大事なのは勉強そのものではなく勉強の方法――特に高3生は過去問を 森林プロジェクトで、小4からの英語暗唱講座を企画する予定 国語の成績をよくするためには、物語文でも説明文でも難しい文章を楽しく読める力をつけること 思考発表クラブの体験学習を募集中 動物のいる生活と子供の教育

記事 2921番  最新の記事 <一つ前の記事 一つ後の記事> 2017/4/28 
勉強をコントールする力をつける――そのための親の勉強観
森川林 2017/04/17 05:37 


 今、子供たちの身の回りには、さまざまなやらなければならないことが押し寄せています。
 それは、大人も同様です。
 最近、時間が不足するという人が増えているのは、生活の本質に関係のないような雑事があまりにも増えてきたためです。

 大人の場合は、それでも自分で計画を立てて自分の生活をコントロールすることができます。
 しかし、子供はこれからそういうことを学ぶ時期にいるのですから、自分で生活をコントロールすることはまだできません。

 だから、親が子供に、大事なことで継続することと、大事でないことで適度に抑制することを教えてあげる必要があります。
 それは食べ物の好みのコントロールと同じで、子供が好きな甘いものばかり食べさせるのではなく、野菜などもきちんととることをすすめることと共通しています。

 子供の時間のコントールを考えるときに、大事になってくるのが、親の勉強観です。
 学校や塾で言われたとおりにやっていると、子供の勉強時間はどんどん長くなります。
 どの先生も、自分の教えていることが大事だと思っているからです。
 その結果、誰からも何も言われない読書の時間が削られてしまう子も多いのです。

 小学生のころは、長い目で見れば、勉強よりも読書の方が大事です。
 今の成績をよくすることに追われて、読書を後回しにしている子は、かえってあとで伸びなくなります。

 例えば、漢字の書き取りテストなどをすれば、出来不出来の結果がすぐに出ます。
 結果が出るものは、誰でもつい優先してしまいます。
 しかし、読書はしてもしなくても、結果として出てくるものはありません。
 だから、読書は置いておいて、まず漢字の勉強をということになってしまいがちなのです。

 両方できるのがもちろんいいのですが、どちらが大事かと言えば、明日の漢字のテストより今日の読書の方です。
 これは、異論のある方も多いと思いますが、これまでいろいろな子供たちを見ているとそういうことがわかるのです。
 だから、親は、できるだけ長期的な視野で子供の成長を考え、子供の生活時間を考えていく必要があります。

 思考発表クラブでは、毎週、子供たちに今読んでいる本を紹介してもらいます。
 互いの本の紹介が刺激になるのか、どの子もいい本を選んできます。
 こういう読書を柱とする勉強をしていくことが、将来の子供たちの大きな力になっていくと思います。

====
塾の時代のあとの独学の時代のあとに来るもの(3)勝つための勉強、向上するための勉強、創造するための勉強
https://www.mori7.com/index.php?e=2157

 これからの勉強は、大きく3つに分けて考える必要があります。
 第一は、勝負に勝つための勉強です。これは、受験に合格するための勉強で、その中心になるのは正しい勉強法と、受験という短期間に集中して取り組むための密度の濃い時間の使い方です。
 第二は、実力を向上させるための勉強です。この勉強の中心になるのは、毎日の家庭での自習の習慣です。
 そして、第三は、創造性と思考力を育てるための勉強です。この勉強の中心になるのは、難しい問題を自分が納得できるまで考えるという子供の生活時間の余裕です。

 受験に合格するための勉強には、大人の目からのアドバイスも必要です。
 高校生になれば、自分自身で客観的に勉強の方法を決めることもできますが、小中学生はそうではありません。
 例えば、テストで間違えたときも、ほとんどの子供が、「合ってた」「間違えた」という結果を確かめるだけで終わってしまいます。間違いについても、その原因は、「うっかりしていた」「計算ミスだった」「勘違いしていた」というようなことで済ませてしまいがちです。
 この間違いの中に、本質的な勉強の弱点があることを見抜くには、やはり大人の目による分析が必要です。
 しかし、親が子供の勉強をひとりで見るのは大変です。親の勉強の見方をアドバイスするような仕組みがあれば、受験勉強も、基本的に独学と家庭学習でやっていけます。
 言葉の森では、今後、寺子屋オンエアと同じような方法で、こういうアドバイスもやっていきたいと思っています。

