記事 1759番  最新の記事 <一つ前の記事 一つ後の記事> 2019/6/18 
子供の習い事をどのように考えるか―国語の学習を生活の中心に
森川林 2013/03/04 02:09 



 子供が健やかに育ってほしいと思うのは、誰にも共通する願いです。そのためのひとつは学力です。この学力を育てることが、子供の成長の中心の課題です。その学力の周辺の余技として音楽やスポーツや様々な趣味の世界があります。だから、学力をつける時間を確保したあとに、音楽やスポーツの時間を確保していくことです。

 音楽の目的は、将来、日常生活の中で音楽を楽しめるようになるための技術を身につけることです。運動の目的も、将来、日常生活の中でスポーツを楽しむための技術を身につけることです。決して、将来プロとなるための練習をしているのであありません(ほとんどの人にとって)。親は総合的に子供の成長を考えて、バランスよく子育てをしていくことが大事です。

 学力を教科によって分けると、国語と算数が二つの大きな柱になります。国語と算数数学は、小中高と学力の中心になります。しかし、この二つの教科は、性格に大きな違いがあります。ひとつは、国語はやらなくてもある程度できるが、やっても完璧にはできない教科であるのに対し、算数はやらなければできないがやれば百点も取れるようになる教科だということです。

 これは、国語と算数が次のような構造を持っているからです。

▽算数
勉強して身につける部分
    /\
   /  \
  /    \
━━━━━━━━━━
/        \
――――――――――
生活の中で身につける部分

▽国語
勉強して身につける部分
    /\
━━━━━━━━━━
  /    \
 /      \
/        \
――――――――――
生活の中で身につける部分

 算数は、勉強をすることがほとんどすべてです。
 国語は、勉強以外の生活を国語的にしていくことが大切です。

 だから、話したり、聞いたり、読んだり、書いたりする日常生活を充実させていくことが大事になります。

 一般に、小学校低学年では、算数にかける時間の2倍から3倍を国語的な勉強にかける必要があります。そのためには、生活の中で国語の力をつけていく工夫をすることが必要になります。

 科学技術教育に力を入れているドイツでも、小学校低学年の国語の授業時間は、算数の授業時間の2~3倍になっています。


■言葉の森の教室紹介
面白い勉強で実力がつくオンラインの学習【動画】

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
子育て(117) 国語力読解力(155) 算数・数学(22) 

コメント欄

コメントフォーム
子供の習い事をどのように考えるか―国語の学習を生活の中心に 森川林 20130304 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。
よらりる (スパム投稿を防ぐために五十音表の「よらりる」の続く1文字を入れてください。)
 ハンドルネーム又はコード:

(za=森友メール用コード
 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。
メルマガの配信
▼バックナンバー
○一般用 ダイジェスト版
○生徒用 完全版

Facebookページ
言葉の森作文ネットワーク
いいね! 17,226件
新着コメント1~3件
四行詩いろいろ nane
 作文、小論文試験が広がらないのは、採点 4:25
四行詩いろいろ 森川林
 1000字の文章だと書くのに30分はか 4:17
友達と一緒に「 nane
 オンラインは、今はまだ誕生期なので、リ 6/17
……次のコメント

