記事 3475番  最新の記事 <一つ前の記事 一つ後の記事> 2019/8/20 
お父さんお母さんに聞いた話(寺オン作文の授業から)【動画】
森川林 2018/12/25 06:52 

 小学3年生以上は、作文の題名が決まっています。
 題名が決まっている課題では、お父さんお母さんに取材することが大事になってきます。

 例えば、「私の好きなスポーツ」という題名で書く場合、自分の体験だけで書くこともできますが、それを両親に取材することによって実例が立体的になっていきます。
 その複数の実例を一つにまとめる感想が、作文の主題になります。

 実例が複数あると、主題はその複数の実例に共通する、より抽象的な主題になってきます。
 それが、小学校5年生以降の主題中心に考える作文の元になっていくのです。

 もし、自分の体験実例をひとつ書くだけでそのまま感想を書くとすると、その体験が面白かったとかつまらなかったとかいう、体験に密着した感想になってしまいます。
 それでは、深い感想というのは出てきません。
 感想を深めるために、複数の実例で立体化していくことが大事なのです。

 そしてまた両親に取材した話は、そこに両親の生き方や考え方が自然に盛り込まれています。
 そういう話を聞くことが、子供にとって作文を書くこととは別の考える勉強になっているのです。

▼お父さんお母さんに聞いた話(寺オン作文の授業から)



■言葉の森の教室紹介
面白い勉強で実力がつくオンラインの学習【動画】

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
対話(45) 

コメント欄

森川林 2018年12月25日 6時58分  
 難しい本で、しかし興味を持って読める面白い本というのはなかなかありません。
 難しくて面白くない本か、面白いが内容が薄い本が、どちらかであるのが普通です。
 しかし、両親との話は、難しい内容を興味を持って面白く聞けるように話してくれることが多いのです。
 だから、両親と話をする機会を増やすと、子供の考える力が育っていくのです。


nane 2018年12月25日 7時5分  
 小学4年生までの作文の課題では、親がそれほど準備しなくても、子供にいい話を聞かせてあげることができます。
 しかし、小学5年生以上の課題になると、親が事前に似た話を考えておく方がいいのです。
 例えば、食事の習慣における日本と欧米の文化との違いなどという話を、お母さんが台所で大根かなにかを切っているときに突然聞かれても、すぐにはいい話は出てこないからです。

コメントフォーム
お父さんお母さんに聞いた話(寺オン作文の授業から)【動画】 森川林 20181225 に対するコメント

▼コメントはどなたでも自由にお書きください。
ぬねのは (スパム投稿を防ぐために五十音表の「ぬねのは」の続く1文字を入れてください。)
 ハンドルネーム又はコード:

(za=森友メール用コード
 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。
メルマガの配信
▼バックナンバー
○一般用 ダイジェスト版
○生徒用 完全版

Facebookページ
言葉の森作文ネットワーク
いいね! 17,226件
新着コメント1~3件
コメントは24時間以内に表示
作文の書き方— ヒカトラ
中1です。家庭の日の作文で質問です。僕は 8/19
作文の書き方— 森川林
 このページを参考に。 8/19
作文の書き方—
小6なのですが、作文で映画を見た感想?を 8/19
……次のコメント

