記事 1402番  最新の記事 <前の記事 後の記事> 2020/2/28
褒めるのはひとりひとり別の理由で(facebook記事より)
森川林 2012/01/15 09:01 


 いい子だけ褒めて、子供がみんなよくなるかというと、
 よくなるのは、その褒められたいい子だけ。
 みんなをひとりひとり別の理由で褒めるのが
 褒め方の工夫のしどころになる。

 大人はつい手を抜いて、いい子だけ褒めて済ませようとします。

 そして、それではみんながなかなかいい子にならないので、無理やり競争させようとしてしまうのです。

 例えば、兄弟で、上の子が本をよく読むのに、下の子があまり読まない場合、
「お姉ちゃんは本をよく読んだのにねえ」
と言っても、下の子は読むようにはなりません。

 例えば、作文の文集で、上手な作品だけ掲載してみんなの前で褒めても、ほかの子はその子のように上手な作文を書こうとは思いません。

 隣の子を、「○○ちゃんはとてもいい子なんだよ」と褒めても、自分のうちの子は、その子のようになろうとは思いません。

 いずれも、いい子を褒めれば褒めるほど、ほかの子は意地でも反対の方向に行きたくなるのです(笑)。

 褒め方は、ひとりひとり別の理由で、その子だけを褒めるのが、親や先生の工夫のしどころです。


 ということで、今日のテーマは、その子ひとりだけ。

1、その子ひとりだけについてひとこと、
 又は、
2、「そ、の、こ」又は「ひ、と、り」で五七五、
 又は、
3、何でも自由にどうぞ。


 ひとりひとり別の理由で褒めるというのは、努力によってもできることですが、そういう天性もあるようです。

 サッチャー元首相は、一時、学校の先生になりたいと思ったそうですが、よく考えて、自分には先生になる才能がないとあきらめたそうです。

 確かに、サッチャーさんに勉強を教えてもらいたい子供は、あまりいないでしょう。

「今度の担任、サッチャー先生だって」
「わあ、やだー」
となりそう(笑)。

 サッチャーさんには、別の天性があったのです。

 それでは、今日もひとりひとりのいいところを見ながら、楽しい日曜日をお過ごしください。


言葉の森のfacebookページ
http://www.facebook.com/kotobanomori

http://www.facebook.com/photo.php?fbid=298934753486029&l=e709700a69
 参加フォーム/言葉の森企画
作文の予習と発表に力を入れたオンライン学習
友達と一緒に作文を書くことで互いの予習が参考になり、読書紹介で読書の幅が広がります。 言葉の森
 

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
子育て(117) facebookの記事(165) 

コメント欄

コメントフォーム
褒めるのはひとりひとり別の理由で(facebook記事より) 森川林 20120115 に対するコメント

▼コメントはどなたでも自由にお書きください。
けこさし (スパム投稿を防ぐために五十音表の「けこさし」の続く1文字を入れてください。)
 ハンドルネーム又はコード:

(za=森友メール用コード
 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。
新着コメント1~3件
3月の春合宿は nane
新しい企画としてオンライン合宿を行います 14:38
3月の春合宿は 森川林
コロナウイルス対策として、3月の春合宿は 14:36
「小学校最後の nane
新しい本は、3月6日発売となっていますが 2/27
……次のコメント

オープン教育 1~3件
オープンの川
鳥の村 1~3件
鳥の村
虹の谷 1~3件
虹の谷
過去の記事

過去の1~30件目を表示
■子供の未来は志が決める(facebook記事より) 1月14日
■和魂洋才から和魂和才へ(facebook記事より) 1月13日
■小さいころの勉強は絞って(幼長の子のお母さんから作文についての質問)(facebook記事より) 1月12日
■創造性を生かす教育を(facebook記事より) 1月11日
■うまく書くためにちょっとしたうそを書く子(保護者の質問より) 1月10日
■小学1年生のころの勉強ほどシンプルに(facebook記事より) 1月10日
■自分で作る時代の自学自習(facebook記事より) 1月9日
■日本が目指す教育・文化大国(facebook記事より) 1月8日
■知識を鍛えるよりも入れ物を鍛える(facebook記事より) 1月7日
■国語のテストの成績が悪かったとき 1月6日
■花を咲かせる前に根を広げよう(facebook記事より) 1月6日
■点数で励ますより共感で励ます(facebook記事より) 1月5日
■明けましておめでとうございます。 1月1日
■賞品のページを更新(生徒父母向け連絡) 12月31日
■現在の経済情勢と子供の教育5 12月29日
■現在の経済情勢と子供の教育4 12月28日
■現在の経済情勢と子供の教育3 12月27日
■現在の経済情勢と子供の教育2 12月26日
■現在の経済情勢と子供の教育1 12月24日
■子育てに必要な親分子分関係 12月22日
■中学の技術・家庭のプログラミング必修で勉強の面白さを 12月21日
■この1年をふりかえって 12月20日
■音読で国語力がつく 11月28日
■競争による意欲、交流による意欲 11月10日
■勉強力は、小1の最初で決まる 11月8日
■受験の目的、勉強の目的 11月7日
■作文通信講座の比較―通学教室より続けやすい言葉の森の作文通信 11月1日
■豊かな日本を作るためにーー日本を再び教育立国に 10月31日
■森林プロジェクトの漫画 10月27日
■森林プロジェクトの目指すもの 10月26日
……前の30件
RSS
RSSフィード

カテゴリー
全カテゴリー

QRコード


通学できる作文教室
森林プロジェクトの作文教室

リンク集
現在作成中です。





 
小学生、中学生、高校生の作文(2007年4月まで)
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。