記事 2021番  最新の記事 <前の記事 後の記事> 2020/6/2
創造が価値の源泉となる社会と言葉の森の教育 2、創造教育
森川林 2013/12/31 03:07 


●創造を支える創造教育の要としての言語

 価値の源泉である創造を支えるものが、ひとつは創造教育で、もうひとつは創造文化です。

 創造教育の要になるものは、言語です。
 人間は、物を作るときでも言葉を使って考えます。この言葉が創造において重要な役割を果たしています。それは、言葉というものが不完全なものだからです。

 完全なものは、新たなものを生み出しません。地球上の動植物は、進化という大きな流れの中で見れば不完全ですが、個体の生存という短い時間の中で見ればほぼ完全な生活をしています。
 鳥は飛びたければ空を飛び、魚は泳ぎたければ水の中を泳ぎます。人間以外の動植物は、完全性の中に生きているので、創造の必要性を感じません。

 人間も、言葉を持たなければ、あるいはテレパシーのような完全な言葉を持っていれば、創造の必要性を感じなかったでしょう。
 不完全な言葉を使ってものを考えることによって、生活の中に創造の必要性が生まれてくるのです。

●創造的な言語教育としての作文

 人間の持つ不完全な言語を、その不完全性を生かして学習する教科が作文です。
 作文には答えがありません。漢字の書き取りや選択式の読解問題は、答えがあるという点で、本質的な言語教育ではありません。それは言語を使うための準備の教育です。

 作文に答えがないのと同様に、本来、あらゆる学問には、数学や科学も含めて答えというものがありません。しかし、それらの学問において答えのない境地にまで到達できるのは、それらの勉強の土台をほぼ完璧に習得したあとです。だから、学問の世界で創造を行うためには、長い準備のための学習期間が必要なのです。

 作文は、そのような長い学習期間を必要とせず、文字さえ書ければすでにその不完全性を活用することができます。この点で、作文は創造性を育てる最適な教科であると言えるのです。

●言葉の森の作文教育(1)項目作文

 言葉の森は、作文教育の方法をいくつか考案しています。

 第一は、項目作文です。書く項目をあらかじめ決めて作文を書くことによって、創造のきっかけを作る作文の書き方です。
 例えば、「複数の方法で書く」という項目のときは、テーマに合わせた複数の方法を考えださなければなりません。「たとえを書く」という項目のときは、その文章の流れに合わせたたとえを作り出す必要があります。
 このような事前の項目指導によって作文を書く方法が項目作文の方法です。

●言葉の森の作文教育(2)森リンテクノロジー

 第二は、森リンテクノロジーです。森リンとは、文章に出てくる語彙によって作文を評価する自動採点ソフトです。
 森リンは、作文という本来内容的にしか評価できないものを、語彙という外形的なところから評価します。この森リンの評価によって、どれだけ多様な語彙で(ということはどれだけ具体的に)、またどれだけ論理的に(ということはどれだけ深く考えて)書いたかということが形式と内容の相関関係として評価できます。

●言葉の森の作文教育(3)長文音読と対話

 第三は、作文の予習としての長文音読と対話です。
 作文を充実させるのは、書いている間のアドバイスや、書き終えたあとの添削ではなく、書く前の事前の準備としての長文音読と対話です。
 音読の反復によって文章の内容を深く読み取り理解する力がつき、家族との対話によって理解のための語彙力と表現のための語彙力が向上します。
 作文は、理解と思考の結果です。結果に手を加えても、作文力は向上しません。作文の学習は、書く前と書いている間が勉強の中心で、書いたあとの評価は、その次に書く前の指導と結びついて初めて意味あるものになるのです。

