記事 3837番  最新の記事 <前の記事 後の記事> 2020/11/24
9.1週の授業の動画アップロード
森川林 2019/09/02 07:19 

 小1から中1までの9.1週の授業の動画をアップロードしました。
(アップロードが遅れて申し訳ありませんでした。)

 鳥の村の「資料室」でごらんいただけます。
https://www.mori7.net/tori/index.php?k=10
 参加フォーム/言葉の森企画
国語力がつく読解検定11月
学校、塾、地域の団体受検もできます。 解き方のコツは、「読解・作文力の本」を参考にしてください。 言葉の森
 

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
生徒父母連絡(78) 寺子屋オンライン(101) 

コメント欄

コメントフォーム
9.1週の授業の動画アップロード 森川林 20190902 に対するコメント

▼コメントはどなたでも自由にお書きください。
くけこさ (スパム投稿を防ぐために五十音表の「くけこさ」の続く1文字を入れてください。)
 ハンドルネーム又はコード:

(za=森友メール用コード
 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。
新着コメント1~3件
読み書きによっ
こんにちは 10/17
読解検定9月説 くるみ
小学校高学年から読書しなくなった高校生。 10/13
コロナ後に来る 森川林
 今大事なのは、これからの世の中の大きな 10/7
……次のコメント

オープン教育 1~3件
オープンの川
鳥の村 1~3件
鳥の村
虹の谷 1~3件
虹の谷
過去の記事

過去の1~30件目を表示
■「中学入試ハイパー作文9.1週」の授業の動画アップロード 9月2日
■「小学4・5・6年生の勉強と読書と生活」研究会のメンバー募集! 8月31日
■フリーミアム教育でオンラインの授業を無料で見学しながら読書紹介と暗唱発表の練習ができる 8月28日
■本日7月27日(火)20:15より、サマーキャンプ報告会 8月27日
■サマーキャンプを終えて――暗唱、感想文、Zoom保護者会などの成果 8月26日
■受験作文コースの受付け開始 8月26日
■昨日に引き続きサマーキャンプ参加中の生徒の保護者会8月23日(金)20:00~ 8月23日
■8/22(木)20:00から20:30、サマーキャンプ参加中生徒のZoom保護者会 8月22日
■内在化する勉強、表面に留まる勉強 8月20日
■小学1年生の生徒に読書感想文の宿題を出す愚 8月20日
■自主学習クラスの4週目の実力テスト、テスト用問題集の購入、勉強結果のアップロードのお願い 8月19日
■8月の発表交流会は、8月第4週 8月19日
■8月の読解検定は、8月31日(土)9:00~、18:00~ 8月19日
■算数の勉強は軽く何度も教えて解法に慣れること――同様のことは国語にも 8月18日
■「小学生のための読解・作文力がしっかり身につく本」の重版決まる 8月17日
■サマーキャンプ報告会を開催します 8月17日
■公中検模試9月の参加申し込み受付中 8月17日
■ハイパー作文8.3週「学ぶ喜び」の解説と動画を入れました 8月16日
■8.3週の授業の動画を「資料室」にアップロードしました 8月15日
■読書習慣が学力を決める――「致知」9月号を読んで 8月15日
■「サマーキャンプ掲示板」に画像と動画のリンクを載せました 8月13日
■9月2週から幼長、小学1、2年生の生徒向けの発表学習クラス(家庭文化コース)が始まります 8月12日
■言葉の森のフリーミアム教育(永年無料9月2週から) 8月11日
■合宿の様子は後日Googleフォトにアップロード 8月9日
■サマーキャンプ前半の話 8月9日
■算数の勉強と川遊び 8月2日
■那須の川遊び 7月31日
■未来の教育は紙ベースのオンライン教育 7月30日
■【重要】8月からの寺子屋オンラインクラスの担当交代等のお知らせ 7月29日
■8.1週の授業の動画をアップロードしました 7月29日
……前の30件
RSS
RSSフィード

カテゴリー
全カテゴリー

QRコード


通学できる作文教室
森林プロジェクトの作文教室

リンク集
現在作成中です。
Zoomサインイン
ソースネクスト
FJNBP-1337-6644-8260-5410




 
小学生、中学生、高校生の作文(2007年4月まで)
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。