記事 2374番  最新の記事 <前の記事 後の記事> 2020/7/5
国語の勉強法としての音読、問読、難読
森川林 2015/07/02 21:14 

 国語の勉強というと、ほとんどの人は、国語の問題集を解くようなことを考えると思います。しかし、問題集をいくら解いても、その解説をいくら聞いても、国語力はつきません。
 国語力とは、国語の問題を解く力ではなく、日本語の文章を読み取る力だからです。更に言えば、その読み取る力の土台の上に、日本語の文章を表現する力だからです。
 国語力があれば、国語の問題を解く力は、短期間で身につきます。
 例えば、高3の生徒が、夏休みの8月ごろ、試しに国語のセンター試験をやってみると、平均点と言われる6割ぐらいしか取れないことがあります。
 しかし、その生徒に、1、2時間解き方を説明するだけで、次の週からは、満点近い成績を取れるようになることが多いのです。それぐらい、国語力と国語の成績との間にはギャップがあります。
 だから、基準にするのは、国語の成績ではなく、国語力です。
 その国語力は、どうやってつくのかというと、それは、繰り返し難しい文章を読むことによってです。
 ところが、その単純なことがなかなかできません。なぜできないかというと、難しい本を読むということは、真っ暗なでこぼこ道をろうそくの火を頼りに進むようなものだからです。
 これに対して問題集を解く勉強は、明るい舗装された道を、わかりやすいクイズを解きながら進むようなものです。
 だから、ほとんどの人は、やりやすい問題集を解く勉強をしてしまうのです。

 難しい文章を読むためには、読むという行為を外化させる必要があります。それが音読です。
 黙読では、途中で挫折してしまう文章も、音読であれば読み続けることができます。そして、読み続けているうちに読む力がついてくるので、やがて黙読でも読めるようになってくるのです。

 この音読は、小学校低学年から始められます。大事なことは、どんなに下手な読み方をしても、間違った読み方をしていても、すべて褒めてあげることです。
 音読が続けられなくなるいちばんの原因は、読み方の注意だからです。注意を一切しなくても、読み続けていれば読み方は自然に上手になっていきます。
 しかし、注意をすれば、すぐに親の前で読むことを嫌がるようになり、結局肝心の音読を続けることができなくなってしまうのです。

 小学校高学年になるころから、問読(問題集読書)に取り組むことができるようになります。
 国語力をつけるための最適の文章は、新聞のコラムよりも、むしろ実際の入試問題の文章です。
 力のある生徒は、この入試問題集の文章を喜んで読みます。力のない生徒は、読むとすぐに眠くなります。だから、ここでも音読が必要になるのです。(つづく)
 参加フォーム/言葉の森企画
国語力がつく読解検定7月
学校、塾、地域の団体受検もできます。 解き方のコツは、「読解・作文力の本」を参考にしてください。 言葉の森
 

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
国語力読解力(155) 記述力(0) 

コメント欄

コメントフォーム
国語の勉強法としての音読、問読、難読 森川林 20150702 に対するコメント

▼コメントはどなたでも自由にお書きください。
もやゆよ (スパム投稿を防ぐために五十音表の「もやゆよ」の続く1文字を入れてください。)
 ハンドルネーム又はコード:

(za=森友メール用コード
 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。
新着コメント1~3件
夏のオンライン nane
 言葉の森の少人数オンラインクラスは、未 7/3
夏のオンライン 森川林
 夏のオンラインスクールを開講します。 7/3
エデュナビで「 nane
 私は、言葉の森の設立当初から、教育の目 6/26
……次のコメント

オープン教育 1~3件
オープンの川
鳥の村 1~3件
鳥の村
虹の谷 1~3件
虹の谷
過去の記事

過去の1~30件目を表示
■記述力をつけるために 7月1日
■頭をよくする話しかけ方 6月29日
■これから必要になる学力は創造力、これから必要になる勉強法は寺子屋オンエア方式 その2 6月24日
■寺子屋オンエアをもっと充実させるために、今予定していること 6月23日
■これから必要になる学力は創造力、これから必要になる勉強法は寺子屋オンエア方式 6月19日
■夏の自然寺子屋合宿、1日目はいかだ作り、2日目はウニ遊び 6月16日
■本を読まない子、言うことを聞かない子、集中力のない子、ゲームばかりしている子など、問題のある子への対応には、工夫が必要 6月15日
■ネットを使って自宅で受検できる作文検定――対象学年小1~高3 6月13日
■国語力は身体力――週2日では現状維持、週3日以上、できれば毎日(その2) 6月10日
■国語力は身体力――週2日では現状維持、週3日以上、できれば毎日(その1) 6月9日
■勉強は凡事徹底 6月8日
■プレゼン作文発表会、大成功のうちに終了 6月7日
■プレゼン作文発表会は参加者60名で開催 6月5日
■これから起きるかもしれない経済破綻と、新しい未来の社会 6月2日
■勉強の一休みは校舎の屋上で 5月28日
■寺子屋オンエアの勉強の可能性 5月26日
■夏合宿本日締め切り――車に酔わない方法、おねしょをしない方法 5月25日
■寺子屋オンエアの受講案内改訂 5月22日
■勉強は、何かに役立たせるためにするのではない 5月21日
■義務教育の自由化の流れ 5月20日
■勉強は、すぐわからないところが面白い 5月18日
■夏の自然寺子屋合宿のお知らせ 5月12日
■プレゼン作文発表会のお知らせ 5月12日
■読解力、記述力のもとになる思考力を鍛える、国語問題集読書のあとの質問と対話 5月7日
■寺子屋オンエアの未来(1) 5月1日
■なぜ寺子屋オンエアか 4月29日
■国語力は、森リン点に表れる 4月27日
■「寺子屋オンエア」は、5月から、45分、1時間、1時間半、2時間などのコースも 4月24日
■考える力をつける「楽しい説明文の本」 4月17日
■タブレット教育に対する疑問――真のICT教育とは 4月15日
……前の30件
RSS
RSSフィード

カテゴリー
全カテゴリー

QRコード


通学できる作文教室
森林プロジェクトの作文教室

リンク集
現在作成中です。
Zoomサインイン
ソースネクスト
FJNBP-1337-6644-8260-5410




 
小学生、中学生、高校生の作文(2007年4月まで)
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。