記事 1219番  最新の記事 <前の記事 後の記事> 2020/8/14
放射能汚染対策に本当の科学の力を
森川林 2011/03/29 18:55 


 今いちばん大事なことは、人間がもともと制御できない性質を持つ原発を日本全国からすべて廃棄することです。しかも、それは次の地震や次のテロが来る前に早急に行う必要があります。

 それができてこそ政治です。また、そういう報道ができてこそマスコミです。言い換えれば、それができなければ、政治もマスコミも、結局、原子力利権と結びついたひもつきの存在でしかなかったということです。

 しかし、今回は、その話よりも、当面放射性物質に汚染されつつある日本列島をどうするかということを提案したいと思います。



 放射性物質の除去がなぜ困難かというと、その多くが自然界に存在しないか存在しにくい物質によって作られているからです。これまで自然界に存在しなかったものを人間が人工的に作り出したので、それを自然に分解するような仕組みがまだ自然の側にできていないのです。これは、プラスチックが長期間分解されずに、環境ホルモンとして蓄積されていることと同じ原理です。

 しかし、自然界になかったといっても、その物質もやはりより大きな自然の力によって作られたものですから、必ずその物質に対して何らかの働きかけをする他の自然の力が生まれてきます。既に、プラスチックを分解する微生物が発見されています。同じように、放射性物質を分解する自然の仕組みも必ず萌芽的な形で自然の中に埋もれているはずです。

 具体的には、放射性物質を分解し無毒化する微生物か、放射性物質を選択的に吸着する植物です。植物の方が、微生物よりも発見しやすいと思います。

 今後、日本の科学技術を総動員して、この抗放射性植物や抗放射性微生物を発見し、更にその品種改良を行う必要があります。

 研究の方向は明確です。日本国民を放射能汚染から救うために、今こそ自分の持っている知識を総動員して、放射性物質に対抗できる自然の力を発見することに全力をあげていただきたいと思います。また、政治とマスコミは、科学のこういう方向をしっかりと支持していただきたいと思います。

 そういう植物、又は微生物、又はその他の自然の力は、必ず見つかります。

 日本国民の前には、今大きな困難が立ちはだかっていますが、それらの困難はすべて、私たちの勇気と知性と愛を試すだけのものでしかありません。どのような困難にも負けずに、自分たちの手で明るい未来を作っていきましょう。
小学456年生の勉強と生活の本
おすすめ→ 小学456年生の勉強と生活の本
小4・小5・小6の勉強の仕方、生活の仕方をくわしく解説。
小学生におすすめの本を、「物語」「説明文」に分けて紹介。
 

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
日本(39) 東日本大震災(15) 

コメント欄

コメントフォーム
放射能汚染対策に本当の科学の力を 森川林 20110329 に対するコメント

▼コメントはどなたでも自由にお書きください。
ねのはひ (スパム投稿を防ぐために五十音表の「ねのはひ」の続く1文字を入れてください。)
 ハンドルネーム又はコード:

(za=森友メール用コード
 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。
新着コメント1~3件
ポストコロナ時 nane
 夏オンの今回の算数小6は難しい問題集に 8/11
ポストコロナ時 森川林
勉強は、同じぐらいの学力の子と一緒にやっ 8/11
「考える社会」 森川林
これから定期的にyoutubeに動画をア 8/10
……次のコメント

オープン教育 1~3件
オープンの川
鳥の村 1~3件
鳥の村
虹の谷 1~3件
虹の谷
過去の記事

過去の1~30件目を表示
■作文力は、大学入試でも、大学に入ってからも役立つ 3月29日
■【重要】東日本大震災の被災地への新学期教材発送について(生徒父母向け連絡) 3月28日
■政治の力で日本全国の原発を廃棄しよう 3月28日
■作文を中心とした知的な創造社会 (日本の新しい産業 その八) 3月27日
■創造産業の重点は言語的、知性的なものに (日本の新しい産業 その7) 3月26日
■創造産業のさまざまな形 (日本の新しい産業 その6) 3月26日
■創造産業の広がり方 (日本の新しい産業 その5) 3月25日
■創造産業の前提としての日本の国防 (日本の新しい産業 その4) 3月25日
■人間の持つ創造性の土台としての不完全性 (日本の新しい産業 その3) 3月24日
■日本の未来は創造産業にある (日本の新しい産業 その2) 3月23日
■日本の新しい産業(その1) 3月22日
■今回の地震原発事故で得たもの 3月20日
■国民の英知を結集した情報交換を(日本の復活に向けて(その2)) 3月19日
■連休中の雨に備えて、福島原発周辺の下水管の閉鎖を 3月19日
■日本の復活に向けて(その1) 3月19日
■本当のところはまだ何もわかっていない(緊急提案の説明) 3月18日
■東日本を放棄し、これ以上の犠牲を出さず、天皇陛下を中心に、全国民の力で日本を再建しよう 3月18日
■日本の真の独立国家としての再生を 3月17日
■大きく土のうで囲み水没させて湖に沈める 3月17日
■原発に川を引き込むか、原発を海に引き込むか 3月16日
■美しい日本列島よ、永遠に 3月15日
■今回の地震災害に対応した当面の電話指導について(生徒父母連絡) 3月14日
■福島原発、勇気ある撤退を。原発に依存しないエネルギー政策を日本の総意に 3月13日
■日本が目指す新しい産業。その前提としての国語力 3月11日
■作文をきっかけとした対話によって伸びる子供の思考力 3月10日
■作文の勉強を家族の対話に生かす。--点数の勉強から対話の勉強へ 3月9日
■新学期の教材から縦書き中心に。今後手書きの活用も 3月8日
■読書の習慣をつけるには。課題作文が負担。暗唱を黙読で覚えるが。(父母アンケートより) 3月7日
■自習は、「自立する勉強」と発想を変える(その2)(生徒父母向け記事) 3月6日
■自習は、「自立する勉強」と発想を変える(その1)(生徒父母向け記事) 3月5日
……前の30件
RSS
RSSフィード

カテゴリー
全カテゴリー

QRコード


通学できる作文教室
森林プロジェクトの作文教室

リンク集
現在作成中です。
Zoomサインイン
ソースネクスト
FJNBP-1337-6644-8260-5410




 
小学生、中学生、高校生の作文(2007年4月まで)
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。