験の心構え(言葉の森新聞の記事より) 11月12日
■他人任せの教育から自分で学ぶ教育へ 11月11日
■サーバーが復旧しました 11月11日
■一部のページが停止中 11月11日
■実力をつけるためのわかりやすい自習(その5)―問題集読書と四行詩 11月10日
……前の30件
RSS
RSSフィード

カテゴリー
全カテゴリー

QRコード


通学できる作文教室
森林プロジェクトの作文教室

リンク集
現在作成中です。





 
小学生、中学生、高校生の作文(2007年4月まで)
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。