小学校1、2年生は、日記の宿題よりもまず読書を――家庭学習の基準は中高生まで続けられること 中学生の勉強も基本は音読暗唱で 読書は、好きな1冊を何度も、じっくりよりも早く、易よりも難で 遊びによる子供の個性の発見のためには、他の家族の遊び方を参考にすることも必要 帰国子女の漢字の勉強は作文で

記事 2481番  最新の記事 <一つ前の記事 一つ後の記事> 2017/10/22 
21世紀に求められる教育と仕事と森林プロジェクト
森川林 2015/11/30 11:01 


 塚澤健二さんの「そして偽装経済の崩壊が仕組まれる」(ビジネス社)に、「これだけ違う『二十世紀』と『二十一世紀』の価値観」と題して、わかりやすい対応の表が書かれています。
http://www.amazon.co.jp/dp/4828418504
 20世紀は、成長社会で、戦争の世紀でした。そこから、経済的な用語にも、ストラテジー、タクティクス、ターゲットなど戦争用語が使われていました。
 それに対して、21世紀は、成熟社会で、生命(生物)の社会になっています。使われる用語も、インキュベーション、ハイブリッド、コラボレーションなど生物学的な用語が多くなっています。

 また、20世紀は、正解のある時代で、良い大学を卒業して大企業に就職することがひとつの幸せのパターンになっていました。そこで求められる能力は、試験処理能力で、良いか悪いか、損か得か、正しいか正しくないかが客観的に判断できる社会でした。

 これに対して、21世紀は、正解のない時代で、良い大学を出ることや大企業に入ることが必ずしも成功とは言えなくなっています。こういう社会で求められる能力は、クリエーション能力で、好きか嫌いか、信じるか信じないかを基準に、自分を軸として決断することが求められるようになっています。

 戦後すぐの1950年のころのサラリーマン比率は34パーセントでした。これが2012年には88パーセントになっています。つまり、ほとんどの人が会社に勤めるような人生を送っています。
 これまでの社会では、会社勤めは正解でした。会社が成長する形で、日本が成長してきたからです。しかし、これからの時代は、日本の成長が鈍化する中で、会社の成長も停滞してきます。そして、その中でもなお成長を続ける会社は、機械化を進め、雇用を減らしていけるような会社です。

 これからの子供たちが暮らす社会は、正解のない社会です。だからこそ、そこで必要になるのがクリエーション能力と決断力なのです。
 では、これまで正解のある人生を送ってきた大人が、正解のない社会での生き方を子供に伝えることができるかと言えば、それは難しいと思います。

 そこで生まれているのが、女性を中心としたミニ起業志向ではないかと思います。
 たぶん、多くの人は、これからの社会は自分の力で仕事をしていかなければならない社会になると直観的に感じています。それがたとえ小さな試みであっても、自分自身がそういう経験を少しでもしていれば、子供が同じような決断をするときに助けになることができるのです。

 政府は、昨年全国300か所に創業塾を開き、全国で13000人の創業希望者を募りました。
 日本の国自体が、これからは独立起業精神を持った人が続々と現れるのでなければ発展しなくなっているのです。

 言葉の森は、現在、森林プロジェクトという、誰もが作文指導を行える仕組みを作っています。このプロジェクトに、今後は寺子屋オンエアの指導を組み合わせ、そこに、作文検定や暗唱検定やプレゼン作文発表や幼児親子作文などの企画を取り入れていきたいと思っています。

 誰もが小さな独立の仕事を始めることによって、日本の社会が活性化していきます。
 世の中には、少子化だから需要が減るのは仕方ないと考える人もいますが、人口の多さが生み出す需要は、結局「物」の需要でしかありません。

 これからの時代に必要なのは、「物」の需要ではなく「事」の需要です。そして、「事」の需要は、人口に比例するのではなく、その国民の文化度や向上心に比例します。
 そういう新しい社会を切り開く大きな可能性を持っている国が日本なのです。

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
森林プロジェクト(50) 政治経済(63) 

コメント欄

コメントフォーム
21世紀に求められる教育と仕事と森林プロジェクト 森川林 20151130 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。
 ハンドルネーム又はコード:

(za=森友メール用コード
 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。
メルマガの配信
▼バックナンバー
○一般用 ダイジェスト版
○生徒用 完全版

Facebookページ
言葉の森作文ネットワーク
いいね! 16,301件
新着コメント1~10件
コメントは24時間以内に表示
プレゼン作文発 森川林
 これまでのプレゼン作文発表会は、あらか 10/20
雨の日は明るい nane
 自分の子供が小さかったとき、「もしこの 10/20
雨の日は明るい 森川林
 いつも明るい気持ちでいるのが難しいとい 10/20
受験作文コース nane
 受験作文コースで練習した生徒は、合格し 10/19
受験作文コース 森川林
 入試に作文試験があり、それがかなり得点 10/19
小1オンライン nane
 子育てには、やりすぎの問題と、やらなさ 10/18
小1オンライン 森川林
 勉強の仕方のコツを知っていると知らない 10/18
小1オンライン nane
 私は、いつも同じことを言っていますが、 10/17
小1オンライン 森川林
 今回は、小1の生徒を中心にしていました 10/17
学力向上の秘訣 nane
 知っていることと、できることは、かなり 10/16
……次のコメント

