記事 3484番  最新の記事 <前の記事 後の記事> 2020/7/5
習い事が多くて時間が取れない子(その2)
森川林 2018/12/31 08:06 

 やや時間が空いてしまったので、前回の話の引用から。
【前回の話】
 習い事が多くて時間がとれない、という子がいます。
 インターネットの情報過多と同じで、自然に任せれば、見なければならないと思うものが次第に多くなってくるのです。

 そこで、断捨離が必要になります。
 そのときの基準は、今の役に立つだけでなく、生涯役に立つものかどうかということです。

 もちろん、それは、あとになってみないとわからないことです。
 しかし、どの子にも基本的に大事なものは、読書と作文と対話と自由な時間です。
 要するに、理解力と思考力と表現力と創造力を育てることが基盤となって、ほかのものも生きてくるのです
 そして、そのほかに、自分がすごく好きなものがあれば、それを大事にしていくことです。

 始めてから3か月で成果が出て、次に移るという忙しいやり方ではなく、小学1年生から始めて、高校3年生まで、更には大学生、社会人になってからも続けられるものを第一の基準としていくのです。

 また、今の社会では、人工的な環境で一日を過ごしてしまうことも多いので、生き物を飼ったり、自然に触れたり、友達と遊んだりする時間も意識的に大事にしていくことです。

 学校の今の勉強に役立つかどうかということよりも、その子の将来の生き方にプラスになるかどうかということを第一に考えていくのです。

 以前、小学校低学年で、学校の宿題が多くて勉強が忙しいからと、読書は家でしないで行き帰りの電車の中だけで済ますという子がいました。
 低学年のころは成績がよかったのですが、高学年になるとどんどん成績が低下していきました。
 読書のような根を育てることを後回しにして、そのときのテストや宿題という表面に出る花や葉を育てることを優先していたからです。

 しかし、もちろん人間はいつでも変化できます。
 その子もたぶん、すぐには表面に出ないものの大切さに気づいて、いつか本格的に何かに取り組むだろうと思います。
 しかし、そういう遠回りをしなくて済むように長期的な目でものを見ることができるのが、人生経験のある親の役割だと思います。
(つづく)

(ここからつづきです。)

 習い事のことで、もうひとつ思い出すのは、昔、おじいさんと若いお母さんが一緒に言葉の森に訪ねてきたことです。
 おじいさんの話では、その若いお母さんが子供に勉強させすぎているので、それが子供にとってどういう(マイナスの)影響があるのか説明してやってほしいということでした。
 私はもちろん、いつもの持論で、子供時代は勉強よりももっと大切なものがあるという話をしましたが、そのお母さんはあまり納得していないようでした。
 おじいさんの方は、自分の長い経験から、勉強などは普通にできていればよくて、それよりも子供時代はもっと自由に遊ばせた方がいいという考えだったのだと思います。

 ところで、私のうちの子二人は、勉強は必要最低限のことしかしていませんでした(自慢にも何もなりませんが)。
 塾にも予備校にも行かず、二人とも自分の好きなことばかりしていました。
 勉強の方も、時間がないときは、読書だけでいいという方針でした。

 二人とも、言葉の森を小1の途中から始めましたが、習い事はそれだけで、その言葉の森も、たまたま用事があって休んだときはふりかえの授業などは受けずに、そのまま休みでいいとしておきました。
 もちろん、休まずに皆勤賞を目指すというのも、それはそれで一つの生き方で、その子にとってプラスになることだと思います
 しかし、私は、自分が子供だったら嫌だろうと思うことは、なるべく子供にさせないようにしていたのです。

 そのかわり、躾はやや厳しくて、玄関で靴をそろえていないときや言葉遣いが悪いときは、しっかり叱りました。
 言葉遣いと言っても大したことではなく、当時流行っていた「ムカつく」などという言葉は使わないようにしていたぐらいですが。

 そういう、全体的には子供に甘い生活をしていましたが、二人とも、受験などで勉強が必要になったときは、自分から進んで勉強するようになりました。(それは、普通、誰でもそうですが。)
 そして、普通に大学に入り、普通に卒業して、今は普通の社会人です。
 まだ人生の途上ですが、ときどき会って話をすると、年齢相応に自分なりによく考えていることがわかります。

