受験生の夏休みの勉強法 勉強は家庭が主で、塾が従 直す読書感想文指導ではなく、褒める読書感想文指導へ 国語の勉強法としての音読、問読、難読 記述力をつけるために

記事 2378番  最新の記事 <一つ前の記事 一つ後の記事> 2018/2/21 
学校からもらってきた成績表で作文のところだけCの場合
森川林 2015/07/09 05:43 


 成績表をもらう時期になると、よくある話です。
 言葉の森の生徒の保護者から、「ほかの成績はいいのに、作文のところだけCなんです」という相談を時どき受けます。

 あるお母さんの話では、学校の家庭訪問のときに、習い事の話が出て、作文を習っていると言ったすぐ次の学期から、作文だけがCになったそうです(笑)。
 こちらは、またかと思って笑って聞いていますが、そういう成績をつけられた子供はたまりません。せっかく熱心に勉強しているその勉強だけがとりたてて駄目だと評価されるのですから結構傷つきます。
 しかも、そういう子たちが決まって明るく素直な性格のよい子なのです。

 算数、理科、社会などのほかの教科では、こういうことはありません。また、同じ国語でも、漢字力や読解力の評価ではこういうことはありません。
 それらは客観的に評価できることですし、誰かが特別の教え方をしているわけではないので、言わば誰でも教えられる勉強なので、先生の権威も傷つかないからです。

 国語の専門の先生は、国語という教科に対して思い入れのあることが多く、特にそれが作文という勉強には強く表れます。
 作文は、専門的なベテランの先生でなければ十分に教えることができないという思い込みがあるのです。

 どの世界にも、未熟な人はいます。学校の先生だから特別ということではありません。
 もちろん大多数の先生は、そんなことにヤキモチを焼いたりせず、むしろ子供をよいところを励ます接し方をしています。
 先生という仕事で最も大事な性格が、このいつでも子供のよいところを見て明るく励ますことがができるということなのです。

 では、子供がそういう「作文のところだけがC」という成績をもらってきたとき、お母さんはどうしたらいいのでしょうか。
 子供には、次のように言ってあげるといいのです。
 「作文というのは、いろいろな見方があるけど、お母さんはあなたの作文はとてもいいと思っているのだから大丈夫。いつか、あなたが大きくなったとき、この作文Cの評価が楽しい想い出話になると思うよ」
 このように明るく爽やかに、むしろその悪い評価を楽しむような気持ちで話してあげるといいのです。

 そして、こういう話し方によって、子供は不本意な悪い評価を受けたときに、どう対処していけばいいのかという人生の大事なコツも学んでいきます。

 「行蔵こうぞうは我に存す。 毀誉きよは人の主張」(勝海舟)
 他人の評価は過去のものとして明るく受け流し、自分は自分のよいと思ったことを実行していけばいいのです。

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
生き方(41) 

コメント欄

コメントフォーム
学校からもらってきた成績表で作文のところだけCの場合 森川林 20150709 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。
ほまみむ (スパム投稿を防ぐために五十音表の「ほまみむ」の続く1文字を入れてください。)
 ハンドルネーム又はコード:

(za=森友メール用コード
 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。
メルマガの配信
▼バックナンバー
○一般用 ダイジェスト版
○生徒用 完全版

Facebookページ
言葉の森作文ネットワーク
いいね! 16,511件
新着コメント1~10件
誤字対策は漢字 nane
 大人は、漢字の勉強などやればすぐできる 7:3
誤字対策は漢字 森川林
 漢字に興味を持つ子は優秀な子が多いので 6:54
字を上手に書く nane
 字の下手な子で、絵は上手に描けるという 2/20
字を上手に書く 森川林
 上手な字を書く練習も、漢字を覚える練習 2/20
作文試験の印象 nane
 文字の下手さに関して言うと、自慢ではあ 2/19
作文試験の印象 森川林
 子供の作文を見たお母さんが、まず言うこ 2/19
保護者懇談会の nane
 今日は、一日パソコンの前にいた。   2/18
保護者懇談会の 森川林
 春はいろいろ相談事の多い季節だと思いま 2/18
2月4週の発表 nane
 寺子屋オンラインの案内を作りながら、保 2/18
2月4週の発表 森川林
 2月4週に発表交流会を行います。   2/18
……次のコメント

