春休みに向けて、受験生は、まず勉強の方針を立てることから(facebook記事より) 暗唱と音読の練習は、早口・棒読みが、作文力、読解力をつける方法 3月11日。新しい日本の出発点(facebook記事より) 授業の丘に3.2週の動画をアップロード(小6、中2、中3) 日本語は学力の基本だが、その前提としての体験と実感も大切(facebook記事より)

記事 1482番  最新の記事 <一つ前の記事 一つ後の記事> 2017/8/18 
森林プロジェクトでの作文の勉強の進め方 3 「子供たちが作文を書いているとき、書いたあと」
森川林 2012/03/12 18:53 



 森林プロジェクトで子供たちに作文を教えるときの流れを書いています。
 これまでの記事は、
「森林プロジェクトでの作文の勉強の進め方 1」
http://www.mori7.com/okash/index.php?id=33
「森林プロジェクトでの作文の勉強の進め方 2」
http://www.mori7.com/okash/index.php?id=35



 子供たちが作文を書いているとき、ある程度スペースのある場所でしたら、巡回指導のようなことをします。子供たちが書いている様子を見るために、ときどき先生が机の間を回ります。そして、「きれいな字だね」とか、「長く書いているね」などと短く声をかけて励まします。小さなミスだったら、その場で簡単に直してもかまいません。しかし、基本は褒めて回ることです。この机間巡視は、時間がなければやる必要はありません。



 子供たちが作文を書いたあとの添削や評価はどうしたらいいのでしょうか。評価は、基本的に子供たちが自分で判断してやるようにします。構成の項目ができていれれば「枝」のマーク、題材ができていれば「葉」のマーク、表現ができていれば「花」のマーク、主題ができていれば「実」のマークを子供が自分で書くようにします。

 先生が作文に書く赤ペンは、項目のできているところ、表現や実例や感想がその子らしいところを中心に、◎をつけたり、傍線を引いたりします。誤字や誤表記があれば△をつけて直しておきます。しかし、すぐに直ることを要求しません。子供は何度も同じ間違いをするからです。

 作文に表記のミスがあるのは、読む練習がまだ不足しているからです。読む練習を重ねていけば、何も注意しなくても自然に直ります。又は、一言の注意だけで直ります。しかし、読む力が不足しているうちは、何度同じことを言っても同じ間違いを繰り返します。そのときに、注意だけで直そうとすると、親や先生がだんだん叱るような直し方になるので、子供の方も注意されることに対して負担を感じるようになります。

 勉強は、早く上達させようとするとかえって長続きしません。気長にゆっくり直していくようにすると、いつも穏やかに指導をすることができます。



 評価する項目は、事前に指導した項目の出来具合だけにとどめます。事前に指導したことを、事後に評価するというのが教え方の鉄則です。指導と評価が一致していれば、子供たちは安心して作文を書くことができます。

 よくない例は、次のような指導と評価です。

 例えば、「会話を入れて書こう」とし指導していて、子供が会話を入れて書いた作文を持ってきたとき、「確かに会話は入ったけど、字が汚いねえ」と評価するのは、評価のルール違反です。

 逆に、事前に、「ていねいに書こう」としていて、子供がそれなりにていねいに書いて持っていったとき、「確かに字はていねいになったけど、字数が短いなあ」などと評価するのもルール違反です。

 要するに、事前に指導していないことは評価しないということです。評価する必要があった場合は、それは次回の指導に回して、指導したあとに評価するという形をとるようにします。



※次回は、作文の発表会。

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
家庭で教える作文(55) 森林プロジェクト(50) 

コメント欄

コメントフォーム
森林プロジェクトでの作文の勉強の進め方 3 「子供たちが作文を書いているとき、書いたあと」 森川林 20120312 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。
 ハンドルネーム又はコード:

(za=森友メール用コード
 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。
メルマガの配信
▼バックナンバー
○一般用 ダイジェスト版
○生徒用 完全版

Facebookページ
言葉の森作文ネットワーク
いいね! 15,924件
新着コメント1~10件
将来の作文教育 森川林
 OCRの機能が向上しているので、たぶん 8/17
子供によい本を nane
 お母さんの好きな本は物語文になる傾向が 8/17
子供によい本を 森川林
 読書好きな子に共通しているのは、お父さ 8/17
作文自動採点ソ 森川林
 森リンの自動採点が停止状態ですみません 8/16
子供がyout nane
 子供に尊敬されるお父さんやお母さんにな 8/16
子供がyout 森川林
 子供には、憧れの対象が必要です。   8/16
作文自動採点ソ 匿名
無料での作文自動採点はなくなったのですか 8/15
作文自動採点ソ 匿名
川崎製鉄の付属川鉄総合病院は、私が二人の 8/15
森林プロジェク nane
 森林プロジェクトの作文講師資格講座は、 8/13
森林プロジェク 森川林
 作文教育というものは、昔はプロ中のプロ 8/13
……次のコメント

