「大学生生活」グループ(facebookページより) 今日は、七夕 「漢字」グループ(facebookページより) 底辺を広げるだけの知識テストから、頂点も高くする論文テストへ(日本に、真のリーダーを育てるために) 「仕事」グループ(facebookページより)

記事 1295番  最新の記事 <一つ前の記事 一つ後の記事> 2018/9/23 
読書の効用について
森川林 2011/07/08 18:59 



 読書が大切だということは多くの人が漠然と感じていますが、どのように大切かということをはっきり説明できる人はあまりいません。

 なぜかというと、読書は、「群盲象をなでる」の象と似ていて、それぞれの人が自分の体験をもとに自分なりの読書観を持っていますが、それがほかの人にも共通するわけではないからです。

 私も、昔は、自分なりの読書観で読書の大切さについていろいろなことを言ってきましたが、その後、子供たちの読書と勉強の様子を見ていて、いくつかの共通点があることに気がつきました。

 その共通点とは、読書は、頭をよくするとともに心も豊かにするということです。



 本をよく読む小中学生に共通している特徴として次のようなことがあります。

1、国語の成績がいい。(中には、国語の成績だけがいいという子もいる)

2、作文が上手である。(短い時間で長くリズミカルに文章を書ける子が多い)

3、話をさせると物事を的確に説明する。(構成のしっかりした文章のような説明ができる)

4、理解力と表現力があるので、込み入った微妙な話でも通じ合う。(本をあまり読まない子は、おおまかな話で終わることが多い)

 この場合の読書は、必ずしも難しい本である必要はありません。ただし、本が好きで毎日のように読んでいるというのが共通点です。

 これが、大学生になると、ただ本を読むのが好きである以上に、難しい本を読んでいるかどうかということが重要になります。

 ところが、そういう本を学生が自分で読むことはなかなかできませんから、ここで教育機関としての大学の役割が重要になってきます。

 しかし、日本の大学は、本を読ませてレポートを書かせるというような授業をあまりしません。これが、日本の大学の教育力が低い大きな原因になっています。



 さて、今の子供たちの読書には、次のような共通の傾向があるようです。

1、幼稚園や小学校低学年の読書環境は充実しているので、本をよく読む子が多い。また、親も読書に力を入れることが多い。

2、しかし、小学校高学年のころから、受験勉強に追われるようになり、読書から一時的に遠ざかる子が多い。

3、中学生になったときに、読書を再開する子と、読書をしなくなる子の二極分化が起こる。

4、その状態が高校生になったときも続き、大学生になってからも続く。



 家庭と学校と社会全体が、もっと子供に読書を促すような環境を作っていく必要があると思います。



 読書の好きな大人ほど、子供の読書について勘違いをしていることがあるように思います。

1、本は、放っておいても自然に読むようになるものだ。(今はテレビやゲームやインターネットなど魅力のあるメディアが多いので、放っておいても読むようになるとは限りません)

2、親が読んであげると、自分で読めるようにならない。(読み聞かせをたくさんしてあげるほど、自分で読む力も育ちます。小学校中学年になっても、子供が望めば読み聞かせをしてあげることです)

3、本は、強制されて読むものではなく、自分が好きなものを好きなときに読むものだ。(毎日読むことが自然な習慣になるまでは、勉強と同じように家庭学習として読書に取り組ませる必要があります)

4、くだらない本はなるべく読ませないで、名作などを読ませたい。(読書の好きな子は両方読みます。子供が興味を持って読む本が子供にとっての良書です)



 言葉の森のfacebookページに、「読書」のグループがあります。

 ここでは、子供にどのような本をすすめるかというようなことが話されています。

 関心のある方は、ご参加ください。

http://www.facebook.com/home.php?sk=group_118437524908264

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
読書(95) 

コメント欄

コメントフォーム
読書の効用について 森川林 20110708 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。
そたちつ (スパム投稿を防ぐために五十音表の「そたちつ」の続く1文字を入れてください。)
 ハンドルネーム又はコード:

(za=森友メール用コード
 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。
メルマガの配信
▼バックナンバー
○一般用 ダイジェスト版
○生徒用 完全版

Facebookページ
言葉の森作文ネットワーク
いいね! 17,226件
新着コメント1~3件
毎回の作文が日 nane
 読書も作文も苦手な子の場合、上達にはか 9/22
毎回の作文が日 森川林
 少人数クラスのいいところは、参加者全員 9/22
作文が好きで得 nane
 受験というのは勝負の世界ですから、勝負 9/21
……次のコメント

