記事 4016番  最新の記事 <前の記事 後の記事> 2020/7/4
自主学習の新年度教材の勉強の進め方の動画
森川林 2020/02/14 18:11 

 自主学習クラスの新年度教材の勉強の進め方の動画をアップロードしました。
 「鳥の村」の「言葉の森生徒広報」のページに学年別に掲載しています。
https://www.mori7.net/tori/

この記事に関するコメント
コメントフォームへ。

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
自主学習クラス(0) 

記事 4015番  最新の記事 <前の記事 後の記事> 2020/7/4
「小学校最後の3年間で本当に教えたいこと、させておきたいこと」3月6日発売予定
森川林 2020/02/13 09:55 


 新しい本が3月6日に出ます。
 「小学校最後の3年間で本当に教えたいこと、させておきたいこと」(中根克明著 すばる舎)です。

 この本の中の、おすすめする本の紹介にご協力いただいたみなさんありがとうございました。


 小学4年生になると、それまで素直にお父さんお母さんの言うことを聞いていた子供たちが、急に自分の主張も言うようになり、親の言うこと何でもそのまま素直に受け入れるということが少なくなります。
 学校の勉強も、小学5年生から急に考える要素が増え、国語も算数も難しいものになってきます。
 将来の進路の選択を考えるのもこの時期です。
 また、子供どうしの関係も、次第に複雑になり、さまざまなトラブルが生まれてくることもあります。
 これらは、すべて子供の成長過程で表れてくることなので、今の状態を見るだけでなく、先の見通しの中で考えていくことが大事です。

 小学4・5・6年生の子供たちの勉強や生活について、中根がこれまで多くの子供たちと接してきた経験の中で考えたことを、この時期の子供たちへの対応の仕方として、この本の中でわかりやすく説明しています。


 現在、この本「小学校最後の3年間で本当に教えたいこと、させておきたいこと」(すばる舎)の予約を受付中です。

 3月までに、本の予約又は注文をされた方には、「小冊子『暗唱の効果と方法』」「暗唱検定用の暗唱文集(初段)」などをお送りさせていただきます。
(海外の方には、それらに相当するものをメールで送お送りさせていただきます。)
(「読書の好きな子になる庭」のFBや掲示板などで、図書の紹介にご協力いただいた方には、併せて別途お礼をお送りさせていただきます。)

 予約又は注文された方は、ホームページのフォームからご連絡ください。
https://www.mori7.net/jform_pre.php?f=spp202003
 また、本書を読まれたあと、自由にレビューをを書いていただけるとありがたいです。

▼関連書籍
「小学校最初の3年間で本当にさせたい『勉強』」


「小学生のための読解・作文力がしっかり身につく本」


「小学校最後の3年間で本当に教えたいこと、させておきたいこと」

この記事に関するコメント
コメントフォームへ。

森川林 20200213  
 小学4・5・6年生向けの本を出版しました。
 この時期の子供たちの勉強、生活、読書、作文、受験、友達関係などを多岐にわたって述べています。
 この本の出版にあたり、図書の紹介などでご協力いただいたみなさん、ありがとうございました。
 予約注文は、ホームページで受け付けています。


nane 20200213  
 前回の本の書名が「小学校最初の3年間」で、今回が「最後の3年間」です。
 子供たちの成長は早いです(笑)。
 この最後の3年間が、親子で深い関わりの持てる文字どおり最後の3年間になります。
 この時期の子供たちの成長の本質をふまえて、よりよい3年間にしていただけるといいと思います。


同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
メディア(8) 

記事 4014番  最新の記事 <前の記事 後の記事> 2020/7/4
【合格速報】自修館中等教育学校・日大三中
言葉の森事務局 2020/02/12 11:26 
自修館中等教育学校、日大三中  H.N.さん

<担当講師より>
 一年生の頃から続けてくれているH.N.さんが神奈川県私立自修館中等教育学校、日大三中に合格されたそうです!
 学校の雰囲気と入学後に学力を伸ばしてもらえる自修館に進学を決めたそうです。
 弟妹3人も言葉の森の生徒さんで、みんないつもきっちり予習をしてくれています。お母さまがとても一生懸命に向き合って下さっています。
 コツコツと真面目に取り組む姿勢が、実ったと思います。おめでとうございます!!
 