 これは、私のうちの子だけの特殊な話ではなく、どの子も、子供時代、特に小学校時代は、勉強がどのような状態にあろうともみんなまともに成長していくのです。
 小学校時代までは、詰め込みの勉強をしようがしまいが、その後になれば、みんな同じようなところに落ち着きます。
 むしろ大事なのは、本人が自覚する年齢になってからの勉強です(中3以降だと思いますが)。
 それなら、小さいころはできるだけ楽しい子供時代を送った方が、本人にとっていい思い出になるのではないかと思います。
 参加フォーム/言葉の森企画
国語力がつく読解検定7月
学校、塾、地域の団体受検もできます。 解き方のコツは、「読解・作文力の本」を参考にしてください。 言葉の森
 

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
子育て(117) 

コメント欄

nane 2018年12月31日 8時7分  
 受験真っ最中のときは、こんなのんびりしたことは言っていられません。
 それはもちろん当然で、勝負のときは全力で勝負する必要があります。
 しかし、親はそういうときでも、いつも長い展望をもって子供を見ていく必要があると思います。


森川林 2018年12月31日 8時8分  
 子供時代にいちばん大事なことは何かと言えば、幸福な子供時代を過ごすことです。
 それは、勉強を取るか、遊びを取るかということではありません。
 勉強でも、遊びでも、幸福な気持ちで取り組んでいればいいのです。
 ただし、子供は、親を喜ばせるために、無理をしてがんばることがあります。
 親は、それを察してあげることです。


コメントフォーム
習い事が多くて時間が取れない子(その2) 森川林 20181231 に対するコメント

▼コメントはどなたでも自由にお書きください。
よらりる (スパム投稿を防ぐために五十音表の「よらりる」の続く1文字を入れてください。)
 ハンドルネーム又はコード:

(za=森友メール用コード
 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。
新着コメント1~3件
夏のオンライン nane
 言葉の森の少人数オンラインクラスは、未 7/3
夏のオンライン 森川林
 夏のオンラインスクールを開講します。 7/3
エデュナビで「 nane
 私は、言葉の森の設立当初から、教育の目 6/26
……次のコメント

オープン教育 1~3件
オープンの川
鳥の村 1~3件
鳥の村
虹の谷 1~3件
虹の谷
過去の記事

過去の1~30件目を表示
■小1から小6の1.1週の授業の動画をアップロードしました 12月30日
■数学が役に立つとき 12月30日
■けん玉、暗唱、読んでいる本の紹介(発表学習クラス)【動画】 12月29日
■電車の好きな子は、好きな電車を生かした学問を【動画】 12月28日
■「聞く勉強」から「話す勉強」へ【動画】 12月27日
■【合格速報】茗溪学園中学校 12月26日
■実験・研究・創造・発表の学習で新しい学力を育てる【動画】 12月26日
■お父さんお母さんに聞いた話(寺オン作文の授業から)【動画】 12月25日
■習い事が多くて時間が取れない子 12月24日
■小3の作文課題「どきどきしたこと」の発表例【動画】 12月24日
■ほかの子がやっていると自然に自分もできるようになる【動画】 12月22日
■【合格速報】長野市立長野中学校 12月21日
■「小学生のための読解・作文力がしっかり身につく本」(中根克明著 かんき出版)2月5日から、全国の書店で発売! 12月20日
■言葉の森の今後の方針(その1) 12月20日
■12.4週の寺子屋オンラインの授業の動画 12月19日
■【合格速報】白百合大学文学部 12月17日
■小1~小6の12.3週の授業の動画をアップロードしました 12月15日
■【合格速報】慶應義塾大学総合政策学部 12月14日
■アマチュアの時代 12月13日
■受験作文の直前アドバイスのお知らせ 12月11日
■オンライン教育と創造教育 12月11日
■学力の二つの道とそれぞれの個性 12月9日
■災難に逢う時節には災難に逢うがよく候 12月6日
■作文は、子どもたちの学力を全面的に育てる 12月6日
■【重要】言葉の森への電話は、フリーダイヤル0120-22-3987へ【訂正12/6 18:33】 12月6日
■【合格速報】東京薬科大学生命科学部 12月5日
■【合格速報】國學院大学人間開発学部 12月5日
■電話5日まで正常に使えず。受験コース木金土の教材は本日から 12月4日
■言葉の森の引越し完了。12月2日現在電話はまだ使えません。受験作文コースの教材一部発送 12月2日
■SNSはどれも一長一短なので自分で作ることに 11月17日
……前の30件
RSS
RSSフィード

カテゴリー
全カテゴリー

QRコード


通学できる作文教室
森林プロジェクトの作文教室

リンク集
現在作成中です。
Zoomサインイン
ソースネクスト
FJNBP-1337-6644-8260-5410




 
小学生、中学生、高校生の作文(2007年4月まで)
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。