オープン教育 1~10件
オープンの川
過去の記事

過去の1~30件目を表示
■「大学生生活」グループ(facebookページより) 7月8日
■今日は、七夕 7月7日
■「漢字」グループ(facebookページより) 7月7日
■底辺を広げるだけの知識テストから、頂点も高くする論文テストへ(日本に、真のリーダーを育てるために) 7月6日
■「仕事」グループ(facebookページより) 7月6日
■言葉の森へのご批判のブログにコメント 7月5日
■「親子で遊ぼう」グループ(facebookページの話題から) 7月5日
■日本的なシェア文化で作る新しい作文教育 7月4日
■小論文グループ(facebookページの話題から) 7月4日
■読書グループ(facebookページの話題から) 7月2日
■5月清書の森リン大賞から 7月1日
■玄海原発の再開を認めれば、日本人は何も学ばなかったことになる 6月30日
■facebook会員五千名以上。これから対話の教育を 6月30日
■インターネットを金本位制に戻すfacebook(フェイスブック) 6月16日
■facebook(フェイスブック)の本質とその対応方法 6月6日
■暗唱の自習をどう進めるか 6月2日
■「言葉の森作文ネットワーク」の理念と方法(その2) 5月27日
■「言葉の森作文ネットワーク」の理念と方法(その1) 5月25日
■言霊論 5月24日
■エントリーシートの書き方 5月23日
■褒めるだけの指導でいいんですか 5月20日
■受験作文小論文コースの作文の書き方 5月16日
■facebook(フェイスブック)と日本語のコンテンツ―もうすぐ来る日本語の時代 5月14日
■言葉の森の方針は、過去をふりかえらずに未来に目を向けること 5月13日
■創造のコンテンツは日本から 5月12日
■コンテンツの時代と日本人 5月10日
■子供との対話で深まる作文の勉強 5月9日
■言葉の森のクラウド論4 5月8日
■言葉の森のクラウド論3 5月6日
■5月5日19:02にファクスを送られた方 5月6日
……前の30件
HPの記事検索
ホームページの全記事

 言葉の森新聞

Google+ページ
言葉の森作文オンエア

Twitter
言葉の森@kotomori

RSS
RSSリーダー

代表プロフィール
森川林(本名中根克明)

講師ブログ
言葉の森の講師のブログ

算数の通信教育
できた君の算数クラブ

カテゴリー
全カテゴリー
ICT教育(1)
遊び(6)
新しい産業(23)
暗唱(121)
生き方(41)
息抜き(19)
いじめ(1)
インターネット(25)
英語教育(10)
オープン教育(24)
親子作文コース(9)
オンエア講座(41)
音声入力(10)
音読(22)
オンライン作文(2)
外国人と日本語(4)
科学(5)
学問コース(1)
学力テスト(2)
合宿(14)
家庭学習(92)
家庭で教える作文(55)
漢字(17)
帰国子女(12)
教育技術(5)
教育論文化論(255)
教室の話題(26)
行事と文化(1)
ゲーム的教育(4)
合格情報(27)
高校入試作文小論文(10)
構成図(25)
公立中高一貫校(63)
国語問題(15)
国語力読解力(155)
子育て(117)
言の葉クラブ(2)
言葉の森サイト(41)
言葉の森の特徴(83)
言葉の森のビジョン(51)
子供たちの作文(59)
作文教育(134)
作文検定試験(4)
作文の書き方(108)
算数・数学(22)
自習検定試験(10)
自習表(5)
自然災害(1)
実行課題(9)
質問と意見(39)
受験作文小論文(89)
小学校低学年(79)
森林プロジェクト(50)
政治経済(63)
生徒父母向け記事(61)
生徒父母連絡(78)
全教科指導(2)
センター試験(7)
創造力(9)
大学入試(14)
対話(45)
他の教室との違い(22)
知のパラダイム(15)
中学生の勉强(21)
中高一貫校(11)
寺子屋オンライン(101)
読書(95)
読書感想文(19)
読書実験クラブ(9)
友達サイト(7)
日本(39)
日本語脳(15)
発達障害(1)
発表交流会(20)
東日本大震災(15)
facebook(29)
facebookの記事(165)
プログラミング教育(5)
勉強の仕方(119)
未来の教育(31)
MOOC(2)
無の文化(9)
メディア(8)
森の学校オンライン(2)
森リン(103)
問題集読書(33)
読み物(1)
四行詩(13)
未分類(378)

QRコード






 
小学生、中学生、高校生の作文(2007年4月まで)
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。

Donate with IndieSquare