過去の記事

過去の1~30件目を表示
■習い事が多くて時間が取れない子 12月24日
■小3の作文課題「どきどきしたこと」の発表例【動画】 12月24日
■ほかの子がやっていると自然に自分もできるようになる【動画】 12月22日
■【合格速報】長野市立長野中学校 12月21日
■「小学生のための読解・作文力がしっかり身につく本」(中根克明著 かんき出版)2月5日から、全国の書店で発売! 12月20日
■言葉の森の今後の方針(その1) 12月20日
■12.4週の寺子屋オンラインの授業の動画 12月19日
■【合格速報】白百合大学文学部 12月17日
■小1~小6の12.3週の授業の動画をアップロードしました 12月15日
■【合格速報】慶應義塾大学総合政策学部 12月14日
■アマチュアの時代 12月13日
■受験作文の直前アドバイスのお知らせ 12月11日
■オンライン教育と創造教育 12月11日
■学力の二つの道とそれぞれの個性 12月9日
■災難に逢う時節には災難に逢うがよく候 12月6日
■作文は、子どもたちの学力を全面的に育てる 12月6日
■【重要】言葉の森への電話は、フリーダイヤル0120-22-3987へ【訂正12/6 18:33】 12月6日
■【合格速報】東京薬科大学生命科学部 12月5日
■【合格速報】國學院大学人間開発学部 12月5日
■電話5日まで正常に使えず。受験コース木金土の教材は本日から 12月4日
■言葉の森の引越し完了。12月2日現在電話はまだ使えません。受験作文コースの教材一部発送 12月2日
■SNSはどれも一長一短なので自分で作ることに 11月17日
■移転のため11月27・28日は電話受付ができません 11月17日
■小1からの暗唱練習で、国語力も作文力もつく 11月16日
■勉強を楽しむ子供たち 11月11日
■12月1日から言葉の森が移転します 11月9日
■手助けを楽しむ 11月8日
■子供を成長させる楽しいけれど難しいもの 11月7日
■創造とは、自分の好きなことに熱中して知識の横軸を広げること 11月6日
■作文力をつけるための三つの方法 11月5日
……前の30件
HPの記事検索
ホームページの全記事

 言葉の森新聞

Twitter
言葉の森@kotomori

RSS
RSSフィード

代表プロフィール
森川林(本名中根克明)

講師ブログ
言葉の森の講師のブログ

算数の通信教育
できた君の算数クラブ

カテゴリー
全カテゴリー
ICT教育(1)
遊び(6)
新しい産業(23)
暗唱(121)
生き方(41)
息抜き(19)
いじめ(1)
インターネット(25)
英語教育(10)
オープン教育(24)
親子作文コース(9)
オンエア講座(41)
音声入力(10)
音読(22)
外国人と日本語(4)
科学(5)
学問コース(1)
学力テスト(2)
合宿(14)
家庭学習(92)
家庭で教える作文(55)
漢字(17)
帰国子女(12)
教育技術(5)
教育論文化論(255)
教室の話題(26)
行事と文化(1)
ゲーム的教育(4)
合格情報(27)
高校入試作文小論文(10)
構成図(25)
公立中高一貫校(63)
国語問題(15)
国語力読解力(155)
子育て(117)
言の葉クラブ(2)
言葉の森サイト(41)
言葉の森の特徴(83)
言葉の森のビジョン(51)
子供たちの作文(59)
作文教育(134)
作文検定試験(4)
作文の書き方(108)
算数・数学(22)
自習検定試験(10)
自習表(5)
自然災害(1)
実行課題(9)
質問と意見(39)
受験作文小論文(89)
小学校低学年(79)
森林プロジェクト(50)
政治経済(63)
生徒父母向け記事(61)
生徒父母連絡(78)
全教科指導(2)
センター試験(7)
創造力(9)
大学入試(14)
対話(45)
他の教室との違い(22)
知のパラダイム(15)
中学生の勉强(21)
中高一貫校(11)
寺オン作文クラス(2)
寺子屋オンライン(101)
読書(95)
読書感想文(19)
読書実験クラブ(9)
友達サイト(7)
日本(39)
日本語脳(15)
発達障害(1)
発表交流会(20)
東日本大震災(15)
facebook(29)
facebookの記事(165)
プログラミング教育(5)
勉強の仕方(119)
未来の教育(31)
MOOC(2)
無の文化(9)
メディア(8)
森の学校オンライン(2)
森リン(103)
問題集読書(33)
読み物(1)
四行詩(13)
未分類(378)

QRコード






 
小学生、中学生、高校生の作文(2007年4月まで)
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。