記事 3700番  最新の記事 <前の記事 後の記事> 2020/6/2
5.1週の授業の動画をアップロード
森川林 2019/04/26 19:41 

 5.1週の授業の動画を「鳥の村」にアップロードしました(小1~中1)。
 5月1週は連休中になりますので、授業の動画を見て、時間のあるときに書いておいてください。
 連休明けに電話指導のふりかえを受けることもできます。
個別指導の対話型オンライン授業
おすすめ→ 個別指導の対話型授業「朝のオンラインスクール」
新型コロナウイルスによる学校の休校対応で、朝9時から午後3時まで個別指導の対話型オンライン授業。小1~中1の国語、算数数学、英語、理科、社会、読書、暗唱、図工、記述のうちから自由選択、1時間550円。
 

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
生徒父母連絡(78) 

コメント欄

コメントフォーム
5.1週の授業の動画をアップロード 森川林 20190426 に対するコメント

▼コメントはどなたでも自由にお書きください。
えおかき (スパム投稿を防ぐために五十音表の「えおかき」の続く1文字を入れてください。)
 ハンドルネーム又はコード:

(za=森友メール用コード
 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。
新着コメント1~3件
言葉の森が考え 森川林
 コスモス先生、ありがとうございます。 6/1
オンライン教育 nane
 言葉の森のオンラインは、リアルでできる 6/1
風邪の中をプロ 森川林
 サラさん、ありがとうございます。   6/1
……次のコメント

オープン教育 1~3件
オープンの川
鳥の村 1~3件
鳥の村
虹の谷 1~3件
虹の谷
過去の記事

過去の1~30件目を表示
■那須の家族キャンプ、5月2日~4日追加募集あり 4月26日
■生徒が一番、演習が二番、先生の話は三番目 4月26日
■集団の力学の中で子供は成長する 4月25日
■言葉の森が始める対話型の全教科学習 4月24日
■4.4週の動画をアップロードしました 4月23日
■4月の読書読解作文キャンプの写真 4月23日
■全教科の学力をつける自主学習の勉強の新しい方法 4月22日
■読書作文キャンプ2日目 4月21日
■能率のよい文章の書き方――構想図、音声入力、四行詩 4月19日
■読書読解作文キャンプ4月のBBQはなくなり、そのかわりアスレチックに――汚れてもいい身軽な服装で 4月18日
■4月の発表交流会 4月18日
■4.3週の授業の動画をアップロードしました 4月18日
■身近な人の温かい眼差しが子供を育てる 4月18日
■今後予想される経済危機に対して前向きに取り組むための森林プロジェクト 4月17日
■なぜ「子ども」と書かずに「子供」と書くか 4月17日
■言葉の森が目指す未来の教育 4月15日
■作文教育から学校教育へ 4月15日
■小学生の作文力 4月13日
■小学6年生で、国語はよくできるのに、作文がものたりないという場合の対処の仕方 4月12日
■知識を記憶する必要はなくなるが、記憶力を育てることはますます必要になる――岡潔の文章を読んで 4月11日
■4月の読書読解作文キャンプ(横浜)のしおり 4月10日
■同じ作文の勉強でも、実力のつくものとそうでないものとがある 4月9日
■4.2週の授業の動画と関連資料(youtubeなど)をアップロードしました 4月8日
■新しい学力――発表学習の中で育つ思考力、創造力、表現力 4月7日
■記述力よりも現実的な作文力 4月6日
■今後予測される経済危機にどう対処するか――新しく来る未来の社会を展望する 4月6日
■寺オン作文クラス・発表学習クラスの見学受付中――自分から進んで取り組むときに、子供は最も成長する 4月5日
■ゴールデンウィークの那須家族キャンプ 4月4日
■3月の読解検定の結果――4月の読解検定は4月21日(日)10:00~10:45 4月4日
■読書読解作文キャンプ4月のお知らせ――4月20日(土)~21日(日) 4月3日
……前の30件
RSS
RSSフィード

カテゴリー
全カテゴリー

QRコード


通学できる作文教室
森林プロジェクトの作文教室

リンク集
現在作成中です。
FJNBP-1337-6644-8260-5410 ソースネクスト





 
小学生、中学生、高校生の作文(2007年4月まで)
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。