記事 1220番  最新の記事 <前の記事 後の記事> 2020/1/21
知的な対話が共有できる家族を目指す
森川林 2011/03/30 19:32 


 小学校低中学年のころは、学校の勉強にはあまり差がつきません。どの子も同じように大体のことができます。しかし、小さいころから、少しずつ差が生まれ、それがあとあとまで続いていく分野もあります。それが、考える力です。考える力のある子は、学年が上がるほど実力がついてきます。

 考える力の中心は、日本語を駆使する力ですから、作文を書いてみると、その子の考える力がどのくらいあるかがわかります。

 ゲームの一種で、「いつどこ作文」というようなものがあります。紙を短冊型に切り、1枚目は「いつどこで」、2枚目は「だれが何をしているときに」、3枚目は「何がどうだったので」、4枚目は「何がどうした」などと書くのです。文の形を変えれば、人数に合わせて、短冊を細かく分けることも、おおまかに分けることもできます。

 その短冊をばらばらにして、ほかの人の書いた短冊と混ぜ、そのまぜこぜになって文をひとりずつ発表します。こういうときには、普段いたずらな子が大活躍します。真面目な子が集まると、面白くも何ともない文ばかりになりますが、脱線する子がいると、大笑いするような文ができあがるのです。

 このときに、そういう文をなかなか書けない子と、すぐに書ける子と、平凡に書く子と、ちょっとひねって書く子の差が出てきます。小学校3、4年生で、こういうゲームを面白がって、「もう一回やろう」と何度も催促するような子は、考える力のある子です。自分の考えた文が、ほかの文脈の中で別の意味を持ってくるということが面白くてたまらないのです。



 しかし、家庭生活の中では、いつもこういう作文作りのゲームをしているわけにはいきません。考える力は、もっと日常的につけていく必要があります。そのときに必要になるのが、家庭における親と子の知的な対話です。

 外国では、宗教の聖書などをもとにした対話が、親子の知的対話になっている場合があります。しかし、日本にはそういう宗教に基づいた対話の習慣はほとんどありません。また、もし宗教的な対話が家庭の中で行われたとしても、日本の社会ではそれはあまりよい結果を生みません。というのは、日本社会の基本的なルールは、「かたいことは言わない」ということですから、宗教的な信念を持っている人は、日本のような柔軟性に富んだ社会では生活しにくいのです。

 しかし、親子の共通の話題が、テレビを見て一緒に笑うようなことだけだとしたら、そこにはあまり知的な要素はありません。テレビのニュースも同じです。ニュースの性質上、深い掘り下げはできないので、表面的な知識を共有するだけで終わってしまいます。

 日本の社会には、かつて四書五経を中心にした、親、子、孫とつながる共通の知的話題がありました。今後、日本の社会がもっと落ち着いて成熟したら、またそのような過去の古典が親子の共通の文化になるような時代は来るかもしれませんが、それはまだずっと先のことでしょう。

 そこで生きてくるのが、言葉の森の課題の長文をもとにした親子の対話です。言葉の森の長文は、現代の社会で、親子が共通の知的話題を話すきっかけになる材料を提供しています。この親子の知的な対話の習慣が、子供の思考力を育てるいちばん大きな要素になります。

 子供の将来を大きく左右するのは、考える力を育てることです。言葉の森では、毎日の自習として、暗唱と読書をすすめていますが、このように毎日何かを読む練習とともに大事なことは、親子が折に触れて知的な対話をするような習慣をつけていくことです。

 しかも、親子の対話は、単に思考力をつけるだけではありません。親と子という人間どうしの対話を通して、子供たちは、生きていくのに必要な感受性や人間関係の理解やユーモアの精神なども育てていくのです。
 参加フォーム/言葉の森企画
作文の予習と発表に力を入れたオンライン学習
友達と一緒に作文を書くことで互いの予習が参考になり、読書紹介で読書の幅が広がります。 言葉の森
 

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
子育て(117) 対話(45) 

コメント欄

コメントフォーム
知的な対話が共有できる家族を目指す 森川林 20110330 に対するコメント

▼コメントはどなたでも自由にお書きください。
きくけこ (スパム投稿を防ぐために五十音表の「きくけこ」の続く1文字を入れてください。)
 ハンドルネーム又はコード:

(za=森友メール用コード
 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。
新着コメント1~3件
作文を上達させ nane
 読書力と作文力の間には、高い相関があり 10:13
作文を上達させ 森川林
 作文を上達させる方法と、うまく書かせる 10:8
プログラミング nane
 言葉の森の通学教室の卒業生の結構多くの 1/15
……次のコメント

オープン教育 1~3件
オープンの川
鳥の村 1~3件
鳥の村
虹の谷 1~3件
虹の谷
過去の記事

過去の1~30件目を表示
■放射能汚染対策に本当の科学の力を 3月29日
■作文力は、大学入試でも、大学に入ってからも役立つ 3月29日
■【重要】東日本大震災の被災地への新学期教材発送について(生徒父母向け連絡) 3月28日
■政治の力で日本全国の原発を廃棄しよう 3月28日
■作文を中心とした知的な創造社会 (日本の新しい産業 その八) 3月27日
■創造産業の重点は言語的、知性的なものに (日本の新しい産業 その7) 3月26日
■創造産業のさまざまな形 (日本の新しい産業 その6) 3月26日
■創造産業の広がり方 (日本の新しい産業 その5) 3月25日
■創造産業の前提としての日本の国防 (日本の新しい産業 その4) 3月25日
■人間の持つ創造性の土台としての不完全性 (日本の新しい産業 その3) 3月24日
■日本の未来は創造産業にある (日本の新しい産業 その2) 3月23日
■日本の新しい産業(その1) 3月22日
■今回の地震原発事故で得たもの 3月20日
■国民の英知を結集した情報交換を(日本の復活に向けて(その2)) 3月19日
■連休中の雨に備えて、福島原発周辺の下水管の閉鎖を 3月19日
■日本の復活に向けて(その1) 3月19日
■本当のところはまだ何もわかっていない(緊急提案の説明) 3月18日
■東日本を放棄し、これ以上の犠牲を出さず、天皇陛下を中心に、全国民の力で日本を再建しよう 3月18日
■日本の真の独立国家としての再生を 3月17日
■大きく土のうで囲み水没させて湖に沈める 3月17日
■原発に川を引き込むか、原発を海に引き込むか 3月16日
■美しい日本列島よ、永遠に 3月15日
■今回の地震災害に対応した当面の電話指導について(生徒父母連絡) 3月14日
■福島原発、勇気ある撤退を。原発に依存しないエネルギー政策を日本の総意に 3月13日
■日本が目指す新しい産業。その前提としての国語力 3月11日
■作文をきっかけとした対話によって伸びる子供の思考力 3月10日
■作文の勉強を家族の対話に生かす。--点数の勉強から対話の勉強へ 3月9日
■新学期の教材から縦書き中心に。今後手書きの活用も 3月8日
■読書の習慣をつけるには。課題作文が負担。暗唱を黙読で覚えるが。(父母アンケートより) 3月7日
■自習は、「自立する勉強」と発想を変える(その2)(生徒父母向け記事) 3月6日
……前の30件
RSS
RSSフィード

カテゴリー
全カテゴリー

QRコード


通学できる作文教室
森林プロジェクトの作文教室

リンク集
現在作成中です。





 
小学生、中学生、高校生の作文(2007年4月まで)
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。