記事 2035番  最新の記事 <前の記事 後の記事> 2020/6/2
子供たちのこれからの勉強を大きなデッサンで考える
森川林 2014/01/10 16:59 



 未来の社会は、創造性が大きな価値を持つ社会です。

 これからの社会では、今よりももっと個性が重視されるようになります。しかし、その個性は、ただ人と変わっているというだけの個性ではなく、その個性によって世の中に何か新しいものを付け加えることができるという創造性のある個性です。
 創造性のある個性の多くは、現代の科学技術や科学的知識によって支えられています。だから、子供たちの勉強には、一方で能率よくすべての教科を学び、もう一方で自分だけの豊かな創造的時間を過ごすことが必要になります。

 そこで、言葉の森が考えている教育のひとつが、効率教育です。自宅での自習を基本に、毎月の自習検定で全教科を無駄なく身につけるという勉強です。

 効率教育とは別に、言葉の森がこれまで行ってきたもうひとつの教育が創造性を育てる教育です。
 作文を書くという勉強は、もともと創造的なものですが、これを作文だけの学習で終わらせずに、次のような学習と結びつけて行おうとしています。
 第一は、毎日の長文音読と毎週の親子の対話です。長文の音読は、理解のための思考力語彙力を育て、親子の対話は表現のための思考力語彙力を育てます。

 第二は、プレゼン作文です。作文をただ文章として書くだけでなく、画像や音声と組み合わせて、発表する作文として完成させていきます。
 この発表が、子供たちの個性と創造性に更に磨きをかけます。

 第三は、これから取り組む実行課題です。言葉の森では、小学3年生から題名課題や感想文課題で作文の練習をします。これまで、小学2年生までの低学年の生徒は、題名課題に取り組むのが難しいため自由な題名で作文を書いていました。これを、題名課題ではなく、実行課題として取り組むようにします。
 実行課題とは、遊び、行事、お手伝い、行儀作法など、日常の家庭生活の中で取り組める課題です。その実行課題を、作文の題材として生かすことができるようにしたいと思っています。

 以上の、効率教育と創造教育を担う主体は、当面は言葉の森ですが、未来の社会では、教育はもっと多くの人の手によって身近な生活の中で担われるものになってきます。子供に読ませたい文章、子供に身につけさせたい知識や技能に、親がもっと深く関われるようになってくるのです。
 言葉の森では、そういう草の根の教育作りの土台として、今オープン教育のプロジェクトを行っています。ここで多くの人の手によって教材を改良するとともに、創造的な作文を発表する場を作りたいと思っています。
個別指導の対話型オンライン授業
おすすめ→ 個別指導の対話型授業「朝のオンラインスクール」
新型コロナウイルスによる学校の休校対応で、朝9時から午後3時まで個別指導の対話型オンライン授業。小1~中1の国語、算数数学、英語、理科、社会、読書、暗唱、図工、記述のうちから自由選択、1時間550円。
 

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
言葉の森のビジョン(51) オープン教育(24) 

コメント欄

コメントフォーム
子供たちのこれからの勉強を大きなデッサンで考える 森川林 20140110 に対するコメント

▼コメントはどなたでも自由にお書きください。
にぬねの (スパム投稿を防ぐために五十音表の「にぬねの」の続く1文字を入れてください。)
 ハンドルネーム又はコード:

(za=森友メール用コード
 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。
新着コメント1~3件
言葉の森が考え 森川林
 コスモス先生、ありがとうございます。 6/1
オンライン教育 nane
 言葉の森のオンラインは、リアルでできる 6/1
風邪の中をプロ 森川林
 サラさん、ありがとうございます。   6/1
……次のコメント

オープン教育 1~3件
オープンの川
鳥の村 1~3件
鳥の村
虹の谷 1~3件
虹の谷
過去の記事

過去の1~30件目を表示
■世界を敵に回すなと言う前に 1月10日
■自習検定のページで1月4週の検定試験を受付中(生徒父母連絡) 1月9日
■受験直前の今は、欠点を直す時期ではなく、これまでの勉強に確信を持って反復する時期 1月8日
■国語の勉強は気長に 1月8日
■楽しい汗を流すような勉強 1月6日
■虹の上に腰かけてお母さんと呼んでみたいという詩 1月4日
■理解する教育から、身につける教育へ。日本の伝統的な教育法、音読と暗唱。 1月4日
■新年挨拶「雪の野原で作る小さな雪玉」 1月1日
■創造が価値の源泉となる社会と言葉の森の教育 7、森林プロジェクトとオープン教育アシスタント 12月31日
■創造が価値の源泉となる社会と言葉の森の教育 6、未来の教育を支えるオープンな組織 12月31日
■創造が価値の源泉となる社会と言葉の森の教育 5、ネットを活用した教育 12月31日
■創造が価値の源泉となる社会と言葉の森の教育 4、現代に生かす寺子屋教育 12月31日
■創造が価値の源泉となる社会と言葉の森の教育 3、効率教育 12月31日
■創造が価値の源泉となる社会と言葉の森の教育 2、創造教育 12月31日
■創造が価値の源泉となる社会と言葉の森の教育 1、価値とは何か 12月31日
■今年1年をふりかえって 12月30日
■苦手だった国語なのに模試で満点に 12月29日
■受験直前の作文の勉強は、これまでにやってきたことを再確認して自信をつけること 12月27日
■あしたは晴れる 12月27日
■模試の点数よりも、過去問の出来具合。 12月26日
■子供たちに誇りの持てる日本を伝え、創造性を育てる教育を 12月26日
■日本が世界のリーダーとなる決心をするとき 12月24日
■自習検定試験は12月23日から28日まで実施しています(生徒保護者連絡) 12月23日
■与える人の方が受け取る人よりも多くなる時代――オープン教育の理念 12月23日
■小学生のころは勉強よりも読書 12月19日
■お天道様と日本人 12月18日
■勉強を進めるための4つの見方 12月18日
■パーツが半分になると、生産コストが二乗で効く 12月17日
■ロボットプログラミングの発展は、ハードの魅力にかかっている 12月16日
■もう春の準備。新学期の教材は明日から発送予定 12月15日
……前の30件
RSS
RSSフィード

カテゴリー
全カテゴリー

QRコード


通学できる作文教室
森林プロジェクトの作文教室

リンク集
現在作成中です。
FJNBP-1337-6644-8260-5410 ソースネクスト





 
小学生、中学生、高校生の作文(2007年4月まで)
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。