 実力をつけるための自習は、本来的に家庭で行うものです。
 ところが、親が日常的に子供の勉強を見るような時間的余裕は、どこの家庭でもあまりないのが普通です。そこで、今後は、地域で、寺子屋のような形で子供たちの自習を見るという仕組みが生まれてくると思います。
 地域でリアルな寺子屋が生まれるまでは、オンエアによるバーチャルな寺子屋が、子供たちの集団的な自習を見ていける場になると思います。

 家庭学習を行う際に必要なものは、毎日決まった時間に決まったことをするという継続力と、もうひとつは、メディアを自主的にコントロールする力です。
 テレビ、ゲーム、インターネット、ソーシャルメディア(facebook、ブログ、Lineなど)は、子供だけでなく、大人のになってもうまくコントロールできないものです。これらのメディアは、これからますます魅力あるものになっていきます。だから、これらを自由な放任に任せることはできません。しかし、全面的に禁止というのもまた問題です。
 これからの社会では、子供自身が、豊富なメディアをコントロールする力をつけていく必要があります。そのために、テレビを見る時間、ゲームをする時間、SNSをする時間、それらをしない時間と、しないための工夫などを、意識的に作っていく必要があります。

 創造性を育てる教育とは、考えることが好きな子、オリジナルであることが好きな子を育てることです。これは、速く正確な答えを出すことが目的となる受験勉強とは、ある意味で正反対のものです。(難関校では、考えるのが好きな子を見るような試験問題も出されていますが、そういう問題はごく一部です。)

 考える勉強をするための教材としてふさわしいものは、算数オリンピックに出てくるような、楽しめる難問です。
 しかし、算数は、答えがあるから取り組みがいがありますが、国語的な勉強の難問には、答えがありません。(つづく)
====

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
読書(95) 小学校低学年(79) 家庭学習(92) 

コメント欄

森川林 20170417 1 
 やれと言われることを全部やっていたら、子供の生活時間はそれで埋められてしまいます。
 本当に大事なことは、ほんのわずかです。
 それは、読書と対話と自由な遊びです。
 しかし、その本当に大事なことが今の社会では最も後回しにされやすいのです。


nane 20170417 1 
 きちんと真面目に言われたことをやることと、大局を見て重点を絞ることは、個人の中ではなかなか一致しません。
 だから、勉強の仕方についても、母親と父親の意見のすり合わせが大事なのだと思います。


コメントフォーム
勉強をコントールする力をつける――そのための親の勉強観 森川林 20170417 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。
 ハンドルネーム又はコード:

(za=森友メール用コード
 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。
メルマガの配信
▼バックナンバー
○一般用 ダイジェスト版
○生徒用 完全版

Facebookページ
言葉の森作文ネットワーク
いいね! 15,861件
新着コメント1~10件
家庭がいちばん nane
 家庭教育の大切さを主張する人は多いです 6:22
家庭がいちばん 森川林
 家庭こそが子供たちの本当の教育の場です 6:11
プレゼン作文発 nane
 今回からgoogleハングアウトは25 4/27
プレゼン作文発 森川林
 5月27日(土)午後1時半からプレゼン 4/27
直すところを指 touk
作文がうまくなっていく生徒さんは、家庭で 4/26
直すところを指 nane
 作文の勉強で大事なのは、書いたあとでは 4/26
直すところを指 森川林
 実力と成績とは区別して考える必要があり 4/26
小4の思考発表 森川林
 小4の5.1週の課題は、「家族でスポー 4/25
小6の思考発表 nane
 これまでの勉強は、答えを早く見つける勉 4/25
小6の思考発表 森川林
 思考発表クラブは、次の週の作文の予習と 4/25
……次のコメント

