記事 4118番  最新の記事 <前の記事 後の記事> 2020/11/24
プログラミング教育その後―IchigoJamからMicro:bitへ
森川林 2020/08/25 11:43 

https://youtu.be/JatJZxD-dds

 言葉の森オンラインスクールのプログラミングコースの教材を考えていて、最初はよく使われているスクラッチにしようかと思いましたが、その後、IchigoJamが、ビジュアルプログラミングからできすとプログラミングまでいろいろできてシンプルなので、その方がいいかと思うようになりました。

 しかし、その後、いろいろ調べてみると、IchigoJamよりも、Micro:bitの方が導入しやすいし、発展性もあることがわかってきました。
 理由は、
・IchigoJamは、まだ情報量が少ない、
・Basicという古い言語が最初のプログラミング言語になっている、
からです。

 それに対して、Micro:bitは、
「英国放送協会BBCが開発した、英国の11歳と12歳の小学生全員に配布される低消費電力、低コストのシングルボードコンピュータ」で、
「技術的な仕様も、将来、非営利団体が生産できるようにオープンソース化され」、
プログラミング言語として、「Microsoft Block Editor、Microsoft Touch Develop、Python、JavaScript」などが使える、
ということです。(以上wikipediaより)

 Micro:bitに関する情報量も多いので、とりあえずMicro:bitでロボットを動かしたり、ゲームを作ったりするようなことを、javascriptやPythonでやっていこうかと思いました。

 海外のプログラミング教育を見ると、ドイツなどでは、htmlとcssでウェブを作るという授業もあるようです。

 プログラミングを学んで将来何に役立つかというと、プログラミングを仕事にするためではありません。
 例えば、自動車の運転を学んで、将来運転の仕事をするということがもう現実的なことでないのと同じように、プログラミングは将来誰でもができるものになってきます。
 そこで、自分の仕事にプログラミングが必要になったときに、すぐに使えるということが、プログラミング学習の意義になります。

 だから、ロボット作りやゲームは単なる導入の授業で、その後は、ウェブ開発とデータベース操作の授業になっていくと思います。

 ところで、今、ビジュアルプログラミングで、子供たちに小さいころからプログラミングの概念に慣れさせおくということが言われていますが、小学校低学年のころにプログラミングに慣れるということは、あまり必要ないように思います。
 もちろん、プログラミングは子供たちにとって、ただテレビを見たりYouTubeを見たりしているよりもずっと主体的なことですから、それなりの意味はあります。
 しかし、その意味は、子供たちが絵をかいたり、工作をしたりするのと同じ程度のものです。
 私は、それよりも、もっと自然や生き物に触れるような、より全面的な経験をすることが、子供たちの成長には欠かせないと思っています。
小学456年生の勉強と生活の本
おすすめ→ 小学456年生の勉強と生活の本
小4・小5・小6の勉強の仕方、生活の仕方をくわしく解説。
小学生におすすめの本を、「物語」「説明文」に分けて紹介。
 

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
プログラミング教育(5) 

コメント欄

森川林 2020年8月25日 12時14分  
 日本のプログラミング教育は、世界の水準から遅れていると言われますが、それが逆に、リープフロッグになる可能性もあります。
 これまでの先行者たちの試行錯誤のいちばんいいところを受け継いで、よりよいプログラミング教育をしていけるということです。


nane 2020年8月25日 12時15分  
 子供たちがプログラミングを学ぶ意義は、将来、ロボットを作ったりゲームを作ったりすることではなく、将来、何かの分野で起業したときに、自分でその仕事にプログラミング技術を生かすことにあります。


nane 2020年8月25日 12時15分  
 小学校低学年のころから、特にプログラミングの概念に慣れる必要はありません。
 そういう概念は、中高生になってからでも、又は大人になってからでも、すぐに身につくからです・。
 むしろ、低学年のころは、プログラミングよりも、自然との触れ合いの方が優先すると思います。


コメントフォーム
プログラミング教育その後―IchigoJamからMicro:bitへ 森川林 20200825 に対するコメント

▼コメントはどなたでも自由にお書きください。
せそたち (スパム投稿を防ぐために五十音表の「せそたち」の続く1文字を入れてください。)
 ハンドルネーム又はコード:

(za=森友メール用コード
 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。
新着コメント1~3件
読み書きによっ
こんにちは 10/17
読解検定9月説 くるみ
小学校高学年から読書しなくなった高校生。 10/13
コロナ後に来る 森川林
 今大事なのは、これからの世の中の大きな 10/7
……次のコメント

オープン教育 1~3件
オープンの川
鳥の村 1~3件
鳥の村
虹の谷 1~3件
虹の谷
過去の記事

過去の1~30件目を表示
■思考力創造力共感力のある子供たちを育てる未来の仕事 8月19日
■オンラインプログラミング講座を新しく始める予定 8月17日
■言い返す技が子供のコミュニケーション力を育てる 8月16日
■コロナ後の経済破綻に備える新しい副業と子供の教育 8月15日
■記述や作文の勉強は書くよりも繰り返し読むこと 8月14日
■ポストコロナ時代の教育とは自主学習と個別指導と勉強友達 8月11日
■「考える社会」の勉強をどのように進めるか 8月10日
■アフターコロナ時代の新しい教育、新しい仕事 8月7日
■「森のオンラインスクール」の夏休みの授業振替について 8月7日
■夏オン始まる。難しかった小6算数、漢字練習は読みと書き 8月4日
■夏のオンラインスクールの勉強の進め方 8月2日
■夏のオンラインスクール開催、参加申し込み受付中 7月22日
■7月の読解検定は、本日7/15締切です 7月15日
■アフターコロナ時代の教育 7月12日
■夏のオンラインスクール開講、申し込み受け付け中 7月2日
■エデュナビで「小学校最後の3年間」が紹介 6月26日
■オンライン夏期講習、8/1~8/23。作文、感想文、主要五教科、公中受験など 6月11日
■リアルを超えるオンライン――少人数対話型オンライン教育の3つの特徴 6月9日
■【重要】7月からの「森のオンラインスクール」勉強の仕方説明会 6月8日
■午前9時からの「森のオンラインスクール」が6月から始まりました 6月4日
■港南台の通学教室を、全面的に通学オンラインクラスに 6月3日
■オンライン教育は少人数クラスと結びついて初めて効果を発揮する 6月1日
■風邪の中をプログラミング 5月31日
■「プロに聞く『子どもの作文力」劇的に上げる方法』」の記事 5月27日
■【重要連絡】6月以降の「朝のオンラインスクール」の学習について 5月18日
■【重要】Zoomのブレークアウトルームがビジー状態で使えない場合の対応 5月15日
■言葉の森が考える新しい教育の可能性 5月13日
■【至急重要】講師のZoomにパスワードが設定されていますが 5月11日
■朝のオンラインスクールが5月7日から始まります 5月6日
■鳥の村の資料室に、小1~中3、プレ受験作文の解説をいれました 5月5日
……前の30件
RSS
RSSフィード

カテゴリー
全カテゴリー

QRコード


通学できる作文教室
森林プロジェクトの作文教室

リンク集
現在作成中です。
Zoomサインイン
ソースネクスト
FJNBP-1337-6644-8260-5410




 
小学生、中学生、高校生の作文(2007年4月まで)
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。