記事 823番  最新の記事 <前の記事 後の記事> 2020/1/25
国語力をつける問題集読書の意義と方法
森川林 2010/03/14 05:41 



 前回の「●解く勉強より読む勉強が国語力をつける」は、問題集読書の意義にあたる部分です。今回は、問題集読書の方法について説明します。

 問題集に載っている文章には、悪文のものもありますが、総じてよい文章が多いものです。そのため、問題集は、国語力をつける読書のエッセンスになります。しかし、もちろんそれが読書のかわりになるというわけではありません。

(1)問題集読書は、黙読で読みます。音読だと、読むのに負担が大きくなり長続きしなくなるからです。

(2)面白いところに傍線を引きながら読みます。借りた本の場合は、付箋をつけながら読みます。これは、再読のときにも役に立ちますし、問題を解くときにも役に立ちます。
 国語の試験の問題文をきれいに読む子がいますが、文章を読む問題は、必ず問題文に線を引きながら読む習慣をつけていきます。これは、英語の問題文を読む場合も同様です。

(3)言葉の意味でわからないものがあったら、近くにいる人に聞きます。辞書で調べる必要はありません。どうしてかというと、手軽にできて長続きすることが大事だからです。辞書をで引く場合は、読んでいる途中で引くよりも、読んでいるときは印だけをつけておき、全部読み終えてからまとめて調べるようにします。

(4)問題文は読みますが、問題は一切解きません。問題を解く勉強は、実力をつける勉強ではなく、勝負に慣れるための勉強にすぎないからです。これが、国語の問題が、数学などの問題とは根本的に性質の違うところです。

(5)問題文に空欄などがあった場合は、飛ばして読みます。答えを入れて読む必要はありません。空欄があっても、文脈から読んでいけば内容は把握できるようになっています。

(6)1日の所定のページを読み終えたら、傍線や付箋のところを参考にして四行詩を書きます。四行詩は、「●問題集読書の四行詩の書き方」を参考にしてください。小学校高学年以上の生徒は、「詩を書く」と説明するだけでその雰囲気がわかるので、すぐにリズム感のある四行詩が書けます。複数の文章を読んでいる場合は、その中のひとつにしぼって四行詩を書きます。

(7)1冊の問題集は、4回以上繰り返して読みます。問題集を最後まで読み終えたら、また最初に戻ります。1つの文章を続けて4回読むのではなく、全部の文章を読み終えたあと、また最初に戻って読むということです。

(8)傍線や付箋は、繰り返すたびにだぶるような形になります。1回目に傍線を引いたところを読んだときに、1回目の傍線で十分だと思えば2回目の傍線を引く必要はありません。2回目に読んだときにも更に傍線を引いておきたいと思ったところは、1回目と重ねて傍線を引きます。したがって、2回目の傍線は、1回目の傍線よりもずっと少なくなります。2回も3回も同じところに傍線を引くというのは、そこが自分にとって特に印象に残ったところだということです。

 問題集読書に限りませんが、よく、本を無理に読ませて読書嫌いになりませんかと聞く人がいます。そういうことは、ありません。本には、読み手を引きつける力がありますから、読んで実力がついてくれば必ず本を好きになります。ただし、本人の読む実力に比べてあまりに難しい本は、楽しさよりも苦痛の方を大きくしてしまうので、適度な難しさということも大事です。

 難しい本を読ませるときに生じる問題は、難しい本はどうしても読む量がはかどらないので、そのために易しく面白い本を読む時間も少なくしてしまうことです。読書は、山頂を高くすることも大事ですが、裾野を広げることもそれ以上に大事です。裾野となる読書で普通の語彙を実感をもって読めるようになるからこそ、難しい語彙のある本も味わいながら読むことができるのです。難しい本を読むためには、易しく面白い本もたっぷり読んでおく必要があります。

 子供たちの多くは、ある本を読み終えるまで、ほかの本は読めないと律儀に考えます。そういうことはありません。読書は、何冊も並行して読んでいくことができます。この並行読書に役立つのも、付箋読書です。付箋を見るとどの本をどこまで読んでいるか一目でわかるので、途中からすぐに続きを読むことができます。

 小学校低中学年から問題集読書をさせるのは、あまりよくありません。そのころは、楽しく読める本がたくさんあります。小学校高学年までは、勉強のために読むのではなく、読書の楽しさを味わうために読むのが大事な時期です。小学校低中学年で楽しく多読して読書力の裾野を広げておくからこそ、高学年で難しい文章も読むことができるようになるのです。

