寺子屋オンエアをなぜ始めたか 盛りだくさんの言葉の森の企画(その3)モノクロの旧社会からカラフルな新社会へ 合格で力のつく子、不合格でもかえって力のつく子 盛りだくさんの言葉の森の企画(その2) 盛りだくさんの言葉の森の企画(その1)

記事 2090番  最新の記事 <一つ前の記事 一つ後の記事> 2017/8/22 
モノクロの旧社会からカラフルな新社会へ(その2)
森川林 2014/02/20 20:51 


 旧社会の特徴は、カラフルな感性とは反対のモノクロの利便性です。
 資本主義は、大量生産に成功することによって発展してきました。大量生産の目的は、松下幸之助の「水道哲学」であり、中内功の「よりよい品をより安く」であり、人間の誰にとっても普遍的な利便性の追求でした。

 だから、資本主義は基本的にモノクロでしたが、やがて人類の生産力が増してくると、モノクロの利便性は、次第に飽和するようになってきます。
 一家に一台の車、カラーテレビ、クーラーがそろい、一人に一台のスマホが行き渡るようになると、もうそれ以上2台も3台も持つ必要はなくなります。

 このモノクロ資本主義を延命させるものが四つありました。
 第一は、表面的なカラフルさの装いで、買い替え需要を喚起する営業的な努力です。
 第二は、IT産業に見られるような新しいモノクロのフロンティアです。グーグルやアマゾンやヤフーや楽天や、これから生まれるロボット産業は、新社会のカラフル産業ではなく、旧社会の新しいモノクロ産業です。
 第三は、中国やインドやブラジルの新興国の膨大な人口が新たに旧社会に入ることによって生み出される新しい大量の需要です。
 第四は、アメリカが管理していたドルという通貨を、基軸通貨産業のようなものにしたことによって生み出されたバブルの需要です。

 これらの要素が組み合わさることによって、資本主義を延命させる需要が生み出されました。しかし、資本主義は延命したとは言っても、その延命の方向は既に誰の目にも明らかになりつつあるように、最終的な飽和に向かっています。

 話はやや脱線しますが、その飽和の手前にかなり大きな変化が二つあります。
 一つは、中国など新興国で起こる新しい旧社会の内需に環境破壊が伴っていることです。しかし、これは科学技術の発展によっていずれ克服されるでしょう。。
 もう一つは、アメリカの基軸通貨産業が破綻することです。中国には基軸通貨を肩代わりする力はないので、基軸通貨は国際機関が管理するようになるでしょう。そうなれば、その機関は当面アメリカの軍隊を失業から救うために国際軍に編成替えすることができます。また、世界の国々をその軍事力に反比例する形で援助することができます。そのようにして、政治の力で世界平和を実現させることができるようになるのです。

 さて、モノクロ資本主義は、人間の普遍的な需要である利便性を大量に安価に提供することを使命としてきました。
 その大量の単色の需要と生産に適した形態は、大企業化でした。
 しかし、大企業といえども競争はあります。その競争に勝つために必須の条件は、コストを切り下げることです。コストの切り下げは二つの方向で進みます。一つは、人件費の機械による置き換えです。もう一つは、オープン化です。本当は、企業は利益率を高めるためには、クローズド化と囲い込み化を進めたいのですが、オープンでないものは利便性という点で負けるので、やむをえずオープン化を志向するのです。

(つづく)

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
言葉の森のビジョン(51) 

コメント欄

コメントフォーム
モノクロの旧社会からカラフルな新社会へ(その2) 森川林 20140220 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。
 ハンドルネーム又はコード:

(za=森友メール用コード
 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。
メルマガの配信
▼バックナンバー
○一般用 ダイジェスト版
○生徒用 完全版

Facebookページ
言葉の森作文ネットワーク
いいね! 15,983件
新着コメント1~10件
2020年度大 森川林
 作文力が短期間で上達する子は、読書力の 8/21
人と人との触れ nane
 「どういう教材を選んでいいかわからない 8/20
人と人との触れ 森川林
 福井県の場合、できる子ほど塾に行ってい 8/20
読書指導のもう nane
 高校生で本を読まない子は、大学生になっ 8/19
読書指導のもう 森川林
 小学生の読書時間は、10年前とほぼ同水 8/19
子供の教育にお nane
 ときどき、「どの本がいいですか」とか、 8/18
子供の教育にお 森川林
 よい教材というのは、確かにあります。 8/18
将来の作文教育 森川林
 OCRの機能が向上しているので、たぶん 8/17
子供によい本を nane
 お母さんの好きな本は物語文になる傾向が 8/17
子供によい本を 森川林
 読書好きな子に共通しているのは、お父さ 8/17
……次のコメント

