記事 3057番  最新の記事 <前の記事 後の記事> 2020/8/14
集中力のある勉強の仕方を身につける
森川林 2017/10/04 06:26 


 勉強も仕事も、やらなけれがならないと言われているものは、もともとあまり面白くないものが多いものです。
 集中してやれば短時間でできることなのに、なかなか始められなかったり、ついだらだらやってしまったりすることがよくあります。

 しかし、集中力がないということはある意味で人間的なことです。
 機械であれば、同じ作業を集中して延々と続けます。
 もし、人間でもそういうことができる人がいたとすれば、その人は仕事も勉強もよくできるようになるかもしれませんが、あまり人間味があるとは言えません。
 人間味には、いろいろな要素がありますが、そのひとつが創造性です。
 創造性のある人は、やり方の決められたことに長時間集中するのが苦手なのです。

 そこで、退屈なことにも集中力をつけて取り組むコツが必要になります。
 まず子供に集中力をつける前提として、無理に長時間勉強をさせないということがあります。
 小学校低学年で、なかなか勉強にとりかからなかったり、すぐに飽きたりするという子の場合、勉強のしすぎという背景があることがかなり多いです。
 親がちょうどいいと思うぐらいの時間は、子供には大体長すぎます。
 親が、これでは短いというぐらいの時間が、子供には適度な時間なのです。

 勉強が適度な時間であるのに、集中できないという場合は、目標を作ることが集中力をつけるコツになります。
 そのひとつが、タイマーを使うことです。
 やらなければならない勉強を始めるのに、それが何分で仕上げられるかという見積りをあらかじめ立ててみるのです。
 この見積りを親が決めるのではなく、子供が自分で決められるようにします。

 例えば、長文の音読暗唱をやるとした場合、5分でやりきれると思えばタイマーを5分にして取り組みます。
 すると、取り組むきっかけができ、目標ができるので、退屈な勉強もすぐに取り掛かれます。

 また、タイマーで時間を見積もるときに、自分の好きな占いの方法で時間を決めると、更に目標が絞りやすくなります。
 人間は、自分の自由意思で決めるよりも、他から決めるきっかけを与えられた方が迷わずに取り組めるのです。

 このタイマーによる方法は、勉強だけでなく遊びにも使うことができます。
 退屈な勉強をしていると、途中でしばらく息抜きをしたくなることがあります。
 息抜きで、インターネットを見たり、漫画を見たりするということは誰でもあります。
 その息抜きに、「では、5分だけ漫画を見てからまた始めよう」などというふうに使うのです。

 子供の勉強や遊びの時間を親が指図しすぎると、子供が自分自身で工夫する力が育ちません。
 小さいころから、自分で時間をコントロールする仕方を身につけておくと、高校生や大学生になり自分の自由意志で勉強をするようになったときにそのコツが役立ってくるのです。

 参加フォーム/言葉の森企画
国語力がつく読解検定8月
学校、塾、地域の団体受検もできます。 解き方のコツは、「読解・作文力の本」を参考にしてください。 言葉の森
 

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
勉強の仕方(119) 

コメント欄

森川林 2017年10月4日 6時27分 1 
 集中力を持たせるには、第一に長時間やらせないことです。
 第二に、予定より早く終わったからと言って、勉強を追加させないことです。(やる人が多い(笑))
 第三は、タイマーをうまく活用することです。
 そして、第四は、退屈な勉強には集中できないのがむしろ人間の本来の姿だと思うことです。


nane 2017年10月4日 6時30分 1 
 集中力のある子を育てるには、子供が何かに熱中していたらそれを途中で止めないことです。
 食事の時間になったとしても、「ご飯だから、もう片付けなさい」などと途中で水を差すようなことはせずに、本人が満足して自然に終えるまで気長に待っていてあげるのです。


コメントフォーム
集中力のある勉強の仕方を身につける 森川林 20171004 に対するコメント

▼コメントはどなたでも自由にお書きください。
えおかき (スパム投稿を防ぐために五十音表の「えおかき」の続く1文字を入れてください。)
 ハンドルネーム又はコード:

(za=森友メール用コード
 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。
新着コメント1~3件
ポストコロナ時 nane
 夏オンの今回の算数小6は難しい問題集に 8/11
ポストコロナ時 森川林
勉強は、同じぐらいの学力の子と一緒にやっ 8/11
「考える社会」 森川林
これから定期的にyoutubeに動画をア 8/10
……次のコメント

オープン教育 1~3件
オープンの川
鳥の村 1~3件
鳥の村
虹の谷 1~3件
虹の谷
過去の記事

過去の1~30件目を表示
■褒めて育てることがなぜ大切か 10月2日
■国語力アップの秘訣(8)――小学1年生の親子作文 10月1日
■受験作文コースの生徒に志望理由書の添削 9月30日
■国語力アップの秘訣(7)――小学1年生の作文指導 9月28日
■国語力アップの秘訣(6)――作文、感想文、小論文 9月27日
■読む勉強法で理科が百点に 9月26日
■国語力アップの秘訣(5)――記述の練習 9月25日
■国語力アップの秘訣(4)――要約の練習 9月24日
■国語力アップの秘訣(3)――スタディサプリの先取り勉強法も 9月23日
■教育における、垂直統合から水平分業への流れ 9月22日
■国語力アップの秘訣(2)――問題集読書のすすめ 9月21日
■国語力アップの秘訣(1)――読む力をつける 9月20日
■「作文が全然書けないんです」という相談 9月19日
■読む力書く力をつける言葉の森の読書作文教育 9月18日
■書を持って街に出よう 9月17日
■作文の勉強が親子バトルにならないようにする方法 9月16日
■森林プロジェクトの作文資格講師講座の料金改定前の受講申し込みは9月20日締め切り 9月15日
■国語力は忘れたころについてくる 9月15日
■作文は人に見てもらうことでうまくなる 9月14日
■作文は準備のときに考える――将来の目標は10分1000字作文(構想図の例付き) 9月13日
■作文はできることに力を入れるから楽しく書ける(2) 9月12日
■作文はできることに力を入れるから楽しく書ける(1) 9月12日
■見えるのは結果だが、身につくのは過程 9月11日
■未来の教育作り――言葉の森の今後の方針 9月11日
■1677万色の自然 9月10日
■幼児期からの英語教育より、日本語の土台を作ること 9月10日
■小学1、2年生の作文は、書くことよりも読むことに力を入れる 9月9日
■森林プロジェクト9.9説明会のご案内 9月8日
■低学年の勉強は、能率第二、納得第一で 9月8日
■公立中高一貫校受験という選択(2) 9月8日
……前の30件
RSS
RSSフィード

カテゴリー
全カテゴリー

QRコード


通学できる作文教室
森林プロジェクトの作文教室

リンク集
現在作成中です。
Zoomサインイン
ソースネクスト
FJNBP-1337-6644-8260-5410




 
小学生、中学生、高校生の作文(2007年4月まで)
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。