オープン教育 1~10件
オープンの川
過去の記事

過去の1~30件目を表示
■小学校1、2年生は、日記の宿題よりもまず読書を――家庭学習の基準は中高生まで続けられること 11月27日
■中学生の勉強も基本は音読暗唱で 11月26日
■読書は、好きな1冊を何度も、じっくりよりも早く、易よりも難で 11月25日
■遊びによる子供の個性の発見のためには、他の家族の遊び方を参考にすることも必要 11月24日
■帰国子女の漢字の勉強は作文で 11月23日
■外国人にとって日本語を学ぶのは意外と簡単 11月22日
■作文指導も今後はネットの中で――森林プロジェクトの未来 11月21日
■家庭が子供の教育のもとになる場――「天才はなぜ生まれるか」を読んで 11月20日
■中学生の問題集読書の進め方――読解問題の選択肢の分析 11月19日
■親子の遊びを小学校低学年の作文に生かす――実行課題作文発表会 11月18日
■学習障害を改善する高速言語入力、そしてその先にある超速読と超暗唱という方法 11月17日
■日本語が学力の中心――帰国子女の日本語教育と暗唱学習 11月16日
■外国人が日本語を勉強する方法としての読書、音読、暗唱 11月15日
■森林プロジェクトと寺子屋オンエアを通信制のフリースクール的な学校に 11月14日
■家庭学習の基本は、毎日同じことを同じように――新しい暗唱長文集を作成中 11月13日
■中学生は、その場しのぎでなく、長期的な作戦を立てた勉強を 11月12日
■遊びのような勉強――プレゼン作文発表会 11月11日
■世界を豊かにするための三つの対策と森林プロジェクト 11月10日
■読書についての質問二つ――「『かいけつゾロリ』ばかり」「質問しても答えられない」 11月10日
■帰国子女と受験作文 11月9日
■外国人と日本語――それぞれの関心に合わせた日本語の本の読書会を計画中 11月8日
■森林プロジェクトの話――作文検定と交流会 11月6日
■中学生の勉強は、差のつく数学、大事な国語、読む英語 11月6日
■遊びは創造性を育てる勉強 11月5日
■中学生になる前に、勉強に取り組む姿勢を作る 11月4日
■高校生になったら、易しい本をたくさん読むよりも難しい本に挑戦 11月2日
■子育ての重要な目標は、一に勉強、二に個性を育てること――子供の教育は学校+家庭学習で 10月31日
■中学生の勉強法――教材は1冊主義で 10月29日
■遊びの持つ創造性――プログラミング教育は枠のない遊び 10月28日
■作文と読書の深い関係 10月27日
……前の30件
HPの記事検索
ホームページの全記事

 言葉の森新聞

Google+ページ
言葉の森作文オンエア

Twitter
言葉の森@kotomori

RSS
RSSリーダー

代表プロフィール
森川林(本名中根克明)

講師ブログ
言葉の森の講師のブログ

算数の通信教育
できた君の算数クラブ

カテゴリー
全カテゴリー
ICT教育(1)
遊び(6)
新しい産業(23)
暗唱(121)
生き方(41)
息抜き(19)
いじめ(1)
インターネット(25)
英語教育(10)
オープン教育(24)
親子作文コース(9)
オンエア講座(41)
オンエア作文(2)
音声入力(10)
音読(22)
外国人と日本語(4)
科学(5)
学問コース(1)
学力テスト(2)
合宿(14)
家庭学習(92)
家庭で教える作文(55)
漢字(17)
帰国子女(12)
教育技術(5)
教育論文化論(255)
教室の話題(26)
行事と文化(1)
ゲーム的教育(4)
合格情報(27)
高校入試作文小論文(10)
構成図(25)
公立中高一貫校(63)
国語問題(15)
国語力読解力(155)
子育て(117)
言の葉クラブ(2)
言葉の森サイト(41)
言葉の森の特徴(83)
言葉の森のビジョン(51)
子供たちの作文(59)
作文教育(134)
作文検定試験(4)
作文の書き方(108)
算数・数学(22)
自習検定試験(10)
自習表(5)
自然災害(1)
実行課題(9)
質問と意見(39)
受験作文小論文(89)
小学校低学年(79)
森林プロジェクト(50)
政治経済(63)
生徒父母向け記事(61)
生徒父母連絡(78)
全教科指導(2)
センター試験(7)
創造が価値の源泉となる社会(9)
大学入試(14)
対話(45)
他の教室との違い(22)
知のパラダイム(15)
中学生の勉强(21)
中高一貫校(11)
寺子屋オンエア(101)
読書(95)
読書感想文(19)
読書実験クラブ(9)
友達サイト(7)
日本(39)
日本語脳(15)
発達障害(1)
東日本大震災(15)
facebook(29)
facebookの記事(165)
プレゼン作文発表会(20)
プログラミング教育(5)
勉強の仕方(119)
未来の教育(31)
MOOC(2)
無の文化(9)
メディア(8)
森の学校オンエア(2)
森リン(103)
問題集読書(33)
読み物(1)
四行詩(13)
未分類(378)

QRコード






 
小学生、中学生、高校生の作文(2007年4月まで)
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。