記事 3823番  最新の記事 <前の記事 後の記事> 2020/4/10
算数の勉強は軽く何度も教えて解法に慣れること――同様のことは国語にも
森川林 2019/08/18 19:40 

 算数の勉強法でいちばんよいやり方は、答えを横に置き、自分が解いた問題の採点をすぐその場で自分で行うことです。
 そのことによって、間違えたときの対応が早くなります。

 間違えた問題は、解法を見てなぜ間違えたのかを理解し、問題集のその問題に三角印をつけておきます。
 そして、間をおいてもう一度その問題に取り組むのです。

 2回目に取り組んでも同じように間違えた場合、三角印を追加して、3回目4回目というように繰り返しその問題を解く練習をします。

 小学校高学年の難しい問題の場合は、4回ぐらい解き直して初めてできるようになるということもあります。
 1回や2回ですぐにできるようになるのは、小学校低中学年までの間だけです。

 ところで、解法を見ても子供が理解できない場合、お父さんやお母さんに聞くことがあります。
 そのときに、お父さんお母さんが子供に説明するやり方は、基本はその問題集の解法のとおりの説明です。
 親が自分なりに工夫して説明するやり方は、意外と自己流で子供には分かりにくいことが多いものです。

 さて、親が一生懸命に説明しても子供がなかなか理解できない場合、いちばんよくないやり方は、時間をかけてその日のうちに理解させようと頑張ることです。

 算数の理解は、慣れでできるようになるという要素があるので、1回目は軽く教えて子供が理解できても理解できなくてもそのまま終わりにし、また2回目にその問題に当たったときも同じように軽く教えて、3回目にも軽く教えるというように、軽い説明を何度も繰り返しているうちに子供が次第に理解できるようになるというところがあります。

 その日のうちに1日で頑張って教えようとすると、子供は算数を難しく感じるようになり、親はつい子供に厳しく接するようになります。
 算数は、考える勉強ではなく慣れる勉強だと考えておくことが大切なのです。

 サマーキャンプで算数の勉強に取り組んだ子供たちの中には、学校で勉強しているところよりも先の問題をやった子が何人もいました。
 そうすると、最初から分からない問題が出てきます。
 それを答えを見ながら理解して勉強を進めるというふうにすると、最初のうちは分からなくても次第に答え方に慣れてくるのです。

 家庭での算数の勉強も、分からない問題はその問題に慣れるというような位置づけでやっていくといいと思います。

 勉強には、理解が大切ですが、理解が身につくのは、その理解に慣れることによってです。

 同様のことは、国語力にもあてはまります。
 国語力の本質は、難しい文章を読み取る力ですが、その力をつけるコツはやはり難しい語彙に慣れることなのです。
 問題集読書は、そのための勉強法です。

 国語は、国語の問題集を解くことによって力がつくのではありません。
 国語の問題集の問題文を読み慣れることによって力がつきます。
 その読む力の土台の上に、解く力が結びついて国語力がつくようになるのです。
朝から学べるオンライン学習
おすすめ→ 朝から学べるオンラインスクール
朝9時から夕方4時まで、本来学校に行っている時間帯をすべてカバーできます。
料金は一コマ45分わずか330円で、好きな講座を自由に選べます。
 

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
算数・数学(22) 

コメント欄

森川林 2019年8月18日 19時55分  
 子供の教育は、「雨だれ岩をも穿つ」のように行うのが基本です。
 てっとり早く知的な理解で済ませようと思うと、必ず無理が出てくるのです。


nane 2019年8月18日 19時57分  
 日本にもともとある勉強法は、特に初等教育の場合は、素読に見られるように「慣れ」の勉強法でした。
 しかし、慣れの勉強法を嫌った戦後教育は、理解を前面に出した教育を行いました。
 その理解の勉強によって、できる子とできない子の差が大きくつくようになったのです。
 今の親や先生は、戦後の理解の教育を受けた世代なので、子供に何かを教えるときもつい理解させることを先行させてしまうのです。


コメントフォーム
算数の勉強は軽く何度も教えて解法に慣れること――同様のことは国語にも 森川林 20190818 に対するコメント

▼コメントはどなたでも自由にお書きください。
えおかき (スパム投稿を防ぐために五十音表の「えおかき」の続く1文字を入れてください。)
 ハンドルネーム又はコード:

(za=森友メール用コード
 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。
新着コメント1~3件
【重要】初めて 森川林
 初めて参加する小1や小2の子は、「じゃ 8:4
【重要】明日の 森川林
 明日オンの勉強の仕方が変わったため、初 4/8
学校の休校対応 nane
 東京、大阪では、学校の休校が続いていま 4/5
……次のコメント

オープン教育 1~3件
オープンの川
鳥の村 1~3件
鳥の村
虹の谷 1~3件
虹の谷
過去の記事

過去の1~30件目を表示
■「小学生のための読解・作文力がしっかり身につく本」の重版決まる 8月17日
■サマーキャンプ報告会を開催します 8月17日
■公中検模試9月の参加申し込み受付中 8月17日
■ハイパー作文8.3週「学ぶ喜び」の解説と動画を入れました 8月16日
■8.3週の授業の動画を「資料室」にアップロードしました 8月15日
■読書習慣が学力を決める――「致知」9月号を読んで 8月15日
■「サマーキャンプ掲示板」に画像と動画のリンクを載せました 8月13日
■9月2週から幼長、小学1、2年生の生徒向けの発表学習クラス(家庭文化コース)が始まります 8月12日
■言葉の森のフリーミアム教育(永年無料9月2週から) 8月11日
■合宿の様子は後日Googleフォトにアップロード 8月9日
■サマーキャンプ前半の話 8月9日
■算数の勉強と川遊び 8月2日
■那須の川遊び 7月31日
■未来の教育は紙ベースのオンライン教育 7月30日
■【重要】8月からの寺子屋オンラインクラスの担当交代等のお知らせ 7月29日
■8.1週の授業の動画をアップロードしました 7月29日
■音読の文章の種類について――子供が毎日自分でできる説明文の音読を中心に 7月29日
■子供の教育の目標は成績ではなく個性と実力と不屈の精神を育てること 7月28日
■書く力は読む力より遅れて成長する――書く語彙を増やす音読と対話 7月26日
■暗唱の新しいツール、数取り器 7月25日
■音読は文章を文脈の中で読む読み方 7月24日
■音読の学年 7月23日
■保護者懇談交流会のリンク先を直しました 7月22日
■先生の役割 7月21日
■7.4週の授業の動画をアップロードしました 7月20日
■幼児から小3までは日本語脳を育てる時期――英語脳は日本語の土台が確立してから 7月20日
■保護者懇談交流会7月のお知らせ 7月19日
■勉強はたくさんやるよりも毎日やることを優先して 7月19日
■暗唱の仕方のコツ――大事なのは繰り返しの音読だけ 7月18日
■7.3週の授業の動画をアップロード 7月17日
……前の30件
RSS
RSSフィード

カテゴリー
全カテゴリー

QRコード


通学できる作文教室
森林プロジェクトの作文教室

リンク集
現在作成中です。





 
小学生、中学生、高校生の作文(2007年4月まで)
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。