記事 1678番  最新の記事 <前の記事 後の記事> 2020/2/23
いじめがあってもはねかえす(facebook記事より)
森川林 2012/12/14 04:52 



 いじめのようなことは中学生までで、高校生になればそんなことはなくなります。


 だから、中学生は、高校受験を目指して勉強をしっかりやることです。

 勉強ができるようになると、友達関係にも自信を持てるようになります。


 テレビは頭を悪くするので、1週間の中で見る時間を決めることです。

 ゲームも同じ。そして、家族全員がそれを守ります。


 テレビやゲームのかわりに、読書を毎日10ページでいいから続けて、読書を息抜きの時間にすることです。

 近くの図書館を利用するといいです。


 中学生の勉強は、学校に行かなくても家庭でできます。

 数学は1冊の問題集を決めて、その標準問題を順番に解き、自分で○×をつけて×のところがなくなるまで繰り返し解きます。

 英語は、教科書を1ページ20回から30回音読し暗唱します。

 国語は、読書です。難しい文章を読むには問題集の問題文を読書がわりに読みます。

 理科は、数学と似ていて問題集を1冊繰り返し解くことです。

 社会は、国語と似ていて教科書を何度も繰り返し読むことです。



 子供の最後の拠り所は家庭です。

 学校でどんなことがあっても、家庭で守っていけばいいのです。


 守るということの中には、闘うことも含みます。

 闘うとしたら、それはどちらかと言えばお父さんの役割です。


 いじめられた子は、他人の心に痛みのわかる優しい子になります。

 そして、闘った子は、自分に自信の持てる強い子になります。


 何でも前向きに考えていくことです。


 子育てに正解はありません。

 どんなやり方であっても、その選択をあとから正解にしていけばいいのです。


 やがてみんな懐かしい思い出になると思って元気にやっていくことです。



 今日も快晴。

 世の中には、人間関係でいろいろ苦労している人もいると思いますが、みんなの人間性のレベルが次第に上がっているので、これからだんだんといじめのようなことはなくなっていくと思います。
 参加フォーム/言葉の森企画
作文の予習と発表に力を入れたオンライン学習
友達と一緒に作文を書くことで互いの予習が参考になり、読書紹介で読書の幅が広がります。 言葉の森
 

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
facebookの記事(165) いじめ(1) 

コメント欄

コメントフォーム
いじめがあってもはねかえす(facebook記事より) 森川林 20121214 に対するコメント

▼コメントはどなたでも自由にお書きください。
はひふへ (スパム投稿を防ぐために五十音表の「はひふへ」の続く1文字を入れてください。)
 ハンドルネーム又はコード:

(za=森友メール用コード
 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。
新着コメント1~3件
3.1週の授業 nane
 せいかつ文化コースの動画には、子供のこ 2/22
3.1週の授業 森川林
 「雑草の枯れ草で納豆を作ろう」というの 2/22
読点の打ち方 匿名
このもんだいすき 2/21
……次のコメント

オープン教育 1~3件
オープンの川
鳥の村 1~3件
鳥の村
虹の谷 1~3件
虹の谷
過去の記事

過去の1~30件目を表示
■保護者アンケートより 3 12月13日
■心はかけるが、手をかけない(facebook記事より) 12月13日
■保護者アンケートより 2 12月12日
■新しい文化は日本から、そして教育から(facebook記事より) 12月12日
■保護者からのアンケート 4(要望・質問) 12月11日
■12月はいろいろなことが(facebook記事より) 12月11日
■保護者アンケートより 1 12月10日
■勉強は気長に褒めて続けることで成果が出る(facebook記事より) 12月9日
■これからの勉強はどうなるのか 4(国語と算数の違い) 12月8日
■互いの違いを認め合うのが対話のいいところ(facebook記事より) 12月8日
■これからの勉強はどうなるのか 3(国語の勉強) 12月7日
■漢字の読みの先取りが読む力をつける(付:常用漢字の追加の熟語)(facebook記事より) 12月7日
■これからの勉強はどうなるのか 2(なぜ家庭学習が必要か) 12月6日
■幼児期は英語教育よりもまず日本語の土台を(facebook記事より) 12月6日
■これからの勉強はどうなるのか 1(作文はなぜ必要か) 12月5日
■形に残らない国語の勉強(facebook記事より) 11月28日
■今後起こりうる経済危機と言葉の森と森林プロジェクト 11月27日
■作文の通信教育の教材比較 その2 11月23日
■作文の通信教育の教材比較 その1 11月21日
■どのリンゴにもそれぞれのよさ(作文と小論文の違いとは言うけれど)(facebook記事より) 11月21日
■作文に書くことをすぐお母さんに聞く子(facebook記事より) 11月18日
■mori7.netのサーバー直りました 11月16日
■mori7.netのサーバー停止中 11月16日
■和魂洋才の精神(facebook記事より) 11月16日
■勉強の基本は家庭での読書、音読、対話(facebook記事より) 11月15日
■作文のもとになる読書(facebook記事より) 11月14日
■世界がいい方向へ(facebook記事より) 11月13日
■低中学年から進学塾に行く弊害 11月12日
■今の教育が未来の日本を作る(facebook記事より) 11月10日
■バブル崩壊のあとに来る循環型の社会と創造の時代(facebook記事より) 11月8日
……前の30件
RSS
RSSフィード

カテゴリー
全カテゴリー

QRコード


通学できる作文教室
森林プロジェクトの作文教室

リンク集
現在作成中です。





 
小学生、中学生、高校生の作文(2007年4月まで)
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。