オープン教育 1~3件
オープンの川
鳥の村 1~3件
鳥の村
虹の谷 1~3件
虹の谷
過去の記事

過去の1~30件目を表示
■対話のある作文。コミュニケーション能力はコミュニケーションによって育つ 3月3日
■親子の対話、先生と生徒の対話がある作文の勉強 3月1日
■低学年は、作文を書くことに力を入れる前に、聞くこと、話すこと、読むことの土台を 2月28日
■これからの日本と教育の課題 2月27日
■合格情報 2月26日
■やりやすいシンプルな勉強と、いくらでも選べる豊富なウェブオプション教材で4月からの勉強を 2月26日
■作文は答えのない勉強だが、言葉の森でやれば答えに近い指導ができる 2月25日
■勉強を通して人間力を育てること。小学校低学年からの作文教育と家庭学習 2月24日
■勉強を通して人間力を育てること。小学校低学年からの作文教育と家庭学習 2月24日
■続 解く勉強から読む勉強へ 2月21日
■中3までの勉強は、塾に行かなくても家庭でできる 2月20日
■解く勉強から読む勉強へ 2月19日
■小学生のころは、勉強にがんばらせるよりも、創造的な遊びの機会を 2月15日
■百人一首の暗唱ページ 2月14日
■馬を川に連れていって水を飲ませるような工夫が必要――書きにくい作文を書きやすくするには 2月13日
■私立全盛の時代から公立復権の時代への変化はなぜ生じているか 1 2月12日
■問題を解いて答え合わせをする勉強ではなく、答えを読んで考える勉強 2月10日
■個性を育てる教育から、更に一歩進めた教育を 2月8日
■作文の実力をつけるために、自分で設定するタイマー 2月7日
■公立中高一貫校の受験に向けての勉強を家庭学習で進めるために 2 2月6日
■公立中高一貫校の問題は結構面白い(facebook記事に関連して) 2月6日
■公立中高一貫校の受験に向けての勉強を家庭学習で進めるために 2月5日
■公立中高一貫校の考える勉強をどう進めるか(facebook記事に関連して) 2月5日
■集中力をつけるもう一つの方法 2月4日
■自ら進んで行う学習、「自習表」の書き方 2月3日
■言葉の森通学教室の2月からの勉強の進め方 2月1日
■小学校低学年の考える力を育てるのは自由な遊び(facebook記事より) 1月31日
■公立中高一貫校の受験に向けての対策は家庭でできる 1月30日
■高校入試の小論文――意見は簡潔に肯定形で(facebook記事より) 1月29日
■おじいちゃん、おばあちゃんが孫に教える作文 1月28日
……前の30件
HPの記事検索
ホームページの全記事

 言葉の森新聞

Google+ページ
言葉の森作文オンエア

Twitter
言葉の森@kotomori

RSS
RSSリーダー

代表プロフィール
森川林(本名中根克明)

講師ブログ
言葉の森の講師のブログ

算数の通信教育
できた君の算数クラブ

カテゴリー
全カテゴリー
ICT教育(1)
遊び(6)
新しい産業(23)
暗唱(121)
生き方(41)
息抜き(19)
いじめ(1)
インターネット(25)
英語教育(10)
オープン教育(24)
親子作文コース(9)
オンエア講座(41)
音声入力(10)
音読(22)
外国人と日本語(4)
科学(5)
学問コース(1)
学力テスト(2)
合宿(14)
家庭学習(92)
家庭で教える作文(55)
漢字(17)
帰国子女(12)
教育技術(5)
教育論文化論(255)
教室の話題(26)
行事と文化(1)
ゲーム的教育(4)
合格情報(27)
高校入試作文小論文(10)
構成図(25)
公立中高一貫校(63)
国語問題(15)
国語力読解力(155)
子育て(117)
言の葉クラブ(2)
言葉の森サイト(41)
言葉の森の特徴(83)
言葉の森のビジョン(51)
子供たちの作文(59)
作文教育(134)
作文検定試験(4)
作文の書き方(108)
算数・数学(22)
自習検定試験(10)
自習表(5)
自然災害(1)
実行課題(9)
質問と意見(39)
受験作文小論文(89)
小学校低学年(79)
森林プロジェクト(50)
政治経済(63)
生徒父母向け記事(61)
生徒父母連絡(78)
全教科指導(2)
センター試験(7)
創造力(9)
大学入試(14)
対話(45)
他の教室との違い(22)
知のパラダイム(15)
中学生の勉强(21)
中高一貫校(11)
寺オン作文クラス(2)
寺子屋オンライン(101)
読書(95)
読書感想文(19)
読書実験クラブ(9)
友達サイト(7)
日本(39)
日本語脳(15)
発達障害(1)
発表交流会(20)
東日本大震災(15)
facebook(29)
facebookの記事(165)
プログラミング教育(5)
勉強の仕方(119)
未来の教育(31)
MOOC(2)
無の文化(9)
メディア(8)
森の学校オンライン(2)
森リン(103)
問題集読書(33)
読み物(1)
四行詩(13)
未分類(378)

QRコード






 
小学生、中学生、高校生の作文(2007年4月まで)
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。

Donate with IndieSquare