国語力をつけるために家庭で簡単にできること 考える読書と対話が子供の思考力を育てる 【重要】3月15日(水)言葉の森本部の建物点検のため電話とメールはつながりません 国語の勉強は算数の2~3倍 本当の学力をつけるなら読書

記事 2879番  最新の記事 <一つ前の記事 一つ後の記事> 2018/8/19 
子供は家庭の中で育つ
森川林 2017/03/07 20:48 


 子供が成長する場は家庭です。
 学校でも塾でも何かの習い事の教室でもありません。

 家庭でのお父さんとお母さんの関わり方が、子供の成長のエネルギーになっています。

 子育てに手がかかって大変だというのは、あとからふりかえればほんのわずかの時期です。
 そのわずかの時期に手をかけることが、あとで親にも子にも何倍にもなって戻ってくるのです。

 では、具体的にどうしたらいいかというと、それは、読書と対話と経験です。
 お金をかけてどこかのレジャーランドに連れていくようなことではなく、日常の生活の中で、子供が興味を持つようなことを一緒にやってみるのです。

 先日の小2と小3の思考発表クラブで紹介した話は、「ジグも釣り」でした。
 今日の新小4の思考発表クラブでで紹介した話は、「山菜採り」でした。

 こういう実際の自然の体験をもとに、親子でいろいろなことを話してみるのです。
「どうして、ジグモは土の中に巣を作るような生活を始めたんだろう」とか
「どうして、タラの木には棘が生えているんだろう」とかいう話です。

 今の社会には、答えのある質問にどれだけ早く答えられるかいう評価が溢れています。
 だから、家庭では、答えのない考える対話を親子でたっぷりしていくといいのです。

 では、答えのある問題に早く答える力はどう育てたらいいかというと、それは自学自習です。
 勉強の基礎と先取りは、自学自習でしっかり身につけ、その結果余裕のできた時間は、読書と対話と経験で充実させていくといいのです。

====
「仕事優先の社会から子供優先の社会へ」
https://www.mori7.com/index.php?e=1464

 今は、大人の仕事や生活が中心の社会だが、
 将来は、子供の幸福な成長が中心の社会になる。
 仕事優先から子供優先になったとき、
 社会の質も変わってくる。

 子供が小学生なのに、父親だけ単身赴任という家庭があります。

 会社の都合が優先され、父親不在の家庭が生まれることによって、社会全体としては大きな損失を被っているはずですが、そのことを指摘する人はほとんどいません。

 仕事優先の考えが行きわたっているからです。

 子供が小学生なのに、仕事にくたびれたお父さんが、せっかくの日曜日に昼まで寝ている家庭があります。(あ、たまにはいいんですけど(笑))

 やはり、仕事優先の考えが行きわたっているからです。

 子供たちの成長の基盤になるのは家庭です。

 どういう家庭が理想かということは、自分が子供だったときのことを思い出してみればわかります。

 優しい父と母、楽しいお喋り、自由な時間が子供たちの宝物の時間だったはずです。

 そういう家庭文化を作っていくのが、これからの親も含めた社会全体の課題になると思います。


 今日は雨模様の静かな日曜日。

 こういう日も、まず家の中で、お父さんかお母さんが率先して太陽のような笑顔を見せることです。

 子供は影響されやすいので、すぐに楽しい笑い声が広がります。

 どんな天気の日も、家の中だけは快晴にしていきましょう。
====

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
子育て(117) 

コメント欄

森川林 2017年3月7日 20時53分 1 
 子育ての最中は大変です。手のかかることばかりがあります。
 しかし、じきに子供は成長して、どの子も手がかからなくなります。
 すると、そのころになって、もっと小さいときに手をかけてやればよかったと思うのです。
 だから、お父さんは、日曜日はがんばって子供と遊んであげることです(笑)。


nane 2017年3月7日 21時2分 1 
 親子の対話で大事なことは、親は、自分の体験したこと、自分の考えたことを話すようにすることです。
 自分の知っていることを話すという知識のやりとりは、結局答えのある話になってしまうからです。


namura 2017年3月8日 5時17分 10 
成長につれ、子どもとの関わりも減りつつありますが、それでもなお、会話を通し、コミュニケーションを大切にしてきたいですね。

mae 2017年3月9日 8時16分 9 
外がどんな嵐であろうとも、家の中はいつも快晴で! 心がけていきたいです。

touko 2017年3月10日 2時38分 77 
家庭の日常生活が、子どもの成長に与える影響の大きさを、もう一度自分の中で自覚したい・・・お父様お母様に読んでいただきたい記事です。

コメントフォーム
子供は家庭の中で育つ 森川林 20170307 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。
めもやゆ (スパム投稿を防ぐために五十音表の「めもやゆ」の続く1文字を入れてください。)
 ハンドルネーム又はコード:

(za=森友メール用コード
 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。
メルマガの配信
▼バックナンバー
○一般用 ダイジェスト版
○生徒用 完全版

Facebookページ
言葉の森作文ネットワーク
いいね! 17,226件
新着コメント1~3件
コメントは24時間以内に表示
読解力には段階 森川林
 子供たちの読解力が低下しているといった 8/18
読解力には段階 nane
 論理的な読解力をつけるのに、特別の教材 8/17
読解力には段階 森川林
 国語の読解力とは、単に論理的に読み取る 8/17
……次のコメント