 小学校低中学年で国語の問題集を解かせるのは、更に意味がありません。そのころは、楽しく遊んだり楽しく本を読んだりすることによって、実感の裾野を広げていく時期だからです。

 また、小学校高学年や中学生や高校生でも、問題集読書をしているから、普通の読書はしなくてよいというのではありません。受験勉強が多忙になってくると、普通の本を読む時間がなかなかとれなくなるので、そのかわり密度の濃い問題集読書で読む力をつけておくということです。
 
 実力のある子は、受験勉強の最中でも時間を見つけては短時間の読書をしています。読書の原点は、子供がもっと自分を知的にも精神的にも成長させたいと思う内在的な意欲にあります。そういう読書がその子の本当の実力になっていきます。
 参加フォーム/言葉の森企画
国語力がつく読解検定1月
学校、塾、地域の団体受検もできます。 解き方のコツは、「読解・作文力の本」を参考にしてください。 言葉の森
 

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
国語力読解力(155) 問題集読書(33) 

コメント欄

おそさ母 2010年4月6日 18時9分  
(4)問題文は読みますが、問題は一切解きません。
とありますが、設問は読まないのでしょうか。


森川林 2010年4月6日 18時51分  
 設問も読みません。問題文を読んでいくだけです。勉強というよりも、読書のような感じでやっていってください。

コメントフォーム
国語力をつける問題集読書の意義と方法 森川林 20100314 に対するコメント

▼コメントはどなたでも自由にお書きください。
せそたち (スパム投稿を防ぐために五十音表の「せそたち」の続く1文字を入れてください。)
 ハンドルネーム又はコード:

(za=森友メール用コード
 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。
新着コメント1~3件
作文を上達させ nane
 読書力と作文力の間には、高い相関があり 1/21
作文を上達させ 森川林
 作文を上達させる方法と、うまく書かせる 1/21
プログラミング nane
 言葉の森の通学教室の卒業生の結構多くの 1/15
……次のコメント

オープン教育 1~3件
オープンの川
鳥の村 1~3件
鳥の村
虹の谷 1~3件
虹の谷
過去の記事

過去の1~30件目を表示
■解く勉強より読む勉強が国語力をつける 3月13日
■作文の能率を上げる構成図と音声入力の方法 3月12日
■これから大学生になるみなさんへ 3月11日
■問題集読書の四行詩の書き方 3月10日
■作文力をつけるために国語力をつけるという勉強 3月9日
■家族の対話が生まれる作文の勉強 3月8日
■作文が上手な子も下手な子も、どちらも先を見た指導で 3月7日
■不況に勝つ作文 3月6日
■家庭での作文の教え方14 尊敬語と謙譲語 3月5日
■家庭での作文の教え方13 常体と敬体 3月4日
■作文をどうしたら速く書けるようになるか 3月3日
■本日、東京都文京区から体験を申し込まれた方 3月2日
■合格情報 3月2日
■家庭での作文の教え方12 同音異義語の使い分け 3月1日
■家庭での作文の教え方11 全体の流れ 3月1日
■暗唱は覚えることが目的ではなく繰り返すことが目的(その2) 2月28日
■暗唱は覚えることが目的ではなく繰り返すことが目的(その1) 2月27日
■家庭での作文の教え方10 送り仮名のつけ方 2月27日
■家庭での作文の教え方9 ひらがなで書く字 2月26日
■自習をしたとうそをつく子、宿題の答えを丸写しする子 2月25日
■家庭で教える作文8 読点の打ち方 2月25日
■家庭での作文の教え方7 段落のつけ方 2月24日
■塾が多忙になっても言葉の森は続けよう 2月23日
■小学校1年生で最もおすすめする習い事は言葉の森 2月22日
■家庭での作文の教え方6 原稿用紙の使い方 2月22日
■家庭で上手に作文の勉強をさせるコツ。なかなか書き出せないときは 2月21日
■1月の森リン大賞(中3-高社) 2月21日
■教室風景 2月20日
■森リン90点以上は東大レベル 2月20日
■1月の森リン大賞(中1-中2) 2月20日
……前の30件
RSS
RSSフィード

カテゴリー
全カテゴリー

QRコード


通学できる作文教室
森林プロジェクトの作文教室

リンク集
現在作成中です。





 
小学生、中学生、高校生の作文(2007年4月まで)
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。