オープン教育 1~10件
オープンの川
過去の記事

過去の1~30件目を表示
■受験生の夏休みの勉強法 7月8日
■勉強は家庭が主で、塾が従 7月7日
■直す読書感想文指導ではなく、褒める読書感想文指導へ 7月6日
■国語の勉強法としての音読、問読、難読 7月2日
■記述力をつけるために 7月1日
■頭をよくする話しかけ方 6月29日
■これから必要になる学力は創造力、これから必要になる勉強法は寺子屋オンエア方式 その2 6月24日
■寺子屋オンエアをもっと充実させるために、今予定していること 6月23日
■これから必要になる学力は創造力、これから必要になる勉強法は寺子屋オンエア方式 6月19日
■夏の自然寺子屋合宿、1日目はいかだ作り、2日目はウニ遊び 6月16日
■本を読まない子、言うことを聞かない子、集中力のない子、ゲームばかりしている子など、問題のある子への対応には、工夫が必要 6月15日
■ネットを使って自宅で受検できる作文検定――対象学年小1~高3 6月13日
■国語力は身体力――週2日では現状維持、週3日以上、できれば毎日(その2) 6月10日
■国語力は身体力――週2日では現状維持、週3日以上、できれば毎日(その1) 6月9日
■勉強は凡事徹底 6月8日
■プレゼン作文発表会、大成功のうちに終了 6月7日
■プレゼン作文発表会は参加者60名で開催 6月5日
■これから起きるかもしれない経済破綻と、新しい未来の社会 6月2日
■勉強の一休みは校舎の屋上で 5月28日
■寺子屋オンエアの勉強の可能性 5月26日
■夏合宿本日締め切り――車に酔わない方法、おねしょをしない方法 5月25日
■寺子屋オンエアの受講案内改訂 5月22日
■勉強は、何かに役立たせるためにするのではない 5月21日
■義務教育の自由化の流れ 5月20日
■勉強は、すぐわからないところが面白い 5月18日
■夏の自然寺子屋合宿のお知らせ 5月12日
■プレゼン作文発表会のお知らせ 5月12日
■読解力、記述力のもとになる思考力を鍛える、国語問題集読書のあとの質問と対話 5月7日
■寺子屋オンエアの未来(1) 5月1日
■なぜ寺子屋オンエアか 4月29日
……前の30件
HPの記事検索
ホームページの全記事

 言葉の森新聞

Google+ページ
言葉の森作文オンエア

Twitter
言葉の森@kotomori

RSS
RSSリーダー

代表プロフィール
森川林(本名中根克明)

講師ブログ
言葉の森の講師のブログ

算数の通信教育
できた君の算数クラブ

カテゴリー
全カテゴリー
ICT教育(1)
遊び(6)
新しい産業(23)
暗唱(121)
生き方(41)
息抜き(19)
いじめ(1)
インターネット(25)
英語教育(10)
オープン教育(24)
親子作文コース(9)
オンエア講座(41)
音声入力(10)
音読(22)
オンライン作文(2)
外国人と日本語(4)
科学(5)
学問コース(1)
学力テスト(2)
合宿(14)
家庭学習(92)
家庭で教える作文(55)
漢字(17)
帰国子女(12)
教育技術(5)
教育論文化論(255)
教室の話題(26)
行事と文化(1)
ゲーム的教育(4)
合格情報(27)
高校入試作文小論文(10)
構成図(25)
公立中高一貫校(63)
国語問題(15)
国語力読解力(155)
子育て(117)
言の葉クラブ(2)
言葉の森サイト(41)
言葉の森の特徴(83)
言葉の森のビジョン(51)
子供たちの作文(59)
作文教育(134)
作文検定試験(4)
作文の書き方(108)
算数・数学(22)
自習検定試験(10)
自習表(5)
自然災害(1)
実行課題(9)
質問と意見(39)
受験作文小論文(89)
小学校低学年(79)
森林プロジェクト(50)
政治経済(63)
生徒父母向け記事(61)
生徒父母連絡(78)
全教科指導(2)
センター試験(7)
創造が価値の源泉となる社会(9)
大学入試(14)
対話(45)
他の教室との違い(22)
知のパラダイム(15)
中学生の勉强(21)
中高一貫校(11)
寺子屋オンライン(101)
読書(95)
読書感想文(19)
読書実験クラブ(9)
友達サイト(7)
日本(39)
日本語脳(15)
発達障害(1)
東日本大震災(15)
facebook(29)
facebookの記事(165)
プレゼン作文発表会(20)
プログラミング教育(5)
勉強の仕方(119)
未来の教育(31)
MOOC(2)
無の文化(9)
メディア(8)
森の学校オンライン(2)
森リン(103)
問題集読書(33)
読み物(1)
四行詩(13)
未分類(378)

QRコード






 
小学生、中学生、高校生の作文(2007年4月まで)
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。

Donate with IndieSquare