記事 1686番  最新の記事 <前の記事 後の記事> 2020/9/29
作文を直す前に、直せる力をつけること(facebook記事より)
森川林 2012/12/19 11:06 



 小3の子のお母さんから、体験学習を始めた1回目に、
「先生、もっと句読点の打ち方や、おかしい言い回しを直してください」
と、要望のひとことがありました。

 でも、直してすぐ直るくらいなら、もうとっくに直っていたはずです。
 だから、直してもすぐには直らないでしょう。

 そうすると、直すために、同じ注意を何度もすることになります。
 すると、先生が熱心になり、子供が真面目になるほど、勉強は苦しいものになっていきます。

 せっかく作文が好きになろうと思って始めた勉強が、苦しい勉強になり、長続きしなくなったら、元も子もないのです。

 子供の書いた作文に直すところがあったら、その原因は、作文にあるのではなく、これまでの日本語の生活の中にあります。
 だから、直すのは作文ではなく、毎日の読書を含めた生活の方なのです。

 そのために、毎日の自習として音読や暗唱や読書をしていきます。
 その毎日の自習がスムーズに進むように、作文はいつもいいところを褒めていくのです。

 自習によって読む力ががついてくれば、作文にもし直すことがあっても、それはひとことの注意ですぐに直ります。

 これは、作文に限らず、勉強すべてに共通します。

 子供たちはみんな、勉強ができるようになりたいと思っています。
 好きでテストに悪い成績をとりたいと思っている子はいません。

 成績が悪いとしたら、それはその子の努力不足というよりも、これまでの勉強の仕方を含む学習生活の問題があったのです。


 褒めることが大事ということはよく言われますが、その前提は、できるようにさせて褒めるということです。

 直すことも同じです。ただ直すのではなく、直せるようにしてから直すことが大事なのです。



 今日は寒い一日になりそうです。

 忘年会のシーズンですが、暖かくしてお過ごしください。
 参加フォーム/言葉の森企画
国語力がつく読解検定9月
学校、塾、地域の団体受検もできます。 解き方のコツは、「読解・作文力の本」を参考にしてください。 言葉の森
 

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
facebookの記事(165) 作文教育(134) 

コメント欄

コメントフォーム
作文を直す前に、直せる力をつけること(facebook記事より) 森川林 20121219 に対するコメント

▼コメントはどなたでも自由にお書きください。
にぬねの (スパム投稿を防ぐために五十音表の「にぬねの」の続く1文字を入れてください。)
 ハンドルネーム又はコード:

(za=森友メール用コード
 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。
新着コメント1~3件
読解検定9月説 nane
 読解の解き方のコツを説明すると、高校生 9/26
読解検定9月説 森川林
 国語力を上げるには、ということで、いつ 9/26
本日9月24日 森川林
 プログラミング講師研修の第2回の会合を 9/24
……次のコメント

オープン教育 1~3件
オープンの川
鳥の村 1~3件
鳥の村
虹の谷 1~3件
虹の谷
過去の記事

過去の1~30件目を表示
■国語の実力は、読書と作文と対話の中でつく(facebook記事より) 12月18日
■国語力をつける勉強の仕方を、模試の見直しをもとに説明 2 12月17日
■あらかじめ正しい方針というものはなく、正しくしていく行動がある(facebook記事より) 12月17日
■創造のための教育とインターネットの言語比率(facebook記事より) 12月16日
■国語力をつける勉強の仕方を、模試の見直しをもとに説明 1 12月15日
■暗唱は毎日やれば楽しく続く(facebook記事より) 12月15日
■作文を書くのに時間がかかる子 12月14日
■いじめがあってもはねかえす(facebook記事より) 12月14日
■保護者アンケートより 3 12月13日
■心はかけるが、手をかけない(facebook記事より) 12月13日
■保護者アンケートより 2 12月12日
■新しい文化は日本から、そして教育から(facebook記事より) 12月12日
■保護者からのアンケート 4(要望・質問) 12月11日
■12月はいろいろなことが(facebook記事より) 12月11日
■保護者アンケートより 1 12月10日
■勉強は気長に褒めて続けることで成果が出る(facebook記事より) 12月9日
■これからの勉強はどうなるのか 4(国語と算数の違い) 12月8日
■互いの違いを認め合うのが対話のいいところ(facebook記事より) 12月8日
■これからの勉強はどうなるのか 3(国語の勉強) 12月7日
■漢字の読みの先取りが読む力をつける(付:常用漢字の追加の熟語)(facebook記事より) 12月7日
■これからの勉強はどうなるのか 2(なぜ家庭学習が必要か) 12月6日
■幼児期は英語教育よりもまず日本語の土台を(facebook記事より) 12月6日
■これからの勉強はどうなるのか 1(作文はなぜ必要か) 12月5日
■形に残らない国語の勉強(facebook記事より) 11月28日
■今後起こりうる経済危機と言葉の森と森林プロジェクト 11月27日
■作文の通信教育の教材比較 その2 11月23日
■作文の通信教育の教材比較 その1 11月21日
■どのリンゴにもそれぞれのよさ(作文と小論文の違いとは言うけれど)(facebook記事より) 11月21日
■作文に書くことをすぐお母さんに聞く子(facebook記事より) 11月18日
■mori7.netのサーバー直りました 11月16日
……前の30件
RSS
RSSフィード

カテゴリー
全カテゴリー

QRコード


通学できる作文教室
森林プロジェクトの作文教室

リンク集
現在作成中です。
Zoomサインイン
ソースネクスト
FJNBP-1337-6644-8260-5410




 
小学生、中学生、高校生の作文(2007年4月まで)
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。