記事 4028番  最新の記事 <前の記事 後の記事> 2020/4/2
「小学校最後の3年間で本当に教えたいこと、させておきたいこと」の「はじめに」
森川林 2020/02/27 04:52 

 3月6日から、「小学校最後の3年間で本当に教えたいこと、させておきたいこと」が発売されます。
(長い書名ですが。)

 すでに本のご予約をいただいたみなさん、ありがとうございました。


 本の予約又は購入された方は、ウェブでお知らせくださるようお願いいたします。
https://www.mori7.net/jform_pre.php?f=spp202003

 この本の「はじめに」の部分を紹介させていただきます。
 小学生のお子様をお持ちの方には、勉強面、生活面で参考になる話が数多く載っていると思います。

====
 前著、「小学校最初の3年間で本当にさせたい『勉強』」は、おかげさまで多くの方にお読みいただき、子育ての基本を考える際の参考になったとの声をいただきました。
 小学1、2、3年生は、読書、対話、遊び、自主的な生活が中心で、詰め込みの勉強は必要ないと書きました。その考えは今も変わりません。
 しかし、小学4、5、6年生になると、嫌でも子供の勉強面でのさまざまな問題に気がつくようになり、それに合わせて子供の将来の進路も考えなければならなくなります。
 ところが、小学4年生からのころから、子供は急に親から自立する気持ちを持つようになり、小学3年生のころまでの素直に言うことを聞いていた時期とは違って、親の言うことを素直に聞かなかったり反発したりするようになります。

 私は、これまで30数年間、主に作文の学習を通して子供たちの成長の様子を見てきました。小学4年生のころのミニ反抗期、小学5年生から急に難しくなる勉強、」小学6年生で直面する今後の進路など、多くの事例に接して、自分なりにいろいろな対策を考え提案してきました。
 この本には、この小学4、5、6年生の子供たちが共通して遭遇する問題を、ほぼすべての分野にわたって取り上げています。
 私の考えが、必ずしも最善のものとは言えませんし、中には、かなり私の主観が入っている話もあると思います。
 しかしそれでも、この本は、小学4、5、6年生の子供たちの勉強や生活で悩むお母さんやお父さんの助けになるのではないかと思います。

 私の考え方の基本は、子供の成長はできるだけ遠くまで見て考えようということです。
 そして、遠くまで見て考えると、今問題と思われているほとんどのことは「大丈夫」なのです。
 いろいろ問題があっても結局は大丈夫という考え方に立てば、子育てはずっと楽で、むしろ親自身も成長できるもっと楽しいものになるはずです。
 そして、子供が成長すると同時に、親もまた子育てのさまざまな問題を乗り越えるたびに成長していくのです。

 これから、世の中は大きく変わります。
 どこの学校に進学しようが、どこの会社に就職しようが、あるいはどのような資格を取ろうが、子供が社会に出て活躍する十年後二十年後にも確実だと言えるものは何もありません。
 「少なくとも○○だけは安心だろう」と言う人がいるかもしれませんが、十年後、二十後は、その○○さえも危ういのです。(○○には、何を入れてもいいと思います。)
 しかし、ひとつだけ確実なものがあります。それは、子供の自主性、創造力、思考力、共感力を育てておくことです。
 どのような社会になっても明るくたくましく生きていく力をつけておくということがこれからの教育の目的です。
 そのためには、外見の明るさやたくましさだけではなく、世の中に新しいものを創造し、世の中に貢献し、自分自身も常に新しいものを工夫して生きていく力をつけることです。

 このような未来を見据えた子育てのできる場所は、学校でも、塾でも、他の何らかの教育機関でもなく、家庭です。
 この本が、そういう家庭におけるお父さんお母さんの子育てにの助けになるだろうことを心から期待しています。

 この本をまとめるにあたり、ホームページやFacebookページをご覧いただいている方、言葉の森の保護者の方、言葉の森の講師、そして、私の知人や家族などに、図書のリストをはじめとして多くの参考になる意見を聞かせていただきました。
 また、すばる舎の水沼様には、多忙な中、言葉の森のサマーキャンプにも参加していただき、本の内容について多くのアドバイスをいただきました。
 心よりお礼申し上げます。
====
小学456年生の勉強と生活の本
おすすめ→ 小学456年生の勉強と生活の本
小4・小5・小6の勉強の仕方、生活の仕方をくわしく解説。
小学生におすすめの本を、「物語」「説明文」に分けて紹介。
 

