記事 1160番  最新の記事 <前の記事 後の記事> 2020/8/4
言葉の森のホームページ―SEOからSGOへ
森川林 2011/02/04 14:53 


 2月3日(木)、東京でセミナーがあったので、片道1時間、手持ちぶさたにならないように本を2冊持っていきました。

 行きは、吉田松陰の「留魂録(りゅうこんろく)」を、帰りは、「下流社会」(松田展著)を読んできました。

 電車の中では付箋読書はしにくいので(するときもありますが)、シャーペンで線を引きながら読んでいます。あとで、この線を引いた箇所だけ読み返せば、2回読んだのと同じです。読んだ本の定着度が、かなり違ってきます。



 さて、東京でのセミナーの内容は、「Web戦略をどう進めるか」というような内容のものでした(本当のタイトルは、少し違いますが)。2005年ごろのWeb状況と今の状況は、大きく変わっているという話を聞いてきました。例えば、今、習い事を探すのに「ケイコとマナブ」を見るような人はいず、すべてインターネットになっているというようなことでした。

 言葉の森のWeb開始は、1996年ですから、インターネットの本当の黎明期です。当時は、Yahoo!の学習塾というカテゴリーに、数えるほどのサイトしかありませんでした。言葉の森のサイト開設は、たぶん学習塾のようなところではいちばん早かったぐらいだと思います。

 Webを動的なページにするために、PHPとMySQLで全ページを作り直したのも、言葉の森が最も早く、コンピュータの専門の業界の人から、「今度うちの会社もウェブデータベースを入れようと思うのですが、言葉の森は、なぜMySQLにしたのですか」という質問があったほどです。(当時、MySQLは少数派でしたから)

 その後、プログラミングを独学で勉強し、調子に乗って作文の自動採点ソフトを作り、やがてソフトの特許も取得しました。また、言葉の森のホームページをブログ仕様にしたのも、まだブログが普及していなかったころです。

 しかし、そのように先進的に取り組んでいたインターネットにも、だんだん飽きてきて(笑)、今いちばん関心を持っているのは、人間の知的能力の開発についてです。そのため、インターネットの開発の方は、あまり手をかけなくなりました。その結果、現在の言葉の森のサイトは、ごちゃごちゃしてかなり見にくく、動作も不十分なものが多くなっています。いずれ時間をとって、もっとすっきりしたものにする予定です。(^^ゞ



 東京のセミナーで聞いたことは、「これからは、SEOではなくSGOだ」ということでした。(SEO=サーチ・エンジン・オプティマイゼーション。SGO=ソーシャル・グラフ・オプティマイゼーション。グラフとは、人間どうしの関係の図のようなもの)

 これは、私もかなり前から思っていたことで、これからは宣伝のよしあしよりも、やはり本物が生き残るというという社会になっていくのだと思いました。

 しかし、ソーシャル・グラフというと、人間どうしのコミュニケーションの得意な人が活躍しそうな気がしますが、そういう状態は初期のうちだけです。

 人間が他の人間になぜ関心を持つかというと、その相手がおもしろいことを言うからです。おもしろいことというのは、独創性や創造性のあることです。その独創性や創造性が基本にあって、そのあとそれを補強するものとして、コミュニケーションのリテラシーがあるということです。

 作文も同じです。表現力というのは確かに大事ですが、それはあくまでも表現する当の内容の価値を伝える手段であって、表現力そのものが価値あるものなのではありません。

 というようなことをふと考えました。(つづく。次回は「留魂録」と「下流社会」について)
小学456年生の勉強と生活の本
おすすめ→ 小学456年生の勉強と生活の本
小4・小5・小6の勉強の仕方、生活の仕方をくわしく解説。
小学生におすすめの本を、「物語」「説明文」に分けて紹介。
 

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
言葉の森サイト(41) 

コメント欄

コメントフォーム
言葉の森のホームページ―SEOからSGOへ 森川林 20110204 に対するコメント

▼コメントはどなたでも自由にお書きください。
すせそた (スパム投稿を防ぐために五十音表の「すせそた」の続く1文字を入れてください。)
 ハンドルネーム又はコード:

(za=森友メール用コード
 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。
新着コメント1~3件
夏オン始まる。 nane
 漢字の書き取り練習などは、ひとりでやっ 6:23
夏オン始まる。 森川林
 夏のオンラインスクールの特徴は、たぶん 6:14
夏のオンライン nane
 個人的なことですが、6月からのアトピー 8/2
……次のコメント

オープン教育 1~3件
オープンの川
鳥の村 1~3件
鳥の村
虹の谷 1~3件
虹の谷
過去の記事

過去の1~30件目を表示
■小学生から高校生までの一貫指導―言葉の森と他の教室との違い(その5) 2月3日
■小論文は予備知識がなくても書ける―国立大学後期入試 2月3日
■暗唱と問題集読書―言葉の森と他の教室との違い(その4) 2月2日
■独自のノウハウ―言葉の森と他の作文教室との違い(その3) 2月2日
■作文だけの専門指導―言葉の森と他の作文教室との違い(その2) 2月1日
■伝統、担任制、ふりかえ授業―言葉の森と他の作文教室との違い(その1) 2月1日
■作文試験物語(その2)―小1から言葉の森で勉強していたA君が高校入試の作文試験に臨む 1月31日
■作文試験物語(その1)―小1から言葉の森で勉強していたA君が高校入試の作文試験に臨む 1月30日
■作文の勉強がなぜ大切か 1月29日
■暗唱は動きながらの方が頭によく入る 1月28日
■書く力のある子、読む力のある子 1月28日
■読書で国語力をつける―大事な読み聞かせ 1月27日
■添削された作文を暗唱するシュリーマンの作文勉強法 1月27日
■思いやりと共感の社会―知のパラダイム(その9) 1月27日
■小5の1.4週の8番の読解問題を訂正 1月27日
■小学校1年生から始めて受験の作文につながる勉強 1月27日
■小学生の書き出しの工夫がワンパターンに感じられるときの対応 1月26日
■日本が平和な世界のリーダーとなることが求められている―知のパラダイム(その9) 1月26日
■受験作文小論文の最後の追い込みの勉強法 1月25日
■平和な日本の文化が、武力と策略の文化を包み込むためには―知のパラダイム(その8) 1月25日
■読み書きによって発達する脳力と脳の可塑性 1月24日
■日本の文化における勇気、知性、愛、創造―知のパラダイム(その7) 1月24日
■12月の森リン大賞(中2・中3の部) 1月23日
■少し汚れを残しておく掃除、山頂をめざさない山登り―知のパラダイム(その6) 1月22日
■12月の森リン大賞(小6・中1の部) 1月22日
■笠地蔵の文化―知のパラダイム(その5) 1月21日
■小1から始める作文の勉強が学力を育てる 1月21日
■問題集読書で力のつく子つかない子 1月20日
■中学入試、高校入試の志望理由書の書き方 1月20日
■本物の国語の力をつける言葉の森の勉強 1月19日
……前の30件
RSS
RSSフィード

カテゴリー
全カテゴリー

QRコード


通学できる作文教室
森林プロジェクトの作文教室

リンク集
現在作成中です。
Zoomサインイン
ソースネクスト
FJNBP-1337-6644-8260-5410




 
小学生、中学生、高校生の作文(2007年4月まで)
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。