オープン教育 1~10件
オープンの川
過去の記事

過去の1~30件目を表示
■国語力をつけるために家庭で簡単にできること 3月5日
■考える読書と対話が子供の思考力を育てる 3月4日
■【重要】3月15日(水)言葉の森本部の建物点検のため電話とメールはつながりません 3月3日
■国語の勉強は算数の2~3倍 3月3日
■本当の学力をつけるなら読書 3月2日
■家庭で勉強させるコツ 3月1日
■考える勉強、発表する勉強 2月28日
■小学1年生の作文は、書かせて直す教え方ではなく、書かせて褒める教え方で 2月27日
■作文の習い事は、最初の教室選びが肝心 2月25日
■新「寺子屋オンライン企画」の概要 2月23日
■寺子屋オンラインの概要と参加者募集記事を明日中にアップします 2月22日
■真の賢さを育てるのは、問題集を解く勉強ではなく、読書と作文と親子の対話 2月21日
■テレビとインターネットを消して、読書と作文の時間の確保を 2月21日
■英語教育は小学3年生からでは早すぎる――小1~小3は日本語の基礎を作る時期 2月20日
■誰にでもできる暗唱の方法 2月18日
■学年が上がるほど、家庭で作文の学習に力を入れる必要がある 2月18日
■勉強は、教材よりも、本人の学び方 2月17日
■子供の考える力を育てる親子の対話 2月17日
■長く続けられる習い事で「GRIT(やりぬく力)」を育てる 2月15日
■うまく行っていないときほど、その中でのよいところを褒める 2月13日
■個人の利益のための教育から、社会の利益のための教育へ 2月12日
■書く勉強より、読む勉強を中心に 2月11日
■受験の合否にかかわらず、人生はいずれもいい結果になる 2月10日
■暗唱検定3級の暗唱長文のルビの一部訂正――百人一首の暗唱の仕方 2月10日
■知識の教育から、文化の教育へ――2つのメルマガからの引用 2月9日
■個性と創造性を伸ばす教育は、人間の交流の中から。そして人間の交流を支えるツールは、オンライン教育 2月8日
■小学校低学年は、やらせれば何でもやる時期だからこそ、子供の自主性を尊重することが大事 2月7日
■国語力、作文力をつけるためには、まず「読む」こと 2月6日
■小学1年生の勉強は、楽しくやるから長続きする 2月5日
■「人間は……」と大きく考えることのできる小6の生徒は50パーセント 2月4日
……前の30件
HPの記事検索
ホームページの全記事

 言葉の森新聞

Google+ページ
言葉の森作文オンエア

Twitter
言葉の森@kotomori

RSS
RSSリーダー

代表プロフィール
森川林(本名中根克明)

講師ブログ
言葉の森の講師のブログ

算数の通信教育
できた君の算数クラブ

カテゴリー
全カテゴリー
ICT教育(1)
遊び(6)
新しい産業(23)
暗唱(121)
生き方(41)
息抜き(19)
いじめ(1)
インターネット(25)
英語教育(10)
オープン教育(24)
親子作文コース(9)
オンエア講座(41)
音声入力(10)
音読(22)
オンライン作文(2)
外国人と日本語(4)
科学(5)
学問コース(1)
学力テスト(2)
合宿(14)
家庭学習(92)
家庭で教える作文(55)
漢字(17)
帰国子女(12)
教育技術(5)
教育論文化論(255)
教室の話題(26)
行事と文化(1)
ゲーム的教育(4)
合格情報(27)
高校入試作文小論文(10)
構成図(25)
公立中高一貫校(63)
国語問題(15)
国語力読解力(155)
子育て(117)
言の葉クラブ(2)
言葉の森サイト(41)
言葉の森の特徴(83)
言葉の森のビジョン(51)
子供たちの作文(59)
作文教育(134)
作文検定試験(4)
作文の書き方(108)
算数・数学(22)
自習検定試験(10)
自習表(5)
自然災害(1)
実行課題(9)
質問と意見(39)
受験作文小論文(89)
小学校低学年(79)
森林プロジェクト(50)
政治経済(63)
生徒父母向け記事(61)
生徒父母連絡(78)
全教科指導(2)
センター試験(7)
創造力(9)
大学入試(14)
対話(45)
他の教室との違い(22)
知のパラダイム(15)
中学生の勉强(21)
中高一貫校(11)
寺子屋オンライン(101)
読書(95)
読書感想文(19)
読書実験クラブ(9)
友達サイト(7)
日本(39)
日本語脳(15)
発達障害(1)
東日本大震災(15)
facebook(29)
facebookの記事(165)
プレゼン作文発表会(20)
プログラミング教育(5)
勉強の仕方(119)
未来の教育(31)
MOOC(2)
無の文化(9)
メディア(8)
森の学校オンライン(2)
森リン(103)
問題集読書(33)
読み物(1)
四行詩(13)
未分類(378)

QRコード






 
小学生、中学生、高校生の作文(2007年4月まで)
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。

Donate with IndieSquare