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
メディア(8) 

コメント欄

森川林 2020年2月27日 5時57分  
 小学生の子供たちは、意外と純粋です。
 正しいことをしたいという気持ちを持っています。
 だから、子供に何かをさせるときは、褒美やお小遣いでさせるのではなく、その意義を話してさせる方がいいのです。
 そうすれば、それがその子の生き方の基本になってきます。
 小学4・5・6年生はそういう時期なのです。


nane 2020年2月27日 9時46分  
新しい本は、3月6日発売となっていますが、たぶんもっと早く届くと思います。
 レビューを書いてくださった方は、言葉の森のフォームからご連絡くださるとありがたいです。
 よろしくお願いします。

コメントフォーム
「小学校最後の3年間で本当に教えたいこと、させておきたいこと」の「はじめに」 森川林 20200227 に対するコメント

▼コメントはどなたでも自由にお書きください。
れろわを (スパム投稿を防ぐために五十音表の「れろわを」の続く1文字を入れてください。)
 ハンドルネーム又はコード:

(za=森友メール用コード
 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。
新着コメント1~3件
新年度からのオ 森川林
 4月6日以降も都市部での学校では休校が 4/1
【重要】作文画 nane
 20年以上も前に作ったプログラムなので 3/31
【重要】作文画 森川林
 昔は、手書きの作文を郵送してくる方がほ 3/31
……次のコメント

オープン教育 1~3件
オープンの川
鳥の村 1~3件
鳥の村
虹の谷 1~3件
虹の谷
過去の記事

過去の1~30件目を表示
■読解問題の解き方の例「浦島太郎はなぜ亀を助けたのか」 2月26日
■【合格速報】郁文館高等学校 3月10日
■森オンラインクラス案内を改訂――子供たちが主体的に参加する教室を 2月25日
■3.1週の授業の動画「雑草の枯れ草で納豆を」「海外からの観光客の増加」ほか 2月22日
■【合格速報】兵庫県立芦屋国際中等教育学校 2月20日
■【合格速報】東京都市大学等々力中学校 2月20日
■親子の対話は、作文の勉強の手段というよりもそれ自体が目的 2月19日
■【合格速報】大阪市立水都国際中学校 2月17日
■保護者懇談会2月(新小1~小2)の動画をアップロード 2月16日
■自主学習クラスの教材注文を再開しました 2月16日
■能率のよい国語の学習方法 2月15日
■自主学習の新年度教材の勉強の進め方の動画 2月14日
■「小学校最後の3年間で本当に教えたいこと、させておきたいこと」3月6日発売予定 2月13日
■【合格速報】自修館中等教育学校・日大三中 2月12日
■新高校生の勉強の仕方―大学入試は過去問を中心にした勉強を 2月11日
■【合格速報】南多摩中等教育学校 2月10日
■【合格速報】芦屋国際中等教育学校 2月10日
■【合格速報】大成中学校 2月10日
■【合格速報】東京学芸大学・國學院大學・東洋大学・神奈川大学 3月10日
■【合格速報】東京学芸大学国際中等教育学校 2月10日
■【合格速報】早稲田中学校 2月10日
■都立南多摩中合格おめでとう! 2月10日
■小論文の前段階となる中学生の作文の勉強 2月10日
■考える力を深める新小学5・6年生の勉強 2月10日
■新小学3、4年生の勉強の仕方―作文力と読書力が最も伸びる時期 2月9日
■2.3週の授業の動画をアップロードしました 2月9日
■新小学1、2年生の勉強の仕方―家庭で豊かな日本語を身につける 2月8日
■合格しなくたって大丈夫 2月7日
■【合格速報】鎌倉学園中学校、横浜国大附属横浜中学校 2月7日
■【合格速報】芦屋国際中等教育学校 2月6日
……前の30件
RSS
RSSフィード

カテゴリー
全カテゴリー

QRコード


通学できる作文教室
森林プロジェクトの作文教室

リンク集
現在作成中です。





 
小学生、中学生、高校生の作文(2007年4月まで)
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。