オープン教育 1~10件
オープンの川
過去の記事

過去の1~30件目を表示
■春休みに向けて、受験生は、まず勉強の方針を立てることから(facebook記事より) 3月12日
■暗唱と音読の練習は、早口・棒読みが、作文力、読解力をつける方法 3月11日
■3月11日。新しい日本の出発点(facebook記事より) 3月11日
■授業の丘に3.2週の動画をアップロード(小6、中2、中3) 3月10日
■日本語は学力の基本だが、その前提としての体験と実感も大切(facebook記事より) 3月10日
■【合格速報】東京医科歯科大医学部に合格したEさんの話 3月9日
■受験や入試は勝つための勉強(言葉の森作文ネットワークの記事より) 3月9日
■家庭で作文の勉強をするときに授業の動画を利用。そして自分でも動画をシェア。 3月8日
■森林プロジェクトの作文教育が目指す豊かさの理想(facebook記事より) 3月8日
■作文の勉強は事前の準備で決まる。音読の自習と対話の予習で実力をつける 3月7日
■子供の早期教育は、中身よりも形から(facebook記事より) 3月7日
■読解力をつけるための精読とは、じっくり読むことではなく繰り返し読むこと 3月6日
■作文試験、面接試験の対策は、家庭の対話の文化から(facebook記事より) 3月6日
■900字の暗唱チェックの様子 3月5日
■言葉の森が考える未来の作文発表会(facebook記事より) 3月5日
■作文の授業の動画 3月4日
■仕事優先の社会から子供優先の社会へ(facebook記事より) 3月4日
■勉強も勝ち負けのワクワクから創造のワクワクへ(facebook記事より) 3月3日
■「東大生が選んだ勉強法」を見て思ったこと 3月2日
■勉強のコツは、できるようにさせてから褒めること(facebook記事より) 3月2日
■話題の記事を整理。「頭をよくする作文の勉強」ほか 3月1日
■3.1週の授業の説明を動画でアップロード 3月1日
■これまでの話題の記事の漫画版 2月29日
■日本的な進化論(facebook記事より) 2月29日
■時間をかけているわりに成績がよくないときの対策 2月27日
■全員満点の教育(facebook記事より) 2月27日
■思考力を育てる読書(facebook記事より) 2月25日
■野良猫が逃げない人 2月24日
■いい「ながら勉強」、悪い「ながら勉強」 2月24日
■未来の教育は、発表の教育(facebook記事より) 2月24日
……前の30件
HPの記事検索
ホームページの全記事

 言葉の森新聞

Google+ページ
言葉の森作文オンエア

Twitter
言葉の森@kotomori

RSS
RSSリーダー

代表プロフィール
森川林(本名中根克明)

講師ブログ
言葉の森の講師のブログ

算数の通信教育
できた君の算数クラブ

カテゴリー
全カテゴリー
ICT教育(1)
遊び(6)
新しい産業(23)
暗唱(121)
生き方(41)
息抜き(19)
いじめ(1)
インターネット(25)
英語教育(10)
オープン教育(24)
親子作文コース(9)
オンエア講座(41)
オンエア作文(2)
音声入力(10)
音読(22)
外国人と日本語(4)
科学(5)
学問コース(1)
学力テスト(2)
合宿(14)
家庭学習(92)
家庭で教える作文(55)
漢字(17)
帰国子女(12)
教育技術(5)
教育論文化論(255)
教室の話題(26)
行事と文化(1)
ゲーム的教育(4)
合格情報(27)
高校入試作文小論文(10)
構成図(25)
公立中高一貫校(63)
国語問題(15)
国語力読解力(155)
子育て(117)
言の葉クラブ(2)
言葉の森サイト(41)
言葉の森の特徴(83)
言葉の森のビジョン(51)
子供たちの作文(59)
作文教育(134)
作文検定試験(4)
作文の書き方(108)
算数・数学(22)
自習検定試験(10)
自習表(5)
自然災害(1)
実行課題(9)
質問と意見(39)
受験作文小論文(89)
小学校低学年(79)
森林プロジェクト(50)
政治経済(63)
生徒父母向け記事(61)
生徒父母連絡(78)
全教科指導(2)
センター試験(7)
創造が価値の源泉となる社会(9)
大学入試(14)
対話(45)
他の教室との違い(22)
知のパラダイム(15)
中学生の勉强(21)
中高一貫校(11)
寺子屋オンエア(101)
読書(95)
読書感想文(19)
読書実験クラブ(9)
友達サイト(7)
日本(39)
日本語脳(15)
発達障害(1)
東日本大震災(15)
facebook(29)
facebookの記事(165)
プレゼン作文発表会(20)
プログラミング教育(5)
勉強の仕方(119)
未来の教育(31)
MOOC(2)
無の文化(9)
メディア(8)
森の学校オンエア(2)
森リン(103)
問題集読書(33)
読み物(1)
四行詩(13)
未分類(378)

QRコード






 
小学生、中学生、高校生の作文(2007年4月まで)
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。