オープン教育 1~10件
オープンの川
過去の記事

過去の1~30件目を表示
■大事なのは勉強そのものではなく勉強の方法――特に高3生は過去問を 4月16日
■森林プロジェクトで、小4からの英語暗唱講座を企画する予定 4月15日
■国語の成績をよくするためには、物語文でも説明文でも難しい文章を楽しく読める力をつけること 4月14日
■思考発表クラブの体験学習を募集中 4月13日
■動物のいる生活と子供の教育 4月13日
■公立中高一貫校向けの勉強と家庭学習 4月12日
■森林プロジェクトと作文教育文化 4月11日
■国語の成績を上げるなら、まず作文、感想文の勉強から 4月10日
■四行詩の世界 4月10日
■小4からの英語暗唱講座を企画中 4月8日
■言葉の森の教材を使って自宅で作文を教える「森林プロジェクト」の作文講師資格講座 4月8日
■記述問題に強くなる国語問題集読書の50字感想練習 4月8日
■国語力だけでなく、学力全体がぐんぐん伸びる、小1からの日本語暗唱入門 4月8日
■江戸時代の寺子屋と現代の新しい教育 4月6日
■本当の国語力、成績の上の国語力 4月5日
■小学生の学年別作文学習のポイント 4月4日
■勉強の目的は、勉強ができるようになることではなく、その勉強を使って何かができること 4月2日
■合格情報(一部) 4月1日
■答えのない勉強の方が楽しく、より高度になる 3月30日
■学習は型を身につけることから始まる――小1の親子作文から高3の論説文まで 3月29日
■勉強の目標は、社会に出て仕事をすること 3月28日
■サーバー移転に伴うデータ送信エラーなどについて 3月28日
■記述や作文の勉強は、音楽やスポーツと同じように慣れが必要 3月27日
■子育ての工夫で親にまさるものはない 3月26日
■一生懸命さを見せずに一生懸命やることが勉強の教え方のコツ 3月25日
■高学年になって作文が得意になるには、低学年のときからの作文指導が大事 3月24日
■これからは、勉強も、遊びも、ビジネスも、プログラミングも 3月22日
■教育の本質は遠回りすること――成績の本質は近回り 3月21日
■国語力をつけるためには、思考力を伸ばすことが大事 3月13日
■子育てで難しいのは、水辺に連れていくことではなく、水を飲ませること 3月12日
……前の30件
HPの記事検索
ホームページの全記事

 言葉の森新聞

Google+ページ
言葉の森作文オンエア

Twitter
言葉の森@kotomori

RSS
RSSリーダー

代表プロフィール
森川林(本名中根克明)

講師ブログ
言葉の森の講師のブログ

算数の通信教育
できた君の算数クラブ

カテゴリー
全カテゴリー
ICT教育(1)
遊び(6)
新しい産業(23)
暗唱(121)
生き方(41)
息抜き(19)
いじめ(1)
インターネット(25)
英語教育(10)
オープン教育(24)
親子作文コース(9)
オンエア講座(41)
オンエア作文(2)
音声入力(10)
音読(22)
外国人と日本語(4)
科学(5)
学問コース(1)
学力テスト(2)
合宿(14)
家庭学習(92)
家庭で教える作文(55)
漢字(17)
帰国子女(12)
教育技術(5)
教育論文化論(255)
教室の話題(26)
行事と文化(1)
ゲーム的教育(4)
合格情報(27)
高校入試作文小論文(10)
構成図(25)
公立中高一貫校(63)
国語問題(15)
国語力読解力(155)
子育て(117)
言の葉クラブ(2)
言葉の森サイト(41)
言葉の森の特徴(83)
言葉の森のビジョン(51)
子供たちの作文(59)
作文教育(134)
作文検定試験(4)
作文の書き方(108)
算数・数学(22)
自習検定試験(10)
自習表(5)
自然災害(1)
実行課題(9)
質問と意見(39)
受験作文小論文(89)
小学校低学年(79)
森林プロジェクト(50)
政治経済(63)
生徒父母向け記事(61)
生徒父母連絡(78)
全教科指導(2)
センター試験(7)
創造が価値の源泉となる社会(9)
大学入試(14)
対話(45)
他の教室との違い(22)
知のパラダイム(15)
中学生の勉强(21)
中高一貫校(11)
寺子屋オンエア(101)
読書(95)
読書感想文(19)
読書実験クラブ(9)
友達サイト(7)
日本(39)
日本語脳(15)
発達障害(1)
東日本大震災(15)
facebook(29)
facebookの記事(165)
プレゼン作文発表会(20)
プログラミング教育(5)
勉強の仕方(119)
未来の教育(31)
MOOC(2)
無の文化(9)
メディア(8)
森の学校オンエア(2)
森リン(103)
問題集読書(33)
読み物(1)
四行詩(13)
未分類(378)

QRコード






 
小学生、中学生、高校生の作文(2007年4月まで)
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。