この記事に関するコメント
コメントフォームへ。

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
合格情報(27) 

記事 4013番  最新の記事 <前の記事 後の記事> 2020/7/4
新高校生の勉強の仕方―大学入試は過去問を中心にした勉強を
森川林 2020/02/11 04:05 

■高校生の勉強の仕方

 高校生は、学校の勉強で理系か文系かの選択があります。

 現代の受験体制のもとでは、自分の持っている実力を生かして合格しやすい大学に入ることが目標になりがちです。そのため、数学が苦手な人は文系を選択する傾向がありますが、数学は、時間はかかるものの、勉強の仕方さえ正しければだれでも成績を上げることのできる教科です。

 理系と文系の将来性を比べた場合、理系の方が広い可能性を持っています。数学が得意であれば、文系の大学に数学を生かして入ることもできます。文系を選ぶとそこから理系に移ることはかなり難しくなります。受験という短期間のことだけでなく、自分の将来の実力を幅広くつけていくためにも理系を選択するとよいと思います。

 文系を選んだ人は、高校時代の間に数学から更に縁遠くなってしまうと思います。数学はやればだれでもできるようになるものです。苦手だという意識を持たないようにするためには、大学生になってから、中学生の数学の勉強を教える機会を持つといいと思います。人間は、15歳のころにわからなかったことが、18歳になると驚くほどわかるようになります。言葉の森の生徒で、中学、高校と数学があまり得意ではなく文系に進んだ人が、大学生のときにアルバイトで中学生に数学を教えている間に数学が好きになり、そのまま数学の先生になってしまったということがありました。数学は理屈の世界の勉強なので、わかり始めると面白くなるのです。

 高校生になると、読書をする人としない人が更にはっきり分かれてしまいます。読書は、社会人になってからも勉強の最も重要な手段になります。高校生のときにある程度難しい本を読む力をつけていないと、社会人になってから説明文の本を読めなくなってしまいます。高校生のときに難しい説明文の本を読むと、国語の成績も当然上がってきます。読書を、毎日の生活の中に必ず取り入れるようにしていきましょう。

 高校2年生の終わりの春休みには、受験勉強の準備を始めましょう。準備の仕方は、大学入試の勉強の仕方の本を読むこと、志望校を決めること、志望校の過去問を答えを書き込みながら解いてみること、志望校に合格するための参考書や問題集を選ぶこと、1年間の勉強の計画を立てることなどです。計画は最初はおおまかなものでかまいません。やっていくうちに軌道修正していきます。

 大学入試に向けての準備の中で、いちばん大事なのは、大学入試の勉強の仕方の本を読むことです。大学入試は、ほとんどの人にとって初めて経験する本格的な入試です。それまで入試の経験もある人でも、中学入試や高校入試の場合は、ある程度他人任せでやってこられました。塾の先生や学校の先生が指示してくれた路線で、本人は指示のとおりに勉強するだけですからある意味で気楽な受験でした。大学入試は、自分で計画を立てて、自分の判断で勉強をしていかなければなりません。

 予備校などではその勉強計画を肩代わりしてくれるメニューを持っていますが、そういう他人が用意してくれたメニューで勉強すると、無駄な勉強が多くなります。自分の考えで勉強の計画を立てると、最初は能率が悪いように見えますが、試行錯誤の中で次第に自分に合った勉強の仕方をしていけるようになります。また、そのようにして自分の力で取り組んだ経験は、将来の大きな財産になります。自分の力で取り組むために、受験勉強の仕方に関する本を何冊か読んで知識を増やしていく必要があるのです。

 自分で計画を立てて勉強していく場合、いちばんの頼りになるのが志望校の過去問と模擬試験です。勉強を進めていると本筋からはずれたところに時間をとられてしまうことが出てきます。ときどき過去問に戻って、自分の勉強の仕方の軌道修正をし、模擬試験で自分の位置を確認しながら勉強を進めていきます。ところで、模擬試験はあくまでも模擬試験です。模擬試験で出る合格可能性よりもあてになるのが、過去問がどのくらいの割合でできているかということです。過去問は、その年に出ている本の場合、過去7年間分ぐらいの問題しか載っていません。余裕があれば、中古のものも買っておくとよいでしょう。大学入試は、過去問を軸にして勉強していきます。そのためには、高2の春休みの段階で、解ける問題がまだほとんどない状態でも、全教科の答えを書き込みながら1年間分解いてみて、今後の勉強の方向をつかんでおくことが大切です。

 大学入試で小論文がある場合の書き方は、普段言葉の森で勉強している書き方と同じです。パソコンで書いている人は、試験の3ヶ月ぐらい前から手書きに戻して、手書きで書く感覚に慣れておきましょう。志望校の過去の問題に合わせた形で10編ぐらいの作文を書いておけば、そこで使った実例、表現、意見などを生かして入試の作文に対応することができます。

■高校生は、どういう作文の勉強をするか

・高校生の作文の字数は、600-1200字です。
・1200字の作文(小論文)を60分で書くスピードを目標にしていきましょう。
・感想文課題のもとになる文章は、大学入試の現代文や小論文の課題と同じ難しさです。解説を見る前に、自分なりに書く方向を考えてみましょう。
・構成の仕方は、原因や対策を考えるかたちが中心になります。原因や対策の考え方には、その人なりのパターンができてくるので、自分の得意な発想法を見つけていくようにしましょう。
・パソコンで書ける人はできるだけパソコンで書き、自動採点ソフト森リンの点数を上げることを目標にしていきましょう。

●高校生からの受講料は変わりません。

この記事に関するコメント
コメントフォームへ。

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
言葉の森の特徴(83) 生徒父母連絡(78) 