●言葉の森の作文教育(4)プレゼン作文

 第四は、プレゼン作文です。作文は、発表することによって輪郭が明確になります。はっきりした輪郭を持つものは、自分にとっても他人にとっても、次の創作の土台になります。
 その発表を単なる文章の発表で終わらせずに、画像や音楽と組み合わせひとつの新しい総合芸術的な作品として発表するのがプレゼン作文です。
個別指導の対話型オンライン授業
おすすめ→ 個別指導の対話型授業「朝のオンラインスクール」
新型コロナウイルスによる学校の休校対応で、朝9時から午後3時まで個別指導の対話型オンライン授業。小1~中1の国語、算数数学、英語、理科、社会、読書、暗唱、図工、記述のうちから自由選択、1時間550円。
 

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
創造力(9) 

コメント欄

コメントフォーム
創造が価値の源泉となる社会と言葉の森の教育 2、創造教育 森川林 20131231 に対するコメント

▼コメントはどなたでも自由にお書きください。
つてとな (スパム投稿を防ぐために五十音表の「つてとな」の続く1文字を入れてください。)
 ハンドルネーム又はコード:

(za=森友メール用コード
 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。
新着コメント1~3件
言葉の森が考え 森川林
 コスモス先生、ありがとうございます。 6/1
オンライン教育 nane
 言葉の森のオンラインは、リアルでできる 6/1
風邪の中をプロ 森川林
 サラさん、ありがとうございます。   6/1
……次のコメント

オープン教育 1~3件
オープンの川
鳥の村 1~3件
鳥の村
虹の谷 1~3件
虹の谷
過去の記事

過去の1~30件目を表示
■創造が価値の源泉となる社会と言葉の森の教育 1、価値とは何か 12月31日
■今年1年をふりかえって 12月30日
■苦手だった国語なのに模試で満点に 12月29日
■受験直前の作文の勉強は、これまでにやってきたことを再確認して自信をつけること 12月27日
■あしたは晴れる 12月27日
■模試の点数よりも、過去問の出来具合。 12月26日
■子供たちに誇りの持てる日本を伝え、創造性を育てる教育を 12月26日
■日本が世界のリーダーとなる決心をするとき 12月24日
■自習検定試験は12月23日から28日まで実施しています(生徒保護者連絡) 12月23日
■与える人の方が受け取る人よりも多くなる時代――オープン教育の理念 12月23日
■小学生のころは勉強よりも読書 12月19日
■お天道様と日本人 12月18日
■勉強を進めるための4つの見方 12月18日
■パーツが半分になると、生産コストが二乗で効く 12月17日
■ロボットプログラミングの発展は、ハードの魅力にかかっている 12月16日
■もう春の準備。新学期の教材は明日から発送予定 12月15日
■来年受験生になる人のための勉強法 12月14日
■国語の苦手な子の原因と対策のエッセンス 12月13日
■見せるための芸術や勝つためのスポーツから、楽しむための芸術やスポーツへ。そしてプレゼン作文も。 12月13日
■感謝の日々 12月13日
■自習検定試験と寺子屋オンエア 12月10日
■作文の項目指導は、相撲や柔道などの技の型と同じ 12月9日
■光り輝く星、地球 12月9日
■アメリカを入れないアジア平和会議を作り、それを将来の新国連に 12月8日
■日本文化を世界に広げるには、その本質を言葉化したうえで、言葉以外のものとして表すことが必要 12月5日
■理想の人間像は、男は日本男児、女は大和撫子 12月4日
■家庭学習を軌道に乗せるために、自習検定のページを作成中 12月3日
■物語文の心情を読み取るには、その物語文に没頭すること 12月3日
■作文を手書きで書く理由とパソコンで打つ理由。将来は作文+図や絵に 12月1日
■中国の防衛識別圏の問題は、日本と中国の交渉で解決を 11月30日
……前の30件
RSS
RSSフィード

カテゴリー
全カテゴリー

QRコード


通学できる作文教室
森林プロジェクトの作文教室

リンク集
現在作成中です。
FJNBP-1337-6644-8260-5410 ソースネクスト





 
小学生、中学生、高校生の作文(2007年4月まで)
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。