記事 467番  最新の記事 <前の記事 後の記事> 2020/2/23
作る学力と暗唱(その1)
森川林 2009/04/27 09:51 
 解く学力と作る学力は、テストの学力と発表の学力と言い換えることもできます。また読む学力と書く学力と考えることもできます。
 これからの時代に求められるものは、読む学力ではなく、書く学力です。
 書く学力を構成する要素は三つあります。第一は、知識です。知識が書くための材料となります。第二は、思考です。材料となっている知識をただ伝えるだけでなく、その知識の組み合わせから新しいものを構想するのが思考の役割です。第三が、表現です。この表現は、単に右のものを左に移す伝達のような表現ではなく、新しいものを創造する表現です。
 新しいものを創造するために必要な知識は、単にテストのときに記憶を再現すればよいというだけの知識ではありません。考えるときに、いつでも自分の手足の一部のように使える知識となっていることが必要です。
 熱中して本を読むと、その本に書かれている内容や表現が、まるで自分のもののように使えるようになるということがあります。このときに、熱中して読んだ本の中で得た知識は、その本の文脈全体の中で把握されているので、自分の手足のように使える知識なのです。
 かつて日本では、歴史の学習は、人物の歴史を中心に学ぶようになっていました。その後、人物中心の歴史学習が科学的でないと批判され、現在の歴史学習は人物をあまり取り上げない味気ないものになっています。しかし、歴史の教科書や資料集に載っているような知識をいくら覚えても、そこから文章を書くときに使えるような生きた実例はあまり出てきません。それは、断片的に記憶する歴史の知識が、単にテストで再現するだけの知識となっていて、生きた知識になっていないからです。
 年をとった人の言葉は、何でもないように思えることの中にも深みを感じることがあります。同じことを若い人が言うよりも年とった人が言う方が説得力があるのは、老人の知識が、自分の生きた知識となって語られているからです。
 では、生きた知識とそうでない知識の違いはどこにあるのでしょうか。
(つづく)
(この文章は、構成図をもとに音声入力した原稿をamivoiceでテキスト化したものです)
マインドマップ風構成図
 記事のもととなった構成図です。

(急いで書いたのでうまくありません)
 参加フォーム/言葉の森企画
作文の予習と発表に力を入れたオンライン学習
友達と一緒に作文を書くことで互いの予習が参考になり、読書紹介で読書の幅が広がります。 言葉の森
 

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
暗唱(121) 教育論文化論(255) 

コメント欄

コメントフォーム
作る学力と暗唱(その1) 森川林 20090427 に対するコメント

▼コメントはどなたでも自由にお書きください。
ゆよらり (スパム投稿を防ぐために五十音表の「ゆよらり」の続く1文字を入れてください。)
 ハンドルネーム又はコード:

(za=森友メール用コード
 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。
新着コメント1~3件
3.1週の授業 nane
 せいかつ文化コースの動画には、子供のこ 2/22
3.1週の授業 森川林
 「雑草の枯れ草で納豆を作ろう」というの 2/22
読点の打ち方 匿名
このもんだいすき 2/21
……次のコメント

オープン教育 1~3件
オープンの川
鳥の村 1~3件
鳥の村
虹の谷 1~3件
虹の谷
過去の記事

過去の1~30件目を表示
■作る教育と連休 4月25日
■読む学力、書く学力。解く学力、作る学力(その2) 4月24日
■読む学力、書く学力。解く学力、作る学力(その1) 4月23日
■暗唱が難しいという場合 4月22日
■作文を書くのに時間がかかる子 4月21日
■新しい学校生活スタートに向けて(その2) 4月20日
■高1、高2、高3、社会人の4−6月読解問題の長文 4月20日
■作検模試の返却、4月末から順次 4月20日
■どんな本を読んだらいいか(その3) 4月19日
■どんな本を読んだらいいか(その2) 4月18日
■どんな本を読んだらいいか(その1) 4月17日
■未来の社会と教育(補足)——思っただけで伝わるコミュニケーション 4月16日
■未来の社会と教育(その8) 4月15日
■未来の社会と教育(その7) 4月14日
■未来の社会と教育(その6) 4月13日
■未来の社会と教育(その5) 4月12日
■未来の社会と教育(その4) 4月11日
■未来の社会と教育(その3) 4月10日
■新しい学校生活のスタートに向けて 4月9日
■保護者の皆様へ:講師の自宅に電話をされないようにお願いします 4月8日
■未来の社会と教育(その2) 4月8日
■未来の社会と教育(その1) 4月7日
■教育は家庭の文化の中から——学習塾に流されない家庭生活 4月6日
■教育は家庭の文化の中から——対話を阻害するテレビ 4月4日
■教育は家庭の文化の中から——家庭での対話が学力の基礎 4月3日
■教育は家庭の文化の中から——難しい本を読んで国語力アップ 4月2日
■英語や古文の背後にある国語力、数学を勉強する意義 4月1日
■作文検定と文章自動採点ソフト森リン(その2) 3月31日
■作文検定と文章自動採点ソフト森リン 3月30日
■小123年の3.4週、4.1週の長文は難しいのでできる範囲で 3月28日
……前の30件
RSS
RSSフィード

カテゴリー
全カテゴリー

QRコード


通学できる作文教室
森林プロジェクトの作文教室

リンク集
現在作成中です。





 
小学生、中学生、高校生の作文(2007年4月まで)
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。