記事 4012番  最新の記事 <前の記事 後の記事> 2020/7/4
【合格速報】南多摩中等教育学校
言葉の森事務局 2020/02/10 13:42 
南多摩中等教育学校 Y.K.さん

<担当講師より>

 年長さんのときから続けてくれているY.K.さん、第一希望の都立南多摩中に合格されたそうです。毎回必ずしっかり準備をし、わからないところは質問をして一生懸命取り組み続けてくれました。
受験コースに入ってからは、今までのようにのびのびと書けないことに戸惑いもあったと思いますが、絶対に投げ出すことなく毎回必ずよく準備して書き上げてくれていました。また、ご家族のあたたかいサポートを得ながら、何度も推敲を重ねてがんばりました。たくさん書く中でいくつかよいものを書きやすい題材が固まっていたのですが、その中でも1、2を争うほど得意な題材で書けたようで本当によかったです。
暗唱検定1級にも合格しているがんばりやさんです。
思考発表クラブにも熱心に参加してくれていて、そのときの題材が受験作文を書くときにも大活躍でした。
合格おめでとうございます!

この記事に関するコメント
コメントフォームへ。

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
合格情報(27) 
新着コメント4~6件
……前のコメント
エデュナビで「 森川林
 小学校最後の3年間は、子供が自立する時 6/26
オンライン夏期 nane
 受験勉強は特に、夏休みですべてが決まり 6/11
オンライン夏期 森川林
 夏休みは、集中して勉強できる時期です。 6/11
……次のコメント

オープン教育 1~3件
オープンの川
鳥の村 1~3件
鳥の村
虹の谷 1~3件
虹の谷
過去の記事

過去の1~30件目を表示
■夏のオンラインスクール開講、申し込み受け付け中 7月2日
■エデュナビで「小学校最後の3年間」が紹介 6月26日
■オンライン夏期講習、8/1~8/23。作文、感想文、主要五教科、公中受験など 6月11日
■リアルを超えるオンライン――少人数対話型オンライン教育の3つの特徴 6月9日
■【重要】7月からの「森のオンラインスクール」勉強の仕方説明会 6月8日
■午前9時からの「森のオンラインスクール」が6月から始まりました 6月4日
■港南台の通学教室を、全面的に通学オンラインクラスに 6月3日
■オンライン教育は少人数クラスと結びついて初めて効果を発揮する 6月1日
■風邪の中をプログラミング 5月31日
■「プロに聞く『子どもの作文力」劇的に上げる方法』」の記事 5月27日
■【重要連絡】6月以降の「朝のオンラインスクール」の学習について 5月18日
■【重要】Zoomのブレークアウトルームがビジー状態で使えない場合の対応 5月15日
■言葉の森が考える新しい教育の可能性 5月13日
■【至急重要】講師のZoomにパスワードが設定されていますが 5月11日
■朝のオンラインスクールが5月7日から始まります 5月6日
■鳥の村の資料室に、小1~中3、プレ受験作文の解説をいれました 5月5日
■創造発表祭(無料)、5月2日から6日まで連日開催 5月2日
■創造発表祭の参加お申し込みで、5月1日10:25以前にご送信いただいた方は再度ご送信お願いいたします 5月1日
■創造発表祭(無料)、連休中の5月2日~6日、連日開催 4月30日
■明日オン4/28で終了、4/29~5/1休み、5/2~5/6午後3時創造発表祭(無料)、5/7~新朝オン再開、その後休校解除後も午前中の朝オンは継続 4月28日
■オンライン創造発表祭(参加無料)、連休中5月2日~6日連日開催 4月23日
■一斉指導学習から個別確認学習へ――新しいオンライン学習の仕組み 4月18日
■学校や家庭で導入するパソコンは、現状ではクロームブックやiPadでないものを 4月17日
■新型コロナウイルスとこれからの社会の提案 4月15日
■明日のオンラインスクールで、平日20:00から保護者懇談室、20:30から講師懇談室を開きます 4月12日
■【重要】初めて明日オンに参加される方は、最初に初心者クラス(無料)にご参加ください 4月10日
■【重要】明日のオンラインスクールでの勉強の仕方【動画】 4月8日
■【至急】「明日オン」の4月6日(月)の登録又は取消は、お電話又は質問掲示板で 4月6日
■【至急】明日オンの19時以降の送信ができないままでしたm(_ _)m――直り次第ご連絡します 4月6日
■学校の休校対応、小1~中1の全教科の対話型学習「明日のオンラインスクール」受け付け開始 4月5日
……前の30件
RSS
RSSフィード

カテゴリー
全カテゴリー

QRコード


通学できる作文教室
森林プロジェクトの作文教室

リンク集
現在作成中です。
Zoomサインイン
ソースネクスト
FJNBP-1337-6644-8260-5410




 
小学生、中学生、高校生の作文(2007年4月まで)
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。