オープン教育 1~10件
オープンの川
過去の記事

過去の1~30件目を表示
■寺子屋オンエアをなぜ始めたか 2月19日
■盛りだくさんの言葉の森の企画(その3)モノクロの旧社会からカラフルな新社会へ 2月18日
■合格で力のつく子、不合格でもかえって力のつく子 2月14日
■盛りだくさんの言葉の森の企画(その2) 2月13日
■盛りだくさんの言葉の森の企画(その1) 2月12日
■合格速報 2月11日
■受験の教育から、文化の教育へ 2月10日
■寺子屋オンエアのモニター募集(言葉の森の小中学生の生徒対象) 2月10日
■ネット教育のマイナス面と新しい可能性 2月9日
■毎日の短文穴埋めドリルのような勉強で作文力がつくか 2月8日
■早期英語教育の弊害に警鐘――小3以前の英語学習は日本語にマイナス 2月6日
■凍るような寒さが羽化を準備する 2月6日
■方程式の面白さ、図形の面白さ。面白さを味わためには勉強はほどほどに 2月5日
■入試の作文は字数を埋めることが第一。情報処理化した国語の勉強の仕方 2月4日
■勉強は、ひとりでするより、ほかの人が一緒にいる方がはかどる 2月4日
■ネット教育に必要なのは、ITテクノロジーではなく教育についての哲学 2月3日
■教育のネット化が、人間の動物性を助長するものにならないように 2月3日
■本質的な変化や成長は、忘れたころにやってくる 2月3日
■外的刺激によって普通の細胞が万能細胞に。それは人間にも…… 2月3日
■勉強は自分らしいやり方で 2月3日
■日本の行事や文化を作文の課題に生かす 2月3日
■教えてもらうよりも、自分ひとりで勉強するほうが確実に身につく 2月2日
■2月の遊びと行事の実行課題を作成中 1月29日
■実力をつけてから志望校を決めるのではなく、志望校を決めてから合格力をつける 1月29日
■千失ったら、千五百作る 1月29日
■受験作文に臨むには 1月28日
■すべての人がそれぞれの才能を発揮する社会 1月28日
■因数分解は、論理の美しさを味わう勉強 1月27日
■勉強の基本は感動 1月27日
■作文の字数、長さと実力は相関があるが、社会人になったら簡潔さも大事 1月27日
……前の30件
HPの記事検索
ホームページの全記事

 言葉の森新聞

Google+ページ
言葉の森作文オンエア

Twitter
言葉の森@kotomori

RSS
RSSリーダー

代表プロフィール
森川林(本名中根克明)

講師ブログ
言葉の森の講師のブログ

算数の通信教育
できた君の算数クラブ

カテゴリー
全カテゴリー
ICT教育(1)
遊び(6)
新しい産業(23)
暗唱(121)
生き方(41)
息抜き(19)
いじめ(1)
インターネット(25)
英語教育(10)
オープン教育(24)
親子作文コース(9)
オンエア講座(41)
オンエア作文(2)
音声入力(10)
音読(22)
外国人と日本語(4)
科学(5)
学問コース(1)
学力テスト(2)
合宿(14)
家庭学習(92)
家庭で教える作文(55)
漢字(17)
帰国子女(12)
教育技術(5)
教育論文化論(255)
教室の話題(26)
行事と文化(1)
ゲーム的教育(4)
合格情報(27)
高校入試作文小論文(10)
構成図(25)
公立中高一貫校(63)
国語問題(15)
国語力読解力(155)
子育て(117)
言の葉クラブ(2)
言葉の森サイト(41)
言葉の森の特徴(83)
言葉の森のビジョン(51)
子供たちの作文(59)
作文教育(134)
作文検定試験(4)
作文の書き方(108)
算数・数学(22)
自習検定試験(10)
自習表(5)
自然災害(1)
実行課題(9)
質問と意見(39)
受験作文小論文(89)
小学校低学年(79)
森林プロジェクト(50)
政治経済(63)
生徒父母向け記事(61)
生徒父母連絡(78)
全教科指導(2)
センター試験(7)
創造が価値の源泉となる社会(9)
大学入試(14)
対話(45)
他の教室との違い(22)
知のパラダイム(15)
中学生の勉强(21)
中高一貫校(11)
寺子屋オンエア(101)
読書(95)
読書感想文(19)
読書実験クラブ(9)
友達サイト(7)
日本(39)
日本語脳(15)
発達障害(1)
東日本大震災(15)
facebook(29)
facebookの記事(165)
プレゼン作文発表会(20)
プログラミング教育(5)
勉強の仕方(119)
未来の教育(31)
MOOC(2)
無の文化(9)
メディア(8)
森の学校オンエア(2)
森リン(103)
問題集読書(33)
読み物(1)
四行詩(13)
未分類(378)

QRコード






 
小学生、中学生、高校生の作